チオエステル加水分解酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チオエステル加水分解酵素(Thioesterase)とはエステル加水分解酵素のうち、チオエステル基に特異的に作用するものである。この酵素は水の存在下でチオエステル基を切断し、酸とアルコールに分解する。チオエステル加水分解酵素はE.C.3.1.2.に登録される。

種類[編集]

例えば、アセチルCoA加水分解酵素、パルミトイルCoA加水分解酵素、スクシニルCoA加水分解酵素ホルミルCoA加水分解酵素、アシルCoA加水分解酵素、ユビキチンチオエステル加水分解酵素が知られている。

ヒトのチオエステル加水分解酵素の遺伝子を以下に示す[1]

ACOT1, ACOT2, ACOT4, ACOT6, ACOT7, ACOT8, ACOT9, ACOT11 (STARD14), ACOT12 (STARD15), OLAH, PPT1, PPT2, THEM2 (ACOT13), THEM4, THEM4P1, THEM5

脚注[編集]

  1. ^ Brocker, C; Carpenter, C; Nebert, DW; Vasiliou, V (2010年8月). “Evolutionary divergence and functions of the human acyl-CoA thioesterase gene ( ACOT ) family.”. Human Genomics 4 (6): 411–20. PMC 3525216. PMID 20846931. http://www.humgenomics.com/content/4/6/411. 

外部リンク[編集]