チェスターのロバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チェスターのロバート(Robert of Chester、ラテン語: Robertus Castrensis)は12世紀において数学天文学錬金術クルアーン(コーラン)等の文献をアラビア語からラテン語に翻訳し紹介した人物。イギリス人。

ケットンのロバート英語版と同一視されることもあり、こちらはRobertus Retinennsis, Robertus Ketenensis, Robert de Ketene, Robert de Retines, Robertus Cataneusなどと表記される。

スペイントレドに集まった翻訳家でかつナバラ王国パンペルナ(Pampelune)の助祭長の一人。1136年、チボリのプラトとともにバルセロナで研究していたと推測される。1141年にスペインにいた証拠がある。イタリアとギリシアに旅したらしい。後、イギリスに戻る。1143年、クルアーンをラテン語に訳した最初の人物であった。

天文学[編集]

アル・バッターニーの天文学をラテン語に翻訳し、いくつかの天文表(astronomical tables)を用意した。

算術(数学)[編集]

ボイヤーの説では正弦をsinus rectus と意訳し(sinusはラテン語で「湾」のこと)、これが現在のサイン(sine)になったという。

アル・フワーリズミーの著書『約分と消約との学』(ilm al-jabr wa'l muqabalah)820年をラテン語に訳し『Liber algebrae et almucabola』を著した(あるいはバースのアデラードの功績ともいう)。Al-jabr[1]に由来する「algebra」は今日英語で代数学を意味する語となっている。

またアル・フワーリズミーの別の著作『インドの数の計算法』(Kitāb al-Jām'a wa'l-Tafrīq bi'l-Hisāb al-Hindī)825年の翻訳『Algoritmi de numero Indorum』は、直訳すれば「インドの数に関して、アル・フワーリズミー[2]」という意味の書名であったが、通称Algoritmiとして、それから500年にわたってヨーロッパの各国の大学で数学の主要な教科書として用いられた。計算の手順を意味するアルゴリズム(Algorithm)やオーグリム(augrim)という言葉はこの書の冒頭Algoritmi dicti(アル・フワーリズミーに曰く)に由来する。

錬金術(化学)[編集]

主にジャービル・イブン=ハイヤーンの書をラテン語に翻訳し、ヨーロッパの錬金術と、後の化学の発展のきっかけを作った。

1144年2月11日モリエヌス(Morienus)を『錬金術の構成の書』として翻訳した[3][4]。 これの序文は、ヘルメス・トリスメギストスの伝説を回想したものである。 ジャービルのアラビア語による『Kitab al-Kimya』(化学の書)は錬金術: Alchemia)の語源となった。

[編集]

  1. ^ アラビア語で「Al」は定冠詞、「Jabr」は「バラバラのものを再結合する」「移項する」の意味
  2. ^ 「アル・フワーリズミー」を音訳したラテン語形が「アルゴリトミ」である。
  3. ^ 吉田光邦 『錬金術 仙術と科学の間』 中央公論社〈中公新書〉、1963年、132頁。ISBN 4-12-100009-9中央公論新社〈中公文庫〉、2014年。ISBN 978-4-12-205980-1
  4. ^ Al-Hassan, Ahmad Y. (n.d.), The Arabic Origin of Liber de compositione alchimiae, http://www.history-science-technology.com/Articles/articles%201.htm 2009年7月18日閲覧。 

関連項目[編集]