チュアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チューム
Tuam

Tuaim
チューム Tuamの紋章
標語: "Tuath Thuma go Buan" or

"Long Live the People of Tuam"

所在地
チューム Tuamの位置
center alt=チューム Tuamの位置を示した地図
アイルランド座標系
M436521
詳細
地方: コノート
: ゴールウェイ県
ドイル・エアラン: ゴールウェイ・イースト
欧州議会: ノースウェスト
市外局番: 093
標高: 50 m
人口 (2006年[1])
 - 町内:
 - 郊外:

  2,997人
  3,888人

チューム (Tuam、アイルランド語:Tuaimトゥアム)はアイルランド共和国ゴールウェイ県にある町の一つ。アイルランド中西部、ゴールウェイ市の北に位置する。ゲール族の伝統スポーツが盛んで、1960年代全アイルランドシニアフットボール選手権で3連続の優勝を果たしている。

チュームの住民はこの町は世界一小さな市と主張している。この主張はチュームの町に大聖堂があり、以前は大聖堂があれば市と認められていたという事を主な根拠としている。もちろん公式にはチュームは市ではなく町である。

この町の出身者で有名なのがソー・ドクターズというフォークロックバンドで、彼らのN17という曲はこの町を通るN17道路を歌ったものである。

南北戦争時の軍人リチャード・W・ダウリングもこの町の出身である。サビーネパスの戦いで彼はたった47人の兵士と6つの大砲だけで2千人のアメリカ連合国軍を追い返した。

リムリックスライゴーの間に廃線となった鉄道(Western Railway Corridor)がこの町にはあり、復活させる計画がある。

St. Patrick's College(元修道学校)やSt Jarlath's Collegeといった教育施設があり、St Jarlath'sの200周年記念誌(ISBN 0-9536978-0-0)が1999年ジョン・カニンガムにより書かれた。

1920年7月、IRAの兵士が町の近くでRIC(王立アイルランド警察隊)の隊員2名を待ち伏せして殺害した報復として、次の日町の会館などの建物が武装したRICにより焼かれたことがある。

2003年、チューム町長にマーティン・ワードが就任した。アイルランド流浪民ジプシーとも違う民族)がアイルランドで首長となったのはこれが初めてである。

脚注[編集]

外部リンク[編集]