チャンキロ遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャンキロ
チャンキロ遺跡の位置(ペルー内)
チャンキロ遺跡
ペルーにおける位置
別名 Chankillo / Chanquillo
所在地 アンカシュ県ペルー共和国
座標 南緯09度33分24秒 西経78度14分09秒 / 南緯9.55667度 西経78.23583度 / -9.55667; -78.23583座標: 南緯09度33分24秒 西経78度14分09秒 / 南緯9.55667度 西経78.23583度 / -9.55667; -78.23583
種類 祭壇要塞
面積 4 km2 (1.5 sq mi)
歴史
完成 紀元前 300年

チャンキロ遺跡(Chankillo)は、ペルー共和国アンカシュ県のカスマ・セチン盆地の沿岸砂丘で見つけられた古代建築物である。遺跡には、丘の頂上の砦、近くにある太陽観測のための13基の塔、住居跡と広場があり、塔は紀元前4世紀ころに建てられたものと考えられている[1][2]。2008年現在、この地で生み出された文明はまだ解明されていない[3]

遺跡は、約4平方キロメートル(1.5平方マイル)の面積に広がる要塞化された寺として解釈されている[4]

13基の太陽観測塔[編集]

要塞から望む、観測塔群

一定の間隔を開けた13基ある塔は、南北に走る低い丘の上に建設され、狭い等間隔で歯型の地平線を形成している。その丘の下の東西2ヶ所に観測所が設けられている。地平線に沿った塔の列の長さ約300メートルの広がりは、年間を通じて日の出と日の入りの位置と非常に密接に一致している[1][2]。日の出が、最も左の塔に現れる冬至から6ヵ月後の夏至に最も右の塔に到達するまで、各々の塔から昇る太陽を観測し日数の経過を記録していた[5]。この13基の塔は、アメリカ州で最古の天文台であった可能性がある。チャンキロの住民は、塔を使い日の出や日の入りを観測することによって1日から2日程度の誤差で正確な日付を決めることができた[6]

塔の存在は、何世紀もの前から旅行者には知られていた。1940年代に出版された探険家トール・ヘイエルダールのコンティキ号探検記によって、塔の天文機能の推測が有名になったが、2007年にイバン・ゲッチとクライブ・ラグルズによって詳細が明らかになるまでは仮定に過ぎなかった[7]

チャンキロ遺跡のパノラマ

脚注[編集]

  1. ^ a b Ghezzi and Ruggles (2007)
  2. ^ a b BBC/Open University documentary, Broadcast March 2011, Downloadable demonstration of Towers at sunrise.
  3. ^ Atwood
  4. ^ Ghezzi (2006)
  5. ^ http://hila.webcentre.ca/projects/chankillo/
  6. ^ http://www.wmf.org/project/chankillo
  7. ^ Atwood, Roger. "Solar Observatory at Chankillo, Peru." Archaeology. Volume 61 Number 1, January/February 2008. http://www.archaeology.org/0801/topten/solar_observatory.html.

参考文献[編集]

Ghezzi, Ivan (2006). “Religious Warfare at Chankillo”. In William Harris Isbell and Helaine Silverman (eds.). Andean Archaeology III: North and South. New York: Springer. pp. 67–84. doi:10.1007/0-387-28940-2. ISBN 978-0-387-28939-7. OCLC 71272735. 
Ghezzi, Ivan; Clive Ruggles (2 March 2007). “Chankillo: A 2300-Year-Old Solar Observatory in Coastal Peru”. Science (Washington, DC: AAAS) 315 (5816): pp. 1239–1243. doi:10.1126/science.1136415. ISSN 0036-8075. OCLC 110607624. PMID 17332405. 

外部リンク[編集]