チャーリー・ビラヌエバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はビラヌエバ第二姓(母方の)はメヒアです。
チャーリー・ビラヌエバ
Charlie Villanueva
FA
ポジション PF
身長 211cm  (6 ft 11 in)
体重 109kg (240 lb)
ウィングスパン 220cm  (7 ft 3 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Charlie Alexander Villanueva Mejia
愛称 "Big Smooth"
ラテン文字 Charlie Villanueva
スペイン語 Charlie Alexander Villanueva Mejia
誕生日 (1984-08-24) 1984年8月24日(32歳)
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市
クイーンズ区
出身 コネチカット大学
ドラフト 2005年 7位 
選手経歴
2005-2006
2006-2009
2009-2014
2014-2016
トロント・ラプターズ トロント・ラプターズ
ミルウォーキー・バックス ミルウォーキー・バックス
デトロイト・ピストンズ デトロイト・ピストンズ
ダラス・マーベリックス
受賞歴
代表歴
キャップ ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 2009年-

チャーリー・ビラヌエバCharlie Alexander Villanueva)ことチャーリー・アレクサンダー・ビラヌエバ・メヒアCharlie Alexander Villanueva Mejia, 1984年8月24日 - )は、ドミニカ共和国のプロバスケットボール選手NBAミルウォーキー・バックスなどに所属していた。ニューヨーク市クイーンズ出身。ポジションはパワーフォワード。211cm、108.9kg。

経歴[ソースを編集]

ビラヌエバはレブロン・ジェームズと同じ学年で、レブロンと同じく高卒でのNBA入りを目指していた。高校時代からその存在は注目されていた逸材ではあったが、精神面の未熟さを指摘されていた。

コネティカット大学に進学し、2004年のヤングメン世界選手権の優勝メンバーとなった。大学2年終了後にアーリーエントリーを宣言し、2005年のNBAドラフトトロント・ラプターズに1巡目全体7位で指名を受けて入団した。

1年目は、全ルーキー中2位となる一試合平均13得点を挙げてオールルーキー1stチームに選出された。特にバックス戦では48得点をあげた。これはルーキーとしては史上3位タイとなる高得点である。

初年度の2005-06終了後、T・J・フォードとのトレードでミルウォーキー・バックスに移籍した[1]。移籍後、2006-07シーズンはケガの影響、2007-08シーズンは主に易建聯の控えなどで成績が伸び悩んだ。しかし、2008-09シーズンはほとんどの部門でキャリアハイを記録し、大きく成長した。

2008-09シーズン後、デトロイト・ピストンズへ移籍した。

2009年、ドミニカ代表として2009年FIBAアメリカ選手権に参加。1試合平均17.1点、7.4リバウンドと活躍した。

プレースタイル[ソースを編集]

"Big Smooth"の愛称からも連想できるとおり、211cmの長身でありながら無骨な印象はなく、インサイドから3ポイントシュートまで広い攻撃オプションを持つストレッチ・フォー型の選手である。高い運動能力と走力を備えており、オフェンス能力は高いが、反面ディフェンスに難がある。

その他[ソースを編集]

  • 脱毛症を患っており、幼少期にいじめを受けた過去がある。NBAを通じてNAAFという脱毛症協会のスポークスマンとしても活動するなど慈善事業を積極的に行っている。
  • 憧れの選手はレジー・ミラーで、ダラス・マーベリックスに移籍するまで背番号も彼と同じ31番をつけていた。
  • NBA入りして10年目になるが、これまでプレーオフに出場したことがなかった。しかしダラス・マーベリックスに移籍した2014-15シーズンに、ようやくプレーオフ出場という念願が叶った。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

外部リンク[ソースを編集]