チャクラヴァルティー・ラージャゴーパーラーチャーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャクラヴァルティー・ラージャゴーパーラーチャーリー
चक्रवर्ती राजगोपालाचारी
C Rajagopalachari 1944.jpg
1944年のラージャゴーパーラーチャーリー
生年月日 1878年12月10日
出生地 イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国
没年月日 (1972-12-25) 1972年12月25日(94歳没)
死没地 インドの旗 インド チェンナイ
出身校 マドラス管区大学

在任期間 1948年6月21日 - 1950年1月26日

インドの旗 内務大臣
内閣 第1次ネルー内閣
在任期間 1950年12月26日 - 1951年10月25日
テンプレートを表示

チャクラヴァルティー・ラージャゴーパーラーチャーリーヒンディー語:चक्रवर्ती राजगोपालाचारी 1878年12月10日 - 1972年12月25日)は、インド政治家弁護士。最後のインド連邦総督(在位:1948年6月21日 - 1950年1月26日)でもある。

経歴[編集]

マドラスの大学を出たのち弁護士となり、のち政治家に転身した。インド国民会議派に所属しマドラス管区首相西ベンガル州知事などの要職を務めた。イギリス領インド帝国からインドが独立する経緯においてインドの総督となる。歴代のインド総督の中では唯一インド人だった人物。

関連項目[編集]

公職
先代:
Kurma Venkata Reddy Naidu
マドラス管区首相
1937年1939年
次代:
Tanguturi Prakasam
先代:
フレデリック・バロウズ
西ベンガル州知事
1947年–1948年
次代:
Kailash Nath Katju
先代:
ヴァッラブバーイー・パテール
内務大臣
1950年–1951年
先代:
Poosapati Sanjeevi Kumarswamy Raja
マドラス州首相
1952年1954年
次代:
Kumarasami Kamaraj
官職
先代:
初代マウントバッテン・オブ・バーマ伯爵
Flag of the Governor-General of India (1947–1950).svg インド連邦総督
1948年–1950年
次代:
ラージェーンドラ・プラサード
インドの大統領