チャノ・ポソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ルシアーノ・チャノ・ポソLuciano "Chano" Pozo, 1915年1月7日 - 1948年12月2日)は、キューバ共和国ハバナ出身のパーカッショニスト。コンガ奏者(コンゲーロ)として良く知られ、ラテン・ジャズの発展に貢献する。

スペル上(Pozo)ポと日本語表記されやすいが、原音表記はポである。

バイオグラフィ[編集]

1915年1月7日キューバハバナに生まれる。

1947年にニューヨークに移り、ディジー・ガレスピーと出会う。ガレスピーのビッグバンドと演奏し、"Cubana Be"、"Cubana Bop"、"Tin Tin Deo"、"Manteca"(マンテカ)といった作品を残す。"Tin Tin Deo"と"Manteca"の2つはガレスピーとの共作である。

しかし、粗暴な性格がたたり、1948年12月2日、金銭トラブルにより33歳の若さでニューヨークハーレムのバーにてけんかで殺害された。

彼の孫ホアキン・ポソもコンゲーロとして知られる。