チャバ (装甲車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
39/40M チャバ
Csába.jpg
39M チャバ
基礎データ
全長 4.52 m
全幅 2.10 m
全高 2.27 m
重量 5.95 t
乗員数 3 名
装甲・武装
装甲 9-13 mm
主武装 20mm砲 36M ×1
副武装 8mm機関銃 34/37M×1
機動力
速度 65 km/h
エンジン フォード4ストローク8気筒
90 HP
行動距離 150 km(路上)
テンプレートを表示

チャバ(Csaba)は、第二次世界大戦中にハンガリー陸軍で使用された国産の四輪装甲車である。

“チャバ(Csaba)”とはフン族の王アッティラの息子の名である。

開発と生産[編集]

ハンガリーからの移民であるニコラス・ストラウスラー(ハンガリー名:シュトラウスレル・ミクローシュ)は、戦間期、イギリスで数種の装甲車を設計した。その後ストラウスラーは、母国ハンガリー軍用の装甲車を彼の設計に基づき製作することを、チェペル/ブダペストのヴァイス・マンフレート社との間で合意した。うち、量産に移されたチャバは、ストラウスラー設計のアルヴィスAC2装甲車の発展型である。

1939年、順調に試験が終了した後、ハンガリー陸軍は「39Mチャバ偵察装甲車39M Csaba felderítő páncélgépkocsi)」の制式名称で61両を発注、さらに1940年に40両を追加発注した(32両とする資料もある)。2次発注のうち20両は通常型で、残りは無線指揮車として製作された。

通常型の39Mチャバは車体中央の砲塔にゾロトゥルン20mm対戦車ライフルと8mm機関銃を搭載していた。車内にもう1丁の8mm軽機関銃を搭載しており、後部ハッチを通して対空射撃が可能だった。この機銃は、乗員が降車して偵察任務を行う際の携行用でもあった。また、チャバは通常の前部操縦席のほか、後進用の後部操縦席も備えていた。

無線指揮車の40Mチャバは、8mm機銃1丁のみ装備の小型砲塔付きで、通常型のR-4無線機に加え、R-4T無線機を搭載、大型のフレームアンテナを備えていた。

参考資料[編集]

  • Bonhard Attila, Sárhidai Gyula, Winkler László: A Magyar Királyi Honvédség Fegyverzete, Zrínyi Katonai Kiadó, Budapest, 1992., ISBN 963 327 182 7
  • Csaba Becze, Magyar Steel, STRATUS, 2006

関連項目[編集]