チャプリ・カバーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャプリ・カバーブ
Chapli Kabab.JPG
鶏のチャプリ・カバーブと付け合わせ
別名 ペシャーワル・カバーブ、チャプリ・ケバブ
種類 ケバブ
発祥地 ペシャーワル周辺(カイバル・パクトゥンクワ州
地域 南アジア
関連食文化 パシュトゥーン料理パキスタン料理アフガニスタン料理
主な材料 挽肉牛肉羊肉鶏肉
その他お好みで 香草、香辛料
類似料理 ハンバーグ
テンプレートを表示
チャプリ・カバーブ(2011年11月6日、イギリスバーミンガムバルチ

チャプリ・カバーブパシュトー語: چپلي کبابウルドゥー語: چپلی کباب‎、Chapli Kabab。チャプリ・ケバブ(Chapli Kebab)とも)は、挽肉を用いたパシュトゥーン風英語版ケバブである。用いられる肉は牛肉羊肉が多く、これに各種の香草、香辛料を加えてパティ状に整えて作られる。ペシャーワル周辺に起源があるとされ、ペシャーワル・カバーブとしても知られている[1][2]

カイバル・パクトゥンクワ州を中心とするパキスタンアフガニスタン東部では一般的な屋台料理である[2]。熱いまま供され、これを食すチャパリ・カバーブは、ナンや米と共に食べられたり、バンズに挟まれたりサンドウィッチの具材としてバン・カバーブ英語版のように食べられている[2]

起源[編集]

ムガール料理英語版の影響は、数多くのカバーブを地域に残し、結果土着化したチャプリ・カバーブの様な料理も生まれた[2]。チャプリは、パシュトー語で「平坦」を意味するchaprikhからの派生とする説と(軽く、平たい円盤状の外見を想起させる)[2]、サンダルを示す言葉であるチャッパル英語版(chappal)に由来するとする説がある(サイズ、形状が靴底の前部と類似する)[3]

チャパリ・カバーブが普及しているペシャーワルでは、2000店以上のケバブ店が提供している[4]。この種の軽食堂は他の都市へも速やかに広がり、またチャプリ・カバーブが世界各国の南アジア料理レストランで扱われるようになっている[4]

材料と調理[編集]

材料としてマリネした生の挽肉(牛肉、羊肉)を用いる。これに加えるものとして主に小麦粉、様々な香草、ガラムマサラチリパウダーのような香辛料、パクチーが、比較的少量のものとしてはタマネギ、トマト、卵、ショウガ、コリアンダーかクミン、グリーンチリ、コーンスターチ、塩胡椒、ベーキングパウダー、薬味としてレモン果汁かザクロの種などが用いられる[1][2]

植物油に浸して中火で炒められる。自然な風味付けを行うため薪を燃料とするコンロで羊脂を用いて炒める料理人も存在する。この方法は他の美食家からは健康上の理由を指摘され、避けられている[5]

調理されたチャパリ・カバーブは、付け合わせ(パセリ、タマネギとトマトのみじん切り)を添え、チャツネソース、サラダ、ヨーグルト、アチャール英語版、ナッツ等と共に一皿となる[6][7][8]。チャパリ・カバーブは香り高く、瑞々しく、スパイシーである[9]。パキスタン料理を代表する一品であり、しばしば来客に振る舞われる[10]。ナンの様なパン類、カブリパラウ英語版の様な米類と共に食されたり、ファストフードとして巻かれた状態で食べられている[4]。冬期にはカーワ英語版等の緑茶が慣習的に添えられ、夏期には冷たい飲料が好まれる[4]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Burman, Divya. “Peshawari Chappali Kebab”. NDTV Food. 2016年7月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Tirmizi, Bisma (2014年3月19日). “Food Stories: Chapli kabab”. Dawn. http://www.dawn.com/news/1093949 25 July 2016-07-25閲覧。 
  3. ^ Mittmann, Karin; Ihsan, Zafar (1991). Culture Shock!: Pakistan. Graphic Arts Center Publishing Company. p. 104. ISBN 9781558680593. 
  4. ^ a b c d Shinwari, Sher Alam (2013年10月13日). “On the menu: Krazy about (Chapli) kebab”. Dawn. http://www.dawn.com/news/1049405 2016年7月25日閲覧。 
  5. ^ Malik, Shiza (2015年7月27日). “Khyber’s most delicious export”. Dawn. http://www.dawn.com/news/1196602 2016年7月25日閲覧。 
  6. ^ Usmani, Sumayya. “Beef chapli kebab with pomegranate chutney”. BBC Radio 4. http://www.bbc.co.uk/programmes/articles/2Bj8sTJClD92JQf38fg201B/beef-chapli-kebab-with-pomegranate-chutney 2016年7月25日閲覧。 
  7. ^ Webb, Lois Sinaiko; Roten, Lindsay Grace (2009). The Multicultural Cookbook for Students. ABC-CLIO. p. 102. ISBN 9780313375590. https://books.google.com/books?id=fgWrCQAAQBAJ&pg=PA102. 
  8. ^ Agha, Bilal (2016年3月25日). “Weekend grub: Could these chapli kebabs from Peshawar be the best in Pakistan?”. Dawn. http://images.dawn.com/news/1175050 2016年7月25日閲覧。 
  9. ^ Dupree, Louis (2014). Afghanistan. Princeton University Press. p. 231. ISBN 9781400858910. 
  10. ^ Khaliq, Fazal (2012年2月16日). “Comfort food: Keeping warm with kebabs”. The Express Tribune. http://tribune.com.pk/story/337139/comfort-food-keeping-warm-with-kebabs/ 2016年7月25日閲覧。