チャールズ・アダムス (アイスホッケー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チャールズ・アダムス(Charles Adams 1876年10月18日-1947年)はバーモント州ニューポート出身の実業家。NHLボストン・ブルーインズ初代オーナーで食料雑貨品チェーンのオーナー。

生い立ち[編集]

バーモント州ニューポートに生まれた彼は、一家が貧しかったこともあり、若いときから雑貨店の店員を務めて家系を助けた。ティーンエイジャーの時には、父親の製材所のため、丸太の購入をしたほどであった。バーモント州イーノスバーグにあるジェニービジネスカレッジを卒業した後、バーモント州スプリングフィールドに移り、おじの下で食料品雑貨業に従事した。雑貨業やタバコのセールスマンを経てマサチューセッツ州ケンブリッジに移り、ニューイングランドメイプルシロップ社の会計係になった。その後、フィッツジェラルド・アンド・ハバードカンパニーで銀行業や証券業に従事した。フィッツジェラルド・アンド・ハバードを退職した後は、後に全米最初のチェーンストアとなるジョン・T・コナー・カンパニーで働いた。

アイスホッケー[編集]

もともと熱心なホッケーファンであった彼は、ボストンでのアマチュアの試合の観戦からモントリオールまで旅行してプロホッケーの試合を観戦するほどであった。ボストンを含むアマチュアホッケー選手のスキャンダルから大奥のボストンのホッケーファンはアマチュアホッケーに幻滅した。アダムスは、プロチームをアメリカに創設しようと決意し、1924年11月1日、1万5000ドルでブルーインズのフランチャイズを手に入れた。こうしてアメリカ最初のNHLチームが誕生した[1]

1926年にフランク・パトリックレスター・パトリックからウェスタン・カナダ・ホッケー・リーグ英語版を30万 ドルで買い取った[1]。これにより、エディ・ショアハリー・オリバーデューク・キーツフランク・バウチャーがブルーインズに加入した。彼らのためにアダムスは50万ドルをかけてボストン・ガーデンを建設、1928年に完成させた[1]

1929年にスタンレーカップ初優勝を果たした[1]。1936年に息子のウェストロン・アダムスや、アート・ロスらに経営権を譲った。

野球[編集]

1927年5月15日、ボストン・ブレーブスのオーナー権の一部を買収、ブレーブスの副社長に就任した。1935年にエミール・フックスがベーブ・ルースを獲得した後、フックスにチーム経営権を売却するよう迫り、同年7月31日にオーナーとなった[1][2]。同年11月26日、ナショナルリーグは、契約上の義務を履行できなかったブレーブスにチームを売却するよう管理下におき[3]、NFLコミッショナーのケネソー・マウンテン・ランディスは、ボブ・クインを新オーナーとし、アダムスがチームの経営権に関わることを禁じた[4]

競馬[編集]

競馬場のサフォーク・ダウンズ英語版のオーナーも務めた[1][5]

死後[編集]

1947年10月2日にボストンで亡くなった[6]。1960年にホッケーの殿堂入りを果たした。また1974年には彼の業績を記念してNHLのプリンスオブウェールズ・カンファレンス内にアダムス・ディビジョンが創設され19シーズン続いた。これは後にノースイースト・ディビジョンとなった。

彼の死後も、息子、孫たちが1975年までブルーインズのオーナーを務めた[1]

2013年、バーモント州のスポーツ殿堂に選ばれた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h VERMONT SPORTS HALL OF FAME”. バーモント州スポーツ殿堂 (2013年). 2015年11月3日閲覧。
  2. ^ Fuch's Move Is No Surprise; To Find Purchaser”. Sun Journal (1935年8月1日). 2015年11月3日閲覧。
  3. ^ Boston Braves' Franchise Taken Over By National League”. パームビーチ・ポスト (1935年11月26日). 2015年11月3日閲覧。
  4. ^ National League Sets Quinn Up With Braves” (1935年12月10日). 2015年11月3日閲覧。
  5. ^ Still Making History”. Suffolk Donws. 2015年11月3日閲覧。
  6. ^ Charles Adams Dies In Boston”. OTTAWA CITIZEN (1947年10月2日). 2015年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]