チャート式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チャート式(チャートしき)とは、数研出版の出版する学習参考書シリーズ。

概要[編集]

数学研究社高等予備校(数研出版の前身)の創設者、星野華水が著した「チャート式 幾何学」「チャート式 代数学[1]」(初版:昭和4年)が発行されて以来、学習参考書の草分け的存在として知られている。

チャート式の「チャート」とは船舶が航海する際に使用する地図、すなわち「海図」のことであり、問題を解くときに、この参考書が船における海図のような役割を果たすものでありたいという願いから名付けられた。

現在、中学校高等学校とも国語、社会、数学、理科、英語の各教科のものが発売されているが、とりわけ高校数学のものが広く一般的に知られており、「チャート式」と言えば高校数学のチャート式を指す場合が多い。2005年1月現在、高校1年向けのものだけで累計1744万部が発行されている。

また、チャート式数学の完全な点字訳を筑波技術大学が完成させた。同大学は完成した点字版参考書を希望者に無料で提供するとのこと。

なお、「チャート式」は登録商標(第487561号ほか)だが、商標権は法人としての数研出版にはなく、同社代表取締役社長の星野泰也が個人として保持している。

中学校[編集]

2012年からの学習指導要領に対応したものから、書名に「基礎からの○○」となっている「青チャート」が登場した。

国語[編集]

  • チャート式シリーズ 基礎からの 中学国語 漢字とことば(数研出版編集部 編著)

社会[編集]

  • チャート式シリーズ 基礎からの中学地理(数研出版編集部 編著)
  • チャート式シリーズ 基礎からの中学歴史
  • チャート式シリーズ 基礎からの中学公民
  • チャート式シリーズ 基礎からの中学地理準拠ドリル(数研出版編集部 編著)
  • チャート式シリーズ 基礎からの中学歴史準拠ドリル
  • チャート式シリーズ 基礎からの中学社会総仕上げ

数学[編集]

検定教科書に準拠した「青チャート」シリーズと、検定外教科書体系数学」シリーズに準拠した「チャート式 体系数学」シリーズが存在する。

  • チャート式 基礎からの中1数学(チャート研究所 編著)
  • チャート式 基礎からの中2数学
  • チャート式 基礎からの中3数学
  • チャート式 基礎からの中1数学準拠ドリル(数研出版編集部 編著)
  • チャート式 基礎からの中2数学準拠ドリル
  • チャート式 基礎からの中3数学準拠ドリル
  • チャート式 基礎からの中学数学総仕上げ
  • チャート式 ハイレベル中学数学問題集
  • チャート式 体系数学1 代数編(中学1,2年生用)(岡部恒治、チャート研究所 共編著)
  • チャート式 体系数学1 幾何編(中学1,2年生用)
  • チャート式 体系数学2 代数編(中学2,3年生用)
  • チャート式 体系数学2 幾何編(中学2,3年生用)

理科[編集]

  • チャート式シリーズ 基礎からの中1理科(数研出版編集部 編著)
  • チャート式シリーズ 基礎からの中2理科
  • チャート式シリーズ 基礎からの中3理科
  • チャート式シリーズ 基礎からの中1理科準拠ドリル(数研出版編集部 編著)
  • チャート式シリーズ 基礎からの中2理科準拠ドリル
  • チャート式シリーズ 基礎からの中3理科準拠ドリル
  • チャート式シリーズ 基礎からの中学理科総仕上げ

英語[編集]

  • チャート式シリーズ 基礎からの中1英語(数研出版編集部 編著)
  • チャート式シリーズ 基礎からの中2英語
  • チャート式シリーズ 基礎からの中3英語
  • チャート式シリーズ 基礎からの中1英語準拠ドリル(数研出版編集部 編著)
  • チャート式シリーズ 基礎からの中2英語準拠ドリル
  • チャート式シリーズ 基礎からの中3英語準拠ドリル
  • チャート式シリーズ 基礎からの中学英語総仕上げ

高等学校[編集]

国語[編集]

  • チャート式シリーズ 基礎からの古文(今井卓爾 著)
  • チャート式シリーズ 解釈力がつく新古文(島田良二 著)
  • チャート式シリーズ 基礎からの読解古文(島田良二 著)
  • チャート式シリーズ 基礎からの漢文(江連隆 著)
  • チャート式シリーズ 基礎学習システム必修現代文(吉田永宏 監修)
  • チャート式シリーズ 基礎学習システム必修古文(浜本純逸 監修)
  • チャート式シリーズ 基礎学習システム必修漢文(青木五郎 監修)

<絶版>

  • チャート式シリーズ 現代文(長谷川泉、守隋憲治 共著)
  • チャート式シリーズ 古文(今井卓爾 著)
  • チャート式シリーズ 漢文(藤堂明保 著)
  • チャート式シリーズ 基礎からの現代文(江連隆 著)

社会[編集]

<絶版>

  • チャート式シリーズ 新地理
  • チャート式シリーズ 新現代社会
  • チャート式シリーズ 新政治・経済

数学[編集]

難易度ごとに分けられた4つのシリーズがあり、それぞれ表紙の色から「〜チャート」と呼ばれている。

2003年からの学習指導要領対応版からは赤チャートを除いて、解答が一体になっているタイプ(一般販売向け)と、完全別冊になっているタイプ(学校採択品)の2種類が存在している(種類によってISBNコードも異なる)。

また、各シリーズの著者名義は「チャート研究所」編著となっているが、以前は橋本純次、皆川多喜造、高橋睦男、石井吾郎、荒木不二洋、永倉安次郎、中村幸四郎塹江誠夫、恒岡美和らが執筆していた。

2012年の学習指導要領改定に基づく新課程版で内容は当然変更されたが、2013年10月の時点で発行されている書籍においてはすべて著者名義が「チャート研究所」編著となった他は、シリーズの体系については大きな変更は無い(数学Cは科目そのものが無くなっている)。

なお、旧課程版数学Cの「確率と確率分布」と「統計処理」については『数学C』にのみ収録され、『数学III+C』においては「確率と確率分布」のうちの「確率の計算」のみ収録されていた。 「確率と確率分布」と「統計処理」は今回の指導要領改定で数学Cから数学Bに移行したが、今回の改訂では数学II+B合冊版にもこれらが収録された。(白チャートにおいては前課程で数学C単独の冊子はなかったので、あらたに書き起こされた。)

赤チャート[編集]

  • チャート式数学I
  • チャート式数学A
  • チャート式数学I+A
  • チャート式数学II
  • チャート式数学B
  • チャート式数学II+B
  • チャート式数学III
    • 教科書標準レベルから東京大学京都大学など、難関大学の理系レベルまで対応。一番難易度が高く設定されている。
    • 2003年からの教育課程版は、それまでの青チャートをベースに新たに編集したものになっている。
    • 数学I、数学II、数学III(以上、砂田利一 著)、数学A、数学B、数学C(以上、柳川高明 著)の個別のものと数学I+A(砂田利一〔I〕、柳川高明〔A〕著)の合冊版とがあった。
    • ソフトカバーで版型が他のシリーズと同じA5版になったのもこの課程版からで、それ以前はハードカバーで、サイズも一回り小さいB6版だった。
    • 数学I+Aの合冊版もこの時になってようやく登場した。
    • 2012年からの教育課程版から著者名義が他のシリーズと同じ「チャート研究所」編著に変更され、数学II+Bの合冊版も発行された。

青チャート[編集]

  • チャート式基礎からの数学I
  • チャート式基礎からの数学A
  • チャート式基礎からの数学I+A
  • チャート式基礎からの数学II
  • チャート式基礎からの数学B
  • チャート式基礎からの数学II+B
  • チャート式基礎からの数学III
    • 教科書基本レベルから国公立(東大や京大など、難関大学の文系にも対応)・私立大学理系の上位レベルまで対応。
    • 問題を解き進めるための完成ノート(単元別)も売っている。
    • 数学I、数学II、数学III、数学A、数学Bの個別のものと数学I+A、数学II+Bの合冊版とがある。なお、合冊版は黄チャート・白チャートは1994年の指導要領改定に合わせ登場したが、青チャートは1998年からの改訂版発行時から登場した。また、ハードカバーからソフトカバーへの変更もこの時であり、本のサイズも現行版と同じA5版サイズに変更された。登場当初〜90年代後半までは旧赤チャート同様に一回り小さいB6版サイズであった。
    • 2003年からの教育課程版では、それまでの黄チャートの構成をベースにし、難易度をレベルアップさせたものとなった。
    • 2009年から「青チャートワイド版」という姉妹編にあたるシリーズがI+Aから順次発行された。こちらは数学I+A、数学II+B、数学III+Cの合冊版のみ存在していた。学校採択品扱いのため一般の店頭には並んでいなかった。青チャートをベースに収録問題、解答解説が見直され、ページ内デザインが変更されている他、問題は難易度別の配列ではなく、問題の種類別の配列となっていた。
    • 2012年からの教育課程版は前述の「青チャートワイド版」をベースにしたものが発行されている。

黄チャート[編集]

  • チャート式解法と演習数学I
  • チャート式解法と演習数学A
  • チャート式解法と演習数学I+A
  • チャート式解法と演習数学II
  • チャート式解法と演習数学B
  • チャート式解法と演習数学II+B
  • チャート式解法と演習数学III
    • 教科書基本レベルから国公立・私立大学の中堅レベルまで対応。
    • 問題を解き進めるための完成ノート(単元別)が販売されている。
    • 初版は1982年の指導要領改定時から。当時はソフトカバー・ハードカバーの2種類が存在したが、94年の教育課程版からはソフトカバーのみに統一された。
    • 90年代終盤には「解法と演習 BEST」という姉妹編にあたるシリーズ(カバーの色から通称「橙チャート」とも呼ばれる)が存在した。I+A、II+B、III+Cの各合冊版のみ発行されていた。レベル的には黄チャートと白チャートの間に位置し、出版社の説明では黄チャートのレイアウトをすっきりさせ、解答解説を丁寧にし、収録問題数を精選したものだった。新課程に移行する際に絶版となり以前と同様4シリーズに戻る。現在の黄チャートのベースになっている。
    • 数学I、数学II、数学A、数学Bの個別のものと数学I+A、数学II+Bの合冊版とがある。(旧課程版では数学III、数学Cの分冊版も存在した。)

白チャート[編集]

  • チャート式基礎と演習数学I
  • チャート式基礎と演習数学A
  • チャート式基礎と演習数学I+A
  • チャート式基礎と演習数学II
  • チャート式基礎と演習数学II+B
  • チャート式基礎と演習数学III
    • 教科書基本レベルからセンター試験、中堅私大理系レベルまで対応。
    • 問題を解き進めるための完成ノート(単元別)が販売されている。
    • 黄チャート同様、登場は1982年の指導要領改定時から。
    • 数学I、数学II、数学Aの個別のものと数学I+A、数学II+Bの合冊版とがある。(旧課程版では青や黄と同様に数学Bや数学Cの分冊版も存在した。)

受験用チャートシリーズ[編集]

  • チャート式 センター試験対策 数学I・A+II・B(緑チャート)
  • チャート式問題集シリーズ 30日完成! センター試験対策 数学IA(チャート研究所 編)
  • チャート式問題集シリーズ 30日完成! センター試験対策 数学IIB(チャート研究所 編)
  • チャート式シリーズ 入試必携168 文系・センター対策 数学I・II・A・B(紫チャート)
  • チャート式シリーズ 入試必携168 理系対策 数学I・II・A・B/III(紫チャート)
  • チャート式大学入試数学テーマ30(チャート研究所 編)
  • チャート式解法と演習シリーズ対応SetUp数学演習I・II・A・B基本編
  • チャート式基礎からの数学シリーズ対応SetUp数学演習I・II・A・B標準編
  • チャート式シリーズ 数学難問集100(通称黒チャート)

<旧課程版>

  • チャート式シリーズ 入試必携168 文系・センター対策 数学I・II・A・B
  • チャート式シリーズ 入試必携168 理系対策 数学I・II・A・B/III・C
  • チャート式シリーズ 入試頻出これだけ70 数学I・II・A・B
  • チャート式シリーズ 入試頻出これだけ70 数学I・II・A・B/III・C

理科[編集]

物理、化学、生物は学習指導要領改定の都度、版を改めている(2004年以降分冊、2009年に物理、化学は合冊版も刊行。旧課程では合冊のみ存在した)が、地学に限り1987年に刊行された『改訂新版』一冊を増刷し続けていた。なお、『改訂新版 新地学』は2008年に絶版となり、改訂版は刊行されていない。なお94年の新課程版からはソフトカバーとなり、それ以前はハードカバーであった。(前述の通り改訂されなかった地学を除く。)

<新課程版>

  • チャート式シリーズ新物理基礎(都築嘉弘、井上邦雄 著)
  • チャート式シリーズ新物理(都築嘉弘、井上邦雄 著)
  • チャート式シリーズ新化学基礎(野村祐次郎、辰巳敬、本間善夫 著)
  • チャート式シリーズ新化学(野村祐次郎、辰巳敬、本間善夫 著)
  • チャート式シリーズ新生物基礎(鈴木孝仁、本川達雄、鷲谷いずみ 著)
  • チャート式シリーズ新生物(鈴木孝仁、本川達雄、鷲谷いずみ 著)

<旧課程版>

  • チャート式シリーズ 新物理I(都築嘉弘著)
  • チャート式シリーズ 新物理II(都築嘉弘著)
  • チャート式シリーズ 新物理(都築嘉弘著)
  • チャート式シリーズ 新化学I(野村祐次郎、辰巳敬、本間善夫共著)
  • チャート式シリーズ 新化学II(野村祐次郎、辰巳敬、本間善夫共著)
  • チャート式シリーズ 新化学(野村祐次郎、辰巳敬、本間善夫共著)
  • チャート式シリーズ 新生物I(鈴木孝仁、本川達雄共著)
  • チャート式シリーズ 新生物I 重要用語集
  • チャート式シリーズ 新生物II(鈴木孝仁、本川達雄共著)
  • チャート式シリーズ 改訂新版 新地学(力武常次、永田豊、小川勇二郎共著)

チャート問題集シリーズ[編集]

  • チャート式問題集シリーズ 30日完成! センター試験対策 物理(数研出版編集部 編)
  • チャート式問題集シリーズ 30日完成! センター試験対策 化学基礎(数研出版編集部 編)
  • チャート式問題集シリーズ 30日完成! センター試験対策 生物基礎(大森茂樹 著、数研出版編集部 編)

<旧課程版>

  • チャート式問題集シリーズ 新物理I+II 要点別問題演習(数研出版編集部 編)
  • チャート式問題集シリーズ 新化学I 問題演習(数研出版編集部 編)
  • チャート式問題集シリーズ 新化学I・II 要点別問題演習 実戦編(数研出版編集部 編)
  • チャート式問題集シリーズ 化学計算問題の徹底整理(数研出版編集部 編)
  • チャート式問題集シリーズ 新生物I 問題演習(数研出版編集部 編)
  • チャート式問題集シリーズ 新生物I・II 要点別問題演習 実戦編(数研出版編集部 編)

英語[編集]

英語は、他の科目と異なり指導要領とは関係なく数年おきに改訂している。また他教科と違って十数年以上改訂されていないものもある。

  • チャート式シリーズ 基礎からの新々総合英語(高橋潔、根岸雅史 共編)
  • チャート式シリーズ 基礎からの新総合英語(高橋潔、根岸雅史 共著)
    • 四訂版以降ではハードカバー[店頭販売向け]とソフトカバー[学校採択品]の二種類が存在する。なおソフトカバー版では、末尾の解答が別冊になっている。
  • チャート式シリーズ デュアルスコープ総合英語(小寺茂明 監修)
    • 初版は現行より小さいサイズ(基礎からの新総合英語・数学赤チャートと同様のサイズ)であった。
  • チャート式シリーズ ラーナーズ高校英語(田中実 監修)
  • チャート式シリーズ 新英文法(小野経男 著)
  • チャート式シリーズ 構文中心 新英文解釈(荒木一雄 著)
  • チャート式シリーズ 詳解英文解釈法(山内邦臣 著)
  • チャート式シリーズ 基礎と演習 英作文(中尾清秋 著)
  • チャート式シリーズ 基礎と完成 新英文法(安藤貞雄 著)

<絶版>

  • チャート式シリーズ 基礎と研究 現代英文法(清水周裕 著)
  • チャート式シリーズ 英文法

復刻版[編集]

  • チャート式幾何学 復刻版(星野華水 著)
  • チャート式代数学 復刻版(星野華水 著)

関連項目[編集]

  • 数犬チャ太郎 - 愛読書がチャート式参考書の数研出版公式キャラクター。

脚注[編集]

  1. ^ チャート式代数学詳解 : 受験総括. 下巻”. 数学研究社. 2019年3月29日閲覧。

外部リンク[編集]