チェコ鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チェコ鉄道のインターシティ
Czech motorized regional unit - レギオノーヴァ

チェコ鉄道株式会社(チェコ語 : ČD, České dráhy, a.s.)は、チェコの国有企業。2003年チェコ鉄道公団(旧チェコ鉄道、ČD, České dráhy, s.o.)から政府100%出資の株式会社に転換し、鉄道施設管理公団所有・管理の国鉄線(Celostátní dráha)における列車運行認可事業者として列車運行事業を承継。2007年に貨物列車運行事業を同社傘下の子会社ČDカーゴ株式会社(ČDC, ČD Cargo, a.s.)へ分割譲渡し、現在は国鉄線における旅客列車運行事業およびその関連事業を行っている。

概要(2006年)[編集]

  • 輸送人員 - 180.939万人

列車種別[編集]

チェコ鉄道による運行[編集]

  • レイルジェット(railjet)
    国際特急列車。プラハ - ウィーン - グラーツ間に運行され、主に県庁所在地中心に停車する。
  • ユーロシティ(EC:EuroCity)
    国際特急列車。プラハからベルリン、ブダペスト、ジリナ等に多数の列車が運行されている。各県2駅程度停車する便が多い。
  • インターシティ(IC:InterCity)
    国内特急列車。上記3種類の各特急の補完としての役割で、本数は少ない。プラハを起点に、オパヴァ・ズリーン・ヴェセリーといった、モラヴィアの地方都市を結ぶ路線が中心となっている。
  • Ex(Expres)
    特急列車。ユーロシティ(EC)と合わせてパターンダイヤで、停車駅も同じとなっているケースが多いが、車内サービスに違いがある。隣国に直通する国際列車と、国内のみで運行される列車の双方が運行されている。
  • Rx(Rychlík vyšší kvality)
    特急列車。日本の特急(エル特急)に相当し、郡中心クラスの町にも多く停車する。2014年12月に登場し、2016年9月現在、プラハ-プルゼニ-ヘブ/ジェレズナー・ルダ間、およびブルノ-ブルジェツラフ-オロモウツ間にのみ設定されている。
  • R(Rychlík)
    特急列車。日本の特急(エル特急)に相当し、郡中心クラスの町にも多く停車する。Rxの運行路線を除く殆どの幹線に設定されていてチェコ全土をカバーしている主要種別である。
  • Sp(Spěšný)
    快速列車。優等列車であるが、リフリークより停車駅が多い。設定されている路線は少なく、また本数が少ないケースが多い。
  • Osobní:普通列車
    国内の殆どの路線に設定されていて、原則各駅に停車するが、一部駅を通過するものもある。

民間業者による運行[編集]

  • アリヴァ・エクスプレス(AEx)
    特急列車。プラハ - トレンチーン間に運行され、スーパーシティ(SC)並(オロモウツ以南は快速クラス)の停車駅で運行される。2015年12月に運行開始した。
  • レギオジェット(RJ)
    特急列車。プラハ - オストラヴァ - ハヴィールジョフ間を中心に運行されるが、一部はスタレー・ムニェスト、ズヴォレン、コシツェまで乗り入れる。停車駅はユーロシティ(EC)とほぼ同じ。2015年以前は、インターシティ(IC)の種別で運行していた。
  • LEOエクスプレス(LE)
    特急列車。プラハ - オストラヴァ間を中心に運行されるが、一部はスタレー・ムニェスト、コシツェまで乗り入れる。停車駅は、オロモウツ以北がユーロシティ(EC)並、オロモウツ以南がリフリーク(R)並である。

車両[編集]

  • 機関車 - 3,059輌(電気機関車925輌、ディーゼル機関車1,130輌,電車113輌)
  • 貨車 - 33,354輌
  • 客車 - 4,274輌

関連項目[編集]

外部リンク[編集]