ダール (インド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
城塞から眺めたダール

ダールヒンディー語:धार、英語:Dhar)は、インドマディヤ・プラデーシュ州ダール県の都市。インドールの西約58キロメートルに位置し、人口約36,000人(1971年時点)[1]。サトウキビ、トウモロコシなどの集散地で、産業は紡織関連が行われている[1]ブリヂストンの関連会社もある[2]

歴史[編集]

中世にはラージプート族[3]の中心地であった[1]

1720年代、マラーター王国宰相バージー・ラーオマルハール・ラーオ・ホールカルラーノージー・ラーオ・シンディアウダージー・ラーオ・パワールマールワー遠征を命じ、その際ウダージー・ラーオがこの地を占拠した。その後、この地はパワール家の拠点となった[要出典]

1775年1月、のちにマラーター王国宰相バージー・ラーオ2世がこの地で誕生した[要出典]

18世紀から19世紀にかけて、パワール家はシンディア家ホールカル家といった二つの勢力に挟まれ、その領土が侵略されるなど危機的状況にあったが、それでも独立は保っている[要出典]

1948年までは当時のダール州の州都であった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 三省堂編修所編 『コンサイス 外国地名事典』 (3版) 三省堂1998年、550頁。ISBN 4-385-15338-8 
  2. ^ 日系企業インド進出地図(全352社)”. 在インド日本国大使館 (2006年). 2014年5月25日閲覧。
  3. ^ ラージプート族とは”. コトバンク. 2014年5月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯22度36分 東経75度18分 / 北緯22.600度 東経75.300度 / 22.600; 75.300