チャビン文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チャビン文化の影響範囲

チャビン文化(Chavín culture)は、ペルー北部のアンデス高地に、紀元前900~200年頃に栄えた文化。 チャビン文化の最も有名な考古遺跡は、チャビン文化の名前の由来となったチャビン・デ・ワンタルで、現在のアンカシュ県の高地に位置する。紀元前900年頃に建設され、チャビン人の宗教的、政治的な中心であったと考えられている。チャビン・デ・ワンタルは、ユネスコ世界文化遺産に登録されている。

関連項目[編集]