チャルトゥボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チャルトゥボグルジア語: წყალტუბო: Tskhaltubo、Tsqaltubo)は、ジョージア国の中西部(北緯42度19分35秒 東経42度36分02秒 / 北緯42.32639度 東経42.60056度 / 42.32639; 42.60056付近)に位置する温泉街。イメレティ州チャルトゥボ地区の中心となる町で、33度から35度の源泉かけ流しラドン炭酸鉱泉が湧くリゾート地として知られる。ツカルトゥボとも表記される。

循環器病、神経過敏、女性の病、皮膚病に効く温泉が目玉だが、1970年代からは洞窟の涼しくきれいな空気にあたる「洞窟治療」も登場し、肺疾患に効果がある。

ソビエト連邦時代には年に12万5000人が訪れた。9軒の温泉の建物にスターリンフリーズが見られるほか、彼のプライベートプールも見物できる。しかし、現在では年に700人ほどしか温泉客は訪れない。1993年から多くの宿泊施設がアブハジア紛争で生まれた難民の収容所として使われ、女性や子供を中心に9000人が暮らしている。

外部リンク[編集]