チェロ協奏曲第1番 (サン=サーンス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


スキッドモア大学管弦楽団による演奏(Musopenより)

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

チェロ協奏曲第1番 イ短調 作品33は、カミーユ・サン=サーンスが作曲した2曲のチェロ協奏曲のうちの第1作である。

概要[編集]

この曲は壮年期の1872年に書き上げられた。前後してオペラ『サムソンとデリラ』、ピアノ協奏曲第4番、4曲の交響詩などの傑作が生まれている。1873年1月19日パリ音楽院にてオーギュスト・トルベック独奏により初演された。独奏者はパリ音楽院のチェロ教授であり、本作が献呈されている。1902年に作曲された第2番は、作曲家としての経験を一層積んだ老年期の作品であるが、第1番ほどの評価を得られず、今日ではほとんど演奏されない。単にサン=サーンスのチェロ協奏曲というと、もっぱら第1番のほうを指す。

チェロ協奏曲において全3楽章が切れ目なく演奏されるという手法は、既にシューマン協奏曲で行われているが、サン=サーンスの場合はかなり徹底していて、全体が3つの部分からなる単一の楽章となっている。また各部の構成にも、伝統的な形式に縛られない創意を見ることができる。

編成[編集]

独奏チェロ

楽曲の構成[編集]

単一楽章で、以下の3部構成である。演奏時間は18分程度。

第1部
アレグロ・ノン・トロッポ―アニマート―アレグロ・モルト―テンポ・プリモ、イ短調、2分の2拍子
自由なソナタ形式。オーケストラの一撃に続き、独奏チェロが三連符を中心にした第1主題を力強く奏でる。ゆるやかな第2主題もチェロによって奏される。再現部は極端に圧縮され、第2主題が原調で再現されると終止しないまま次の部分に移る。
第2部
アレグレット・コン・モート、変ロ長調、4分の3拍子
三部形式。弦楽の弱奏から始まる、軽快なメヌエット風の部分。主部の再現の直前にはチェロの短いカデンツァがはさまれる。
第3部
テンポ・プリモ―アン・プゥ・モワン・ヴィト―ピウ・アレグロ―モルト・アレグロ、イ短調~イ長調、2分の2拍子
第1部の第1主題が回帰して始まり、全体としてはこの主題を両端に置いたアーチ構造をとる。イ長調に転じたコーダには第1部の小結尾に現れた主題も再現され、全曲の統一を強める。

参考文献[編集]

  • Ratner, Sabina Teller (2002) Camille Saint-Saëns 1835-1921: The instrumental works Oxford University Press
  • Stegemann, Michael (1991) Camille Saint-Saëns and the French Solo Concerto from 1850 to 1920 Amadeus Press

外部リンク[編集]