チットゥール・V・ナガイアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チットゥール・V・ナガイアー
Chittor V. Nagaiah
Chittor V. Nagaiah
本名 Vuppaladadiyam Nagaiah Sarma
生年月日 (1904-03-28) 1904年3月28日
没年月日 (1973-12-30) 1973年12月30日(69歳没)
出生地 イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国 マドラス管区チットゥール県
死没地 インドの旗 インド アーンドラ・プラデーシュ州マドラス
職業 俳優映画監督映画プロデューサー作曲家プレイバックシンガー
活動期間 1938年 - 1973年
テンプレートを表示

チットゥール・V・ナガイアー(Chittor V. Nagaiah、1904年3月28日 - 1973年12月30日)は、インド俳優映画監督映画プロデューサー作曲家プレイバックシンガーフィルムインディア英語版の編集長バーブラーオ・パテル英語版は、ナガイアーを「インドのポール・ムニ」と評している[1]。2014年には彼の功績を称え、チットゥールの劇場が「チットゥール・ナガイアー・カーラクシェトラーム」に改名され[2]、1965年にパドマ・シュリー勲章を授与された[3][4][5]

生い立ち[編集]

現在のアーンドラ・プラデーシュ州チットゥール県バラモン家庭ラーマリンガ・サルマとヴェンカータ・ラクシュマンバの息子として生まれる。一家はクッパム英語版を経てティルマラ英語版に移住した[6]

ナガイアーはチットゥールで学位を取得した後、植民地政府の職員となったものの、退職してアーンドラ・パトリカ誌のジャーナリストに転職した。マハトマ・ガンディージャワハルラール・ネルーの影響を受けて1930年に独立運動に参加し、後に蓄音機の販売業に転職した[7]。彼はジャヤー・ラクシュミーと結婚したが、彼女は1年後に娘を産んだ後に死去している。後にギリジャーと再婚したが、彼女も8か月後に子供を流産した際に死去し、ジャヤーとの間に生まれた娘との死別した。彼女たちとの死別後、ナガイアーはスリ・ラマナ・アーシュラム英語版に滞在した。

キャリア[編集]

ナガイアーはチットゥールの劇場協会ラーマ・ヴィラサ・サーバと密接な繋がりがあり、多くの舞台で俳優、監督を務めた。舞台ではテルグ人英語版の詩人ポダナ英語版ヴェマナ英語版シャガラジャ英語版などを演じた。舞台活動を通してボンミレッディ・ナラシンハ・レッディ英語版と親友になった。このころ、ボンミレッディはH・M・レッディ英語版と共にロヒニ・ピクチャーズを設立し、ナガイアーは1938年に同社が製作した『Gruhalakshmi』で主役を務め、映画デビューした。その後、彼はロヒニ・ピクチャーズやヴァウヒニ・スタジオ英語版が製作した『Vande Matharam』(1939年)、『Sumangali』(1940年)、『Devata』(1941年)、『Swarga Seema』(1945年)、『Ezhai Padum Padu』(1950年)などに出演した[8]

ナガイアーは生涯で200本以上のテルグ語映画に出演した[9]。テルグ語映画の他に160本近いタミル語映画カンナダ語映画マラヤーラム語映画ヒンディー語映画にも出演している[4]。彼はインドで最も優秀なメソッド俳優の一人であり、マチネー・アイドル英語版として人気を集め、実在の人物の特徴とマニエリスムの研究に努めていた[10]。1940年にはインド映画で初めて映画界を舞台にした『Viswa Mohini』で主演を務めた[11][12]。また俳優の他に映画製作者として『Bhakta Potana』(1942年)、『Tyagayya』(1946年)、『Chakradhari』(1948年)、『Naa Illu』(1953年)などパイオニア的な作品に携わった。1964年に監督、プロデューサー、脚本、主演を務めた『Ramadasu』ではナショナル・フィルム・アワード 最優秀テルグ語長編映画賞英語版を受賞している[13]

出典[編集]

  1. ^ Paul Muni of India – Chittoor V.Nagayya”. Bharatjanani.com (2011年5月6日). 2012年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月21日閲覧。
  2. ^ Mahati Kalakshetram to retain Chittoor Nagaiah’s name”. The Hindu. 2019年8月26日閲覧。
  3. ^ acting mentor”. The New Indian Express. 2019年8月26日閲覧。
  4. ^ a b Autobiography – Chittor V. Nagaiah, RK Books, Hyderabad, 2004.
  5. ^ Special story on veteran actor Chittor Nagaiah Part 1”. YouTube. 2019年8月26日閲覧。
  6. ^ Chittoor V. Nagaiah – A Monograph
  7. ^ “Nagaiah – noble, humble and kind-hearted”. The Hindu (Chennai, India). (2005年4月8日). http://www.hindu.com/fr/2005/04/08/stories/2005040800220400.htm 2019年8月26日閲覧。 
  8. ^ Amazon / Books / Indian actor Chittoor V. Nagaiah: A Monograph, by K. N. T. Sastry (Author)
  9. ^ Chittoor Nagaiah statue to be installed in Tirupati”. The Hindu. 2019年8月26日閲覧。
  10. ^ Chittoor Nagaiah statue to be installed in Tirupati”. The Hindu. 2019年8月26日閲覧。
  11. ^ The Hindu : A revolutionary filmmaker
  12. ^ entertaianment.oneindia.in/celebs/lakshmi/biography.html
  13. ^ “Chittoor Nagaiah statue to be installed in Tirupati”. The Hindu (Chennai, India). (2006年7月18日). http://www.hindu.com/2006/07/18/stories/2006071807130200.htm 2019年8月26日閲覧。 

外部リンク[編集]