チャールズ・ナイディック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャールズ・ナイディック(Charles Neidich, 1953年 - )は、アメリカクラリネット奏者、作曲家ジュリアード音楽院講師。妻は日本人クラリネット奏者の大島文子

人物[編集]

頭の回転が速く、博学である。イェール大学では人類学を専攻していた。クラリネットに関する話をしているときはいつも楽しそうな顔をしているが、本番のときに緊張していてもあまり周囲には気づかれず、むしろ楽しんでいるように見える[要出典]

演奏家として[編集]

独特の柔らかくのびやかな音色で、ロマン派時代の楽曲や自身が作曲した作品、アメリカ人作曲家の作品、ヴァイオリン曲をクラリネット用に編曲したレパートリーを多く扱う。テクニシャンであり、また非常に研究熱心で、ひとつの音に対し運指を10種類使い分けることもある。

また、クラリネットの原型となる古楽器(ピリオド楽器)の演奏も行い、ブラームスの時代に存在したクラリネット(のレプリカ)を使用してブラームスのソナタを演奏することなどもある。

日本で演奏会を開くときは妻の文子が解説を行う。

親交の深い人物[編集]