チャックワゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オースティンのWildlife Expoで再現されたチャックワゴン

チャックワゴン: Chuckwagon)は、炊事用の幌馬車19世紀アメリカ合衆国カナダ、特に西部開拓時代の長距離移動(ロングドライブ)において広く使用された。ローリング・キッチンとも呼ばれる。チャックとは、アメリカ西部の俗語で食物を指す。

チャックワゴンを考案したのは、テキサス州チャールズ・グッドナイト英語版だった。1866年に牧畜業者のグッドナイトがカウボーイのための炊事車として、南北戦争の放出品だった軍用馬車を改造したのが始まりとされる。のちに馬車製造会社のスチュードベーカーが専用のチャックワゴンを作り、1台75ドルから100ドルで販売した[1]

チャックワゴンの食事[編集]

現在でもテキサスで使用されているチャックワゴン

荷台に食材や調味料を積み、後部には棚と折りたたみ式の調理台があり、調理用具食器コーヒーミルなどを運んだ。チャックワゴンのコックはクッキーと呼ばれ、フライドステーキサワードウ・ビスケットと呼ばれるパン、ドライフルーツのシチュー、ポークビーンズダンプリングコーヒーなどを作った。コーヒーは生豆を運び、煎れるたびに焙煎した。またアルコール飲料の持ち込みは基本的に禁止されていた[2]。カウボーイは旅の食事を重視し、クッキーの腕が悪いと別の仕事に移ってしまう者もいた[3]

出典・脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 鶴谷寿 1989, p. 100.
  2. ^ 東理夫 2000, p. 113.
  3. ^ 鶴谷寿 1989, p. 134.

参考文献[編集]

  • 鶴谷寿『カウボーイの米国史』朝日新聞社朝日選書 381〉、1989年7月。ISBN 4-02-259481-0
  • 東理夫『クックブックに見るアメリカ食の謎』東京創元社、2000年5月。ISBN 4-488-02363-0

関連項目[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク

外部リンク[編集]