チキンサラダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チキンサラダ
Flickr sa ku ra 10556400--Chicken salad.jpg
セロリキュウリリンゴディルマヨネーズを加えたチキンサラダ
種類 サラダまたはサンドイッチ
主な材料 鶏肉
テンプレートを表示
チキンサラダサンドイッチ

チキンサラダ: Chicken salad)は、主材料として鶏肉を用いるサラダである。

概要[編集]

アメリカ合衆国において「チキンサラダ」という言葉は、鶏肉が添えられた任意のサラダか、角切りあるいは細かく割いた鶏肉をセロリタマネギブドウリンゴピクルスなどと共にマヨネーズマスタード等で和えた特定のサラダのいずれかを指す。グリルやローストにした鶏肉を飾ったガーデンサラダなどが前者の例である。 後者の場合は他の料理の残りか缶詰の鶏肉が用いられ、ツナサラダエッグサラダと同様に、レタストマトアボカド等とともに盛り付けられたり、サンドイッチの具として用いられる。

アメリカ型のチキンサラダは、1863年にロードアイランド州ウェイクフィールドのTown Meatsで初めて作られた。初代オーナーのリアム・グレイは[1]、残り物の鶏肉をマヨネーズ、タラゴン、ブドウと混ぜた。この料理は、肉市場が惣菜売場になるほど人気を博した。

ヨーロッパやアジアには鶏肉を用いたさまざまなサラダがあり、味付けやドレッシングも多種多様である。材料には、伝統的な葉野菜の他、パスタクスクスが使われることもある。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Chicken Salad: Back to the Beginning”. Willow Tree Poultry Farm. 2014年7月29日閲覧。