チャッド・ハフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャッド・ハフマン
Chad Huffman
セントルイス・カージナルス (マイナー)
2014marines 56.jpg
千葉ロッテマリーンズ時代(2014年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ヒューストン
生年月日 (1985-04-29) 1985年4月29日(31歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2006年 MLBドラフト2巡目(全体53位)でサンディエゴ・パドレスから指名
初出場 MLB / 2010年6月13日
NPB / 2014年3月28日
最終出場 NPB / 2015年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

チャッド・ダニエル・ハフマンChad Daniel Huffman, 1985年4月29日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。MLBセントルイス・カージナルス傘下に所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

8歳年上の兄の影響で野球を始める。エルキンズ高等学校英語版時代にはジェームズ・ローニーとチームメートだった[1]テキサスクリスチャン大学では、フットボールと野球を両立し、2004年2005年にアメリカの大学野球選手権に出場するなど活躍した。

尚、同大学では、ハフマンの父親と兄もフットボールと野球をしていた。

プロ入りとパドレス傘下時代[編集]

2006年MLBドラフトサンディエゴ・パドレスから2巡目(全体53位)指名され、6月23日に契約。その後はマイナーで着実にキャリアを積み上げ、2009年にAAA級の本塁打競争で優勝するなど活躍。

2010年DFAとなり、ウェイバーにかけられた。

ヤンキース時代[編集]

2010年4月7日ニューヨーク・ヤンキース契約する。6月13日にメジャー昇格を果たし、同日のヒューストン・アストロズ戦でメジャー初安打も記録した。9月15日にヤンキースをDFAとなった。

インディアンス傘下時代[編集]

2010年9月17日にウェイバーでクリーブランド・インディアンスと契約。

2011年2012年は傘下のAAA級コロンバス・クリッパーズでプレーしたが、メジャー昇格には至らなかった。11月3日FAとなった。

カージナルス傘下時代[編集]

2013年2月11日セントルイス・カージナルスと契約。傘下のAAA級メンフィス・レッドバーズに配属された。シーズン終了後の11月5日にFAとなった。

ロッテ時代[編集]

その後、過去千葉ロッテに所属していたデリック・メイからの勧めもあり[2]千葉ロッテマリーンズの入団テストを兼ねて、千葉県鴨川市で行われた秋季キャンプに参加。チーム紅白戦では1番・ライトで出場すると、4打数2安打1盗塁という成績でアピールし[2]、入団テストに合格。11月21日、獲得が発表された[3]

2014年1月31日、春季キャンプが行われる沖縄県石垣島にて入団会見が行われ、「一日一日が大切。しっかり練習してベストを尽くしたい」と抱負を述べた[4]。年俸15万ドルプラス出来高払い(推定)の1年契約で、背番号は「56」に決まった[5]。2014年3月28日の対福岡ソフトバンクホークス1回戦(福岡ヤフオク!ドーム)で6番・左翼手で先発出場した。その後不振もあり、2軍降格となるが、1軍復帰後の2014年6月23日の東京ヤクルトスワローズで3回に松岡健一から来日第1号の満塁本塁打を放つ。しかし、レギュラーで出場することなく同年は69試合で4本塁打、打率.270の成績で終わった。12月2日、自由契約公示された[6]

2015年1月13日に再契約されたが、この年、1軍は6試合に出場して1安打しか打てず、10月21日に来季の契約を更新しない事が球団から発表された。[7]

タイガース傘下時代[編集]

2015年12月30日デトロイト・タイガースがハフマンとマイナー契約の締結で合意したことを発表した[8]2016年はAAA級トレド・マッドヘンズに所属したがメジャー昇格はなく、11月7日にFAとなった[9]

カージナルス傘下復帰[編集]

2016年11月18日にカージナルスとマイナー契約を結び、2017年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[10]

選手としての特徴[編集]

右の中・長距離打者。主にレフトとライトを守り、堅実な外野守備を見せる。気迫を全面に押し出す全力プレーと[11][2]、明るい性格[12]でチームを盛り立てる選手。

人物[編集]

ニックネームは「ハフィー」[12]

父親はテキサスクリスチャン大学で学生フットボール選手だったロイス・ハフマン。また、ロイス・ジュニア、スコットという2人の兄がいる。8歳年上の長兄ロイス・ジュニアもテキサスクリスチャン大学でフットボールと野球を両立しており、ハフマンが野球を始めるきっかけとなった。ロイス・ジュニアは、主にアストロズのマイナーリーグで内野手(主に一塁手)として11年間プレーした。

2014年1月27日、日本に向かう飛行機で当時埼玉西武ライオンズ投手のランディ・ウィリアムスと偶然座席が隣同士となった[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 NYY 9 21 18 1 3 0 0 0 3 2 0 0 0 0 2 0 1 5 1 .167 .286 .167 .452
2014 ロッテ 67 210 185 23 50 20 0 4 82 28 0 1 1 0 20 0 4 51 1 .270 .354 .443 .797
2015 6 13 11 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 0 4 0 .091 .231 .091 .322
MLB:1年 9 21 18 1 3 0 0 0 3 2 0 0 0 0 2 0 1 5 1 .167 .286 .167 .452
NPB:2年 73 223 196 23 51 20 0 4 83 28 0 1 1 0 22 0 4 55 1 .260 .347 .423 .770
  • 2015年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 22(2010年)
  • 56(2014年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ 「2010年メジャーデビュー組全203選手リスト」『月刊スラッガー』2011年2月号 日本スポーツ企画出版社 60頁
  2. ^ a b c 【ロッテ】ハフマン「いい勉強になった」”. 日刊スポーツ (2013年11月17日). 2014年3月25日閲覧。
  3. ^ 入団テスト結果について”. 千葉ロッテマリーンズ (2013年11月21日). 2013年11月25日閲覧。
  4. ^ ロッテ新外国人2人が抱負 クルーズは自信、ハフマン謙虚”. スポーツニッポン (2014年1月31日). 2014年3月25日閲覧。
  5. ^ ロッテ、ハフマンを獲得 1年契約で”. 朝日新聞 (2013年12月14日). 2014年3月25日閲覧。
  6. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。
  7. ^ ハフマン選手との契約について 千葉ロッテマリーンズ 2015年1月13日閲覧。
  8. ^ タイガース 元日本ハム救援右腕と元ロッテ外野手と契約スポーツニッポン 2015年12月31日閲覧。
  9. ^ MLB公式プロフィール参照。2016年11月19日閲覧。
  10. ^ Berry, Adam (2016年11月18日). “Sierra among 4 added to Cards' 40-man roster”. MLB.com. 2017年2月2日閲覧。
  11. ^ マリーンズ・ハフマン フェンス直撃の気迫あふれるダイビングキャッチ!!”. パ・リーグTV (2014年3月19日). 2014年3月25日閲覧。
  12. ^ a b 56 チャッド・ハフマン”. 千葉ロッテマリーンズ . 2014年3月25日閲覧。
  13. ^ 機内で隣の男はライバル”. スポーツ報知 (2014年1月28日). 2014年2月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]