チェリモヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チェリモヤ
Cherimoya tree hg.jpg
チェリモヤ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: モクレン目 Magnoliales
: バンレイシ科 Annonaceae
: バンレイシ属 Annona
: チェリモヤ A. cherimola
学名
Annona cherimola Mill.
和名
チェリモヤ
英名
cherimoya
custard apple

チェリモヤ(学名:Annona cherimola)は、バンレイシ科の植物およびその果実

原産地は南アメリカペルーエクアドルである。赤道直下が原産にもかかわらず、チェリモヤは寒冷および暑熱に弱いという性質がある。そのため、原産地では標高2,000m近辺において栽培が行われており、そこでは一年間を通して日中の最高気温が20℃、夜間の最低気温10℃前後で推移している。

原産地ではさながら日本におけるのような、ありふれた果実である。味は甘く柔らかい食感であるが、食べごろになる前は青臭かったり、食べごろを過ぎると中身が茶色く変色して苦かったりする。甘く柔らかい味わいは、「森のアイスクリーム」にも例えられる[1]

果実としての美味さから、世界各地に移植されて栽培が行われている。アメリカ合衆国カリフォルニア州など南北アメリカ各地のほか、地中海地方イタリアスペインエジプトイスラエルレバノン、太平洋の台湾オーストラリアニュージーランドなどが現在の産地である。日本にも1980年代に導入され、1987年和歌山県が国内で最初の商品化に成功した。ただし、虫媒花であるため、受粉を手伝う種類の昆虫が生息しない場所では、手作業で受粉を行う必要があり、その手間が栽培には障害となる[1]。 暑さにも寒さにも弱く、受粉にも手間がかかる点から、シャカトウや交配種のアテモヤと同じく、栽培が難しい熱帯果樹の一つと言われている。種や苗を販売している会社は少ないうえに高価であり、日本での栽培技術が確立されていないことから、初心者及び中級者には栽培がお勧めできない植物でもある。バンレイシ科なので、害虫はつきにくい。

脚注[編集]

  1. ^ a b チェリモヤ 紀の川市asahi.com 2009年10月26日「食べある紀の国」

関連事項[編集]