チュニスのアレグザンダー伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チュニスのアレグザンダー伯爵
伯爵の紋章の冠
アレグザンダー家の紋章
Per pale argent and sable a chevron and in base a crescent all counterchanged, on a canton azure a harp or stringed argent.
創設時期 1952年3月14日
創設者 エリザベス2世
貴族 連合王国貴族
初代 ハロルド・アレグザンダー
現所有者 2代アレグザンダー伯シェーン・アレグザンダー英語版
相続人 ブライアン・アレグザンダー(推定相続人)
相続資格 初代伯の男系男子の嫡出子
付随称号 チュニスのアレグザンダー子爵、リドー男爵

チュニスのアレグザンダー伯爵(英語: Earl Alexander of Tunis)は、イギリスの伯爵位。連合王国貴族

初代チュニスのアレグザンダー子爵ハロルド・アレグザンダー1952年に叙されたのに始まる。

歴史[編集]

アイルランド貴族第4代カレドン伯爵英語版ジェイムズ・アレグザンダー英語版の三男であるハロルド・アレグザンダー(1891–1969)は、陸軍軍人となり、第二次世界大戦イギリス軍連合軍の指揮を執り、その戦功で1946年3月1日連合王国貴族爵位「カウンティ・オブ・ドニゴールにおけるエリガルのチュニスのアレグザンダー子爵(Viscount Alexander of Tunis, of Errigal in the County of Donegal)」に叙された。さらに1952年3月14日に「チュニスのアレグザンダー伯爵」と「カウンティ・オブ・ティロンにおけるダーグ城及びオタワのリドー男爵(Baron Rideau, of Ottawa and of Castle Derg in the County of Tyrone)」に叙された[1][2]

初代伯の死後、その長男であるシェーン英語版(1935-)が第2代アレグザンダー伯爵位を継承した[3]。2015年現在も彼が当主であるが、シェーンには女子しかないため[4]、その弟のブライアン(1939-)推定相続人である。ブライアンには子供がなく[5]、彼以外に相続資格者はいないため、遠くない将来の廃絶の危険が高い爵位である。

チュニスのアレグザンダー伯 (1952年)[編集]

従属爵位[編集]

現在の当主第2代チュニスのアレグザンダー伯爵シェーン・アレグザンダー英語版は、以下の2つの従属爵位を所有する[5]

  • 第2代カウンティ・オブ・ドニゴールにおけるエリガルのチュニスのアレグザンダー子爵
  • 第2代カウンティ・オブ・ティロンにおけるダーグ城及びオタワのリドー男爵

脚注[編集]

  1. ^ Lundy, Darryl. “Field Marshal Harold Rupert Leofic George Alexander, 1st Earl Alexander of Tunis” (英語). thepeerage.com. 2015年9月7日閲覧。
  2. ^ Heathcote 1999, p. 16.
  3. ^ Heathcote 1999, p. 17.
  4. ^ Lundy, Darryl. “Shane William Desmond Alexander, 2nd Earl Alexander of Tunis” (英語). thepeerage.com. 2015年9月7日閲覧。
  5. ^ a b Lundy, Darryl. “Hon. Brian James Alexander” (英語). thepeerage.com. 2015年9月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • Heathcote, Tony (1999). The British Field Marshals, 1736–1997: A Biographical Dictionary. Barnsley: Leo Cooper. ISBN 0-85052-696-5. 

関連項目[編集]