チクシュルーブ衝突体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チクシュルーブ・クレーター周辺の重力異常地図。赤と黄色は重力が強く、緑と青は重力が弱いことを示す。白色はセノーテを表す[1][2]
地球に衝突するチクシュルーブ衝突体の想像図。手前には翼竜が描かれている。

チクシュルーブ衝突体[3]とは、白亜紀末期(約6600万年前)に地球へ衝突した直径10から15kmの小惑星である[4][5][6]チクシュルーブ隕石[7]チクシュルーブ小惑星[8]とも呼ばれる。この天体は、現在のメキシコユカタン州チクシュルーブ英語版の町から数km離れた地点に衝突し、チクシュルーブ・クレーターを形成した。衝突はK-Pg境界と同じ年代に起きたと推定され、大部分の恐竜の絶滅を含むK-Pg境界大量絶滅を引き起こしたという説が科学的なコンセンサスとなっている[9][10]。クレーターの直径は177km以上あり[11]、地球上に存在する既知のクレーターとして3番目に大きい。

母天体[編集]

衝突体がどこに起源を持ち、現存する小惑星帯とどのような関係にあるのかについては、いくつかの競合するモデルが存在する。2007年9月にウィリアム・ボトキ英語版・David Vokrouhlický・David Nesvornýが『ネイチャー』で発表した説によると、1億6000万年前に小惑星帯内部で生じた天体衝突にチクシュルーブ衝突体の起源があるとされている。この衝突は、現在バティスティーナ族英語版として知られている一群の小惑星を生じさせ、その中で現存する最大のメンバーがバティスティーナである。ボトキらは、チクシュルーブ衝突体は元々このグループに属していたと主張している。チクシュルーブ衝突体の微小な破片には炭素質の物質が大量に含まれている。これは衝突体が、バティスティーナのような炭素質コンドライトに富んだ珍しい種類の小惑星だったことを示唆している。ボトキらによると、直径約170kmの大きな母天体に直径約60kmの別の天体が衝突し、その時に生じた破片の1つがチクシュルーブ衝突体である。しかしながら、WISEの新しいデータに基づいた2011年の研究では、バティスティーナ族の起源となった天体衝突が起きた時期は8000万年前とされた。これはボトキらの説に疑問を投げかけている。なぜなら、小惑星同士の衝突で生じた破片が、軌道共鳴や衝突の影響で地球に衝突する軌道に向かうプロセスには、典型的には数千万年を要すると考えられているためである[12]

他の説としては、小惑星のフローラ族に関連するというものがある。この説によれば、小惑星同士の衝突を起こしたP/2010 A2は、チクシュルーブ衝突体と同じグループに属する残骸かもしれない[13]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Nicholas M. Short, Sr., Crater Morphology Some Characteristic Impact Structures at nasa.gov, accessed January 2013
  2. ^ The article by Nicholas M. Short, Sr. appears to have moved, but the image above does not appear to have moved with it. See Crater Morphology Some Characteristic Impact Structures at fas.org, Accessed December 9, 2015.
  3. ^ 月の地形〜日経サイエンス2017年1月号より”. 日経サイエンス. 2018年2月25日閲覧。
  4. ^ Sleep, Norman H.; Lowe, Donald R. (9 April 2014). “Scientists reconstruct ancient impact that dwarfs dinosaur-extinction blast”. アメリカ地球物理学連合. https://news.agu.org/press-release/scientists-reconstruct-ancient-impact-that-dwarfs-dinosaur-extinction-blast/ 2016年12月30日閲覧。. 
  5. ^ http://www.bbc.com/news/science-environment-39922998
  6. ^ Dinosaur extinction: Scientists estimate 'most accurate' date”. BBC News. 2015年10月28日閲覧。
  7. ^ 進化:地球の古生物を待ち受けていた二重の大災害”. natureasia.com (2016年7月6日). 2018年2月25日閲覧。
  8. ^ 【古生物学】恐竜絶滅は「すす」が引き起こしたかもしれない”. natureasia.com (2016年7月15日). 2018年2月25日閲覧。
  9. ^ International Consensus - Link Between Asteroid Impact and Mass Extinction Is Rock Solid”. www.lpi.usra.edu. 2015年10月28日閲覧。
  10. ^ Schulte, Peter (March 5, 2010). “The Chicxulub Asteroid Impact and Mass Extinction at the Cretaceous-Paleogene Boundary”. Science 327: 1214-8. Bibcode2010Sci...327.1214S. doi:10.1126/science.1177265. PMID 20203042. オリジナルのJune 25, 2015時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150625001637/http://eesc.columbia.edu/courses/w4937/Readings/Schulte.etal.2010.pdf 2015年6月25日閲覧。. 
  11. ^ http://www.bbc.com/news/science-environment-39922998
  12. ^ Tammy Plotner, Did Asteroid Baptistina Kill the Dinosaurs? Think other WISE... in Universe Today (2011) at universetoday.com
  13. ^ "Smashed asteroids may be related to dinosaur killer" Reuters, February 2, 2010

座標: 北緯21度24分 西経89度31分 / 北緯21.400度 西経89.517度 / 21.400; -89.517