チタン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チタン (原題)
Titane
監督 ジュリア・デュクルノー
脚本 ジュリア・デュクルノー
製作 ジャン=クリストフ・レイモンド
出演者 ヴァンサン・ランドン
アガーテ・ルーゼル
ギャランス・マリリエ英語版
ライス・サラーマ
音楽 ジム・ウィリアムズ英語版
撮影 ルーベン・インペンス英語版
編集 ジャン=クリストフ・ブージィ
製作会社 カザック・プロダクションズ
フラカス・プロダクションズ
アルテ・フランスシネマ
VOO英語版
ビー・テーヴィー英語版
配給 ディアファナ・ディストリビューション
公開 フランスの旗2021年7月13日 (カンヌ国際映画祭)
フランスの旗2021年7月14日
上映時間 108分[1]
製作国 フランスの旗 フランス
ベルギーの旗 ベルギー
言語 フランス語
テンプレートを表示

チタン』 (Titane) は、2021年合作のスリラー映画。監督はジュリア・デュクルノー。主演はヴァンサン・ランドンとアガーテ・ルーゼル。

本作は第74回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、第46回(1993年)の『ピアノ・レッスン』以来、女性監督の作品として2度目となる最高賞のパルム・ドールを受賞した。

あらすじ[編集]

老いた消防士のヴァンサンは、幼い頃に行方不明になった息子と再会を果たそうとしていた。しかし、その正体は驚異的な肉体改造を施してヴァンサンの息子になりすました連続殺人犯のアレクシアだった[2]

キャスト[編集]

製作[編集]

2019年9月、ジュリア・デュクルノーが脚本と監督を務める新作に、ヴァンサン・ランドンとアガーテ・ルーゼルが出演することが発表された。製作の段階で、北米の配給をNEON英語版が担当することも決定していた[3][4]

撮影[編集]

主要な撮影は、2020年9月に開始した。当初は、2020年4月からの撮影開始を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の流行を受け延期された。ランドンはステロイド漬けの消防士を演じるにあたって、デュクルノーに出演を持ちかけられてから、2年をかけて役作りのために有酸素運動や酒類・食事制限などのトレーニングを行った。これは、ランドンの年齢と健康を考慮し、緩やかな肉体改造が必要だったためである[2]

公開[編集]

2021年6月、アルティチュード・フィルム・ディストリビューションとフィルム4英語版が共同で英国での配給権を獲得した[5]。本作は、2021年7月13日にカンヌ国際映画祭で上映された。授賞式の冒頭で、審査員長を務めたスパイク・リーが「1つ目の賞First Prize)」を発表するよう受けた指示を、「1位の賞 (First Place)」と誤解し、本作がパルム・ドールを受賞したことを想定より大幅に早いタイミングで明かしてしまうというハプニングにさらされたが、デュクルノーは女性監督として史上2人目の受賞者になった[6]

評価[編集]

本作は批評家から絶賛されている。Rotten Tomatoesでは19個の批評家レビューのうち95%が支持評価を下し、平均評価は10点中7.4点となった[7]MetacriticのMetascoreは13個の批評家レビューに基づき、加重平均値は100点中73点となった。サイトは本作の評価を「概ね好意的」と示している[8]

インディワイヤー英語版のデヴィッド・エーリッヒは、「あなたが作品から何を得ようとしているかは別として、『Titane』が、自身の荒々しい感性を完全にコントロールし、狂った様な先見性を持った作家の作品であることを誰も否定できない。」とし、「デヴィッド・クローネンバーグの『クラッシュ』と塚本晋也の『鉄男』が異常な形で融合した炎と金属のアリアの様な印象を与えるが、どれだけの人間が自身を気にかけてくれる人を必要とし、その逆もまた然りであるという現代的な寓話に姿を変えていく。」と評した[9]

ハリウッド・レポーターのボイド・ヴァン・ホエジは、「『Titane』は、現代の多くの映画が忘れてしまった2つのことである、衝撃と驚きを観客に与えようとしている。その一方、困難な状況に置かれ、同じDNAを持っていないにも関わらず、親子の様な絆を共有する2人のイカれた人間の、不思議と感動的な物語をも紡ごうとしている。」と評した[10]

出典[編集]

  1. ^ Titane”. Diaphana Distribution. 2021年6月11日閲覧。
  2. ^ a b Eric Kohn. “Vincent Lindon Worked Out for Two Years to Prep for Cannes Hit ‘Titane’”. 2021年7月18日閲覧。
  3. ^ Rubin, Rebecca (2019年9月10日). “Neon Nabs 'Titane,' Follow-Up Feature From 'Raw' Director Julia Ducournau”. Variety. 2021年1月24日閲覧。
  4. ^ Lemercier, Fabien (2019年9月25日). “Kirill Serebrennikov's Petrov's Flu for Arte France Cinéma”. CineEuropa. 2021年1月24日閲覧。
  5. ^ Dalton, Ben (2021年6月21日). “Film4 to co-distribute Cannes title 'Titane' with Altitude in UK and Ireland”. Screen International. 2021年6月22日閲覧。
  6. ^ Cannes President Spike Lee Prematurely Unveils Palme D'Or Winner In Echo Of 2017 Oscar Mix-Up – Watch”. Deadline Hollywood (2021年7月17日). 2021年7月17日閲覧。
  7. ^ Titane (2021)”. Rotten Tomatoes. 2021年7月17日閲覧。
  8. ^ Titane”. Metacritic. 2021年7月17日閲覧。
  9. ^ David Ehrlich. “‘Titane’ Review: Julia Ducournau Follows ‘Raw’ with One of the Wildest Films to Ever Screen at Cannes”. 2021年7月18日閲覧。
  10. ^ Boyd van Hoeij. “‘Titane’: Film Review | Cannes 2021”. 2021年7月18日閲覧。

外部リンク[編集]