チャド・ベティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャド・ベティス
Chad Bettis
コロラド・ロッキーズ #35
Chad Bettis on July 26, 2016.jpg
2016年7月26日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ラボック
生年月日 (1989-04-26) 1989年4月26日(30歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト2巡目(全体76位)でコロラド・ロッキーズから指名
初出場 2013年8月1日 アトランタ・ブレーブス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

チャド・ロバート・ベティス(Chad Robert Bettis、1989年4月26日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ラボック出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、MLBコロラド・ロッキーズに所属している。

経歴[編集]

2007年、MLBドラフト8巡目(全体261位)でヒューストン・アストロズから指名されたが、テキサス工科大学へ進学した。

2010年、MLBドラフト2巡目(全体76位)でコロラド・ロッキーズから指名され、6月11日に契約。A-級トリシティ・ダストデビルズで10試合に登板し、4勝1敗、防御率1.12だった。8月にアッシュビル・ツーリスツへ昇格。3試合に登板し、2勝0敗、防御率0.96だった。オフにはノースウェストリーグのオールスターチームに選出された[1]

2011年はA+級モデスト・ナッツで27試合に登板し、12勝5敗、防御率3.34だった。オフにカリフォルニアリーグのMVPを受賞[2]。オールスターチームにも選出された[3]

2012年は右肩の故障でシーズンを全休した。

2013年はAA級タルサ・ドリラーズで12試合に登板し、3勝4敗、防御率3.71だった。8月1日にロッキーズとメジャー契約を結び[4]、同日のアトランタ・ブレーブス戦で先発起用されメジャーデビュー。5回を投げ、2本の本塁打を含む6安打5失点5四球と結果を残せず、メジャー初黒星を喫した[5]。先発として8試合に登板し、防御率3.90だったが、9月11日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦からリリーフに転向。この年は16試合に登板し、1勝3敗3ホールド、防御率5.64だった。

2014年3月9日にロッキーズと1年契約に合意[6]。自身初の開幕ロースター入りを果たした[7]

2015年は、AAA級で開幕を迎え、5月10日にメジャー昇格。以降は先発ローテーションとして起用され、8勝をマークした。

2016年オフに精巣がんが発見され、11月29日にがん切除手術を受けたことを12月13日に代理人を通じて発表した。手術は無事成功し、声明の中で「常日頃の体調管理が重要だ」と述べている[8]

2017年8月14日に復帰した[9]

選手としての特徴[編集]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 COL 16 8 0 0 0 1 3 0 3 .250 208 44.2 55 6 20 2 2 30 2 1 34 28 5.64 1.68
2014 21 0 0 0 0 0 2 0 1 .000 127 24.2 42 4 10 2 1 13 5 0 26 25 9.12 2.11
2015 20 20 0 0 0 8 6 0 0 .571 502 115.0 120 11 42 2 3 98 6 0 56 54 4.23 1.41
2016 32 32 1 1 1 14 8 0 0 .636 814 186.0 204 22 59 5 7 138 4 0 107 99 4.79 1.41
2017 9 9 0 0 0 2 4 0 0 .333 200 46.1 52 8 11 0 1 30 3 0 27 26 5.05 1.36
2018 27 20 0 0 0 5 2 0 1 .714 518 120.1 121 18 47 3 5 80 3 1 72 67 5.01 1.40
MLB:6年 125 89 1 1 1 30 25 0 5 .545 2369 537.0 594 69 189 14 19 389 23 2 322 299 5.01 1.46
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 35 (2013年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Postseason All-Star Teams”. MiLB.com. 2014年4月11日閲覧。
  2. ^ Danny Wild (2011年8月31日). “Nuts' Matthes, Bettis earn top honors”. MiLB.com. 2014年4月11日閲覧。
  3. ^ California League Postseason All-Star Teams”. MiLB.com. 2014年4月11日閲覧。
  4. ^ Rockies select contract of Chad Bettis”. MLB.com Rockies Press Release (2013年8月1日). 2014年4月11日閲覧。
  5. ^ Scores for Aug 1, 2013”. ESPN MLB (2013年8月1日). 2014年4月11日閲覧。
  6. ^ Rockies transactions for March 9”. MLB.com Rockies Press Release (2014年3月9日). 2014年4月11日閲覧。
  7. ^ Rockies announce active roster for Opening Day”. MLB.com Rockies Press Release (2014年3月29日). 2014年4月11日閲覧。
  8. ^ “今季14勝のロッキーズ右腕、精巣がん手術を公表”. iSM(Yahoo!JAPAN). (2016年12月14日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000211-ism-base 2016年12月26日閲覧。 
  9. ^ Bettis leads Rox to shutout with inspiring 7 IP MLB.com (英語) (2017年8月14日) 2017年8月15日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]