チバ・アルレドンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チバ・アルレドンド
基本情報
本名 ロベルト・アルレドンド
階級 フェザー級
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1958-05-03) 1958年5月3日(59歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
ミチョアカン州アパチンガン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 30
勝ち 19
KO勝ち 14
敗け 9
引き分け 2
テンプレートを表示

チバ・アルレドンドChiba Arredondo1958年5月3日 - )は、メキシコの元プロボクサー。本名はロベルト・アルレドンドRoberto Arredondo)。ミチョアカン州アパチンガン出身。キャリア後半は仙台ジム所属。元日本フェザー級王者。リングネームの「チバ」は仙台ジムの会長だった千葉隆に由来。

リカルド・アルレドンド(元WBC世界ジュニアライト級王者)は実兄、レネ・アルレドンド(元WBC世界ジュニアウェルター級王者)は実弟。

来歴[編集]

1979年11月16日、メキシコでプロデビュー。メキシコでは13戦10勝1敗2分を記録した。

1983年より日本の仙台ジムに所属し、日本のリングで試合をするようになった。

1983年4月10日、日本のリングでデビュー。

1985年11月28日、日本フェザー級王者来馬英二郎に挑戦し、10回判定勝ちで王座を獲得した。

1986年2月25日、初防衛戦で杉谷満と対戦し、8回KO負けで王座から陥落した。

1986年5月3日、OPBF東洋太平洋フェザー級王者黄在鏞に挑戦し、12回判定負けで王座獲得ならず。

1987年4月30日の試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
来馬英二郎
第34代日本フェザー級王者

1985年11月28日 - 1986年2月25日

次王者
杉谷満