チェコスロバキア国境要塞線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チェコスロバキア国境要塞線
ズデーテン地方
Trutnov, Babí, T-S 73 (rok 2012; 01).jpg
種類防衛線
施設情報
管理者チェコ
歴史
建設1935年–38年
使用期間1935年–現在
建築資材コンクリート、鉄
使用戦争ナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体

チェコスロバキア国境要塞線(チェコスロバキアこっきょうようさいせん)は、チェコスロバキアドイツ国境を中心に構築されたチェコスロバキアの対ドイツ及び周辺国の侵攻対策の要塞線の総称である。

オロモウツ州(ドイツ・シレジア地域との国境)から南モラヴィア州(オーストリア国境)にまで至る、長大な複合要塞である。

沿革[編集]

構造[編集]

第二次世界大戦終戦まで

要塞線は国境に合わせて建設され、約1万個のトーチカ野戦砲などの兵器が装備された約100個の砲郭で構成される。

野戦砲などが装備された砲郭はフランスドイツ国境に築かれたマジノ線と同等で、重機関銃などはマジノ線よりも近代的なものも配備された。

工業地帯のズデーテン地方などの重要拠点を防衛するためにチェコスロバキア・ドイツ国境には2~3重の要塞線が築かれた。

第二次世界大戦以後(冷戦期)

冷戦時、ソ連の衛星国となったチェコスロバキア社会主義共和国では西側諸国の侵攻に備えて野戦砲の更新などの近代化改修を行い、1990年代に共産主義政党の一党独裁が終わるとその役目を終えた。

装備[編集]

建築当時は 47mm P.U.V. vz. 36砲ブレダM37重機関銃Skoda 75 mm Model 1936 が配備されていた。

4,7 cm KPÚV vz. 38砲
ブレダM37重機関銃

近代化改修後は対戦車砲を75mmから85mmのソ連製の対戦車砲に更新された。

対ソ戦への影響[編集]

現在のチェコスロバキア国境要塞線[編集]

北部の要塞を中心に一部は美術館に改装された。

殆どの要塞には自由にアクセスできるが、一部レンタルされている要塞もある。

参考[編集]

http://www.fortif.net/files/overview.php

https://www.east-bohemia.info/military-history/

http://mapa.opevneni.cz/?n=48.931465&e=17.892468&r=1a955000010&z=7&m=t&l=cz

https://opevneni-vojenstvi-cz.translate.goog/?_x_tr_sch=http&_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=wapp