チャン・リン・スー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャン・リン・スー

チャン・リン・スー(Chung Ling Soo、程連蘇1861年4月2日 - 1918年3月24日)は、20世紀前半にイギリスで活躍したアメリカ合衆国のプロマジシャン。本名はウィリアム・エルワース・ロビンソン(William Ellsworth Robinson)。

来歴・人物[編集]

中国服に身を包み、長い弁髪を垂らした格好で行う中国風のショーで人気を博し、大成功を収めた。東洋人のアシスタントや豪華なセットは異国情緒に溢れ、それらに見慣れないイギリスで主に活動した。

マジックショーは大砲や巨大地球儀を使った大掛かりなものから、煙や通貨といった手練マジックに加えて、火喰い術や弾丸受け止め術といった危険術もレパートリーとして行った。

本人は「中国人」として生活し、インタビューといった会話も常に中国語通訳を付けていた。顔はドーランによって東洋人風にし、濃いメイクを施した。そのため、誰もスーを白人とは思わなかったと言われる。

1918年3月23日夜に行われたショーで、トリネタだった弾丸受け止め術の際に銃が暴発。スーは被弾し、翌3月24日に息を引き取った。被弾時に、初めて英語で「撃たれた!」と叫んだことから身元を調べた結果、本当は白人だったことが分かり、大きな驚きを与えた。過去、弾丸受け止め術によって20名以上のマジシャンが死亡しているが、その中で最も有名な事例となっている。

参考文献[編集]