チオシアン酸銀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チオシアン酸銀
Silver thiocyanate
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 1701-93-5 チェック
PubChem 74345
ChemSpider 66941 チェック
UNII S44O8TME5U チェック
EC番号 216-934-9
国連/北米番号 3077
特性
化学式 AgSCN
外観 無色の結晶
匂い 無臭
融点

170 °C, 443 K, 338 °F (
分解[4])

への溶解度 0.14 mg/L (19.96 °C)
0.25 mg/L (21 °C)
6.68 mg/L (100 °C)[1]
溶解度平衡 Ksp 1.03·10−12[2]
溶解度 濃縮した酢酸塩硝酸塩水溶液を除き[1]、酸に不溶(反応する)[3]
硝酸銀への溶解度 43.2 mg/L (25.2 °C, 3 nAgNO3/H2O)[1]
二酸化硫黄への溶解度 14 mg/kg (0 °C)[4]
メタノールへの溶解度 0.0022 mg/kg[4]
磁化率 −6.18·10−5 cm3/mol[2]
構造
結晶構造 単斜晶系, mS32 (293 K)[5]
空間群 C2/c, No. 15 (293 K)[5]
格子定数 (a, b, c) a = 8.792(5) Å Å,b = 7.998(5) Å Å,c = 8.207(5) Å (293 K)[5] Å
格子定数 (α, β, γ) α = 90°, β = 93.75(1)°, γ = 90°
熱化学
標準生成熱 ΔfHo 88 kJ/mol[4]
標準モルエントロピー So 131 J/mol·K[4]
標準定圧モル比熱, Cpo 63 J/mol·K[4]
危険性
GHSピクトグラム 急性毒性(低毒性)水生環境への有害性[3]
GHSシグナルワード 警告(WARNING)
Hフレーズ H302, H312, H332, H410[3]
Pフレーズ P273, P280, P501[3]
EU分類 有害 Xn 環境への危険性 N
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
2
0
Rフレーズ R20/21/22, R32, R50/53
Sフレーズ S13, S36/37, S46, S60, S61
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

チオシアン酸銀(チオシアンさんぎん、: Silver thiocyanate)はチオシアン酸塩で、化学式はAgSCNと表される。

構造[編集]

チオシアン酸銀は単位胞内に8分子を有する単斜晶系の結晶構造を持つ。 通常は、SCN基は、結合角179.6(5)°のほぼ直線形の分子構造を有する。銀同士の相互作用長は0.3249(2) nmないし0.3338(2) nmで、チオシアン酸銀では一次元のジグザグの鎖を形成する[5]

製造[編集]

硝酸銀チオシアン酸カリウムとの反応によって生成される。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Comey, Arthur Messinger; Hahn, Dorothy A. (1921-02). A Dictionary of Chemical Solubilities: Inorganic (2nd ed.). New York: The MacMillan Company. p. 884. 
  2. ^ a b Lide, David R., ed (2009). CRC Handbook of Chemistry and Physics (90th ed.). Boca Raton, Florida: CRC Press. ISBN 978-1-4200-9084-0. 
  3. ^ a b c d Sigma-Aldrich Co., Silver thiocyanate. 2014年7月19日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Anatolievich, Kiper Ruslan. “silver thiocyanate”. 2014年7月19日閲覧。
  5. ^ a b c d Zhu, H.-L.; Liu, G.-F.; Meng, F.-J. (2003). “Refinement of the crystal structure of silver(I) thiocyanate, AgSCN”. Zeitschrift für Kristallographie - New Crystal Structures (München: Oldenbourg Wissenschaftsverlag GmbH) 218 (JG): 263–264. doi:10.1524/ncrs.2003.218.jg.285. ISSN 2197-4578.