ダールダイ・パール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にパール・ダールダイと表記することもあります。
ダールダイ・パール Football pictogram.svg
Pál Dárdai - Hertha BSC Berlin (2).jpg
ヘルタでのダールダイ (2009年)
名前
ラテン文字 Dárdai Pál
基本情報
国籍  ハンガリー
生年月日 (1976-03-16) 1976年3月16日(42歳)
出身地 ペーチ
身長 179cm
体重 77kg
選手情報
ポジション MF
ユース
ハンガリーの旗 ペーチ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1991-1995 ハンガリーの旗 ペーチ 68 (11)
1996 ハンガリーの旗 ブダペスト 22 (2)
1997-2011 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン 297 (17)
代表歴
1996-1997 ハンガリーの旗 ハンガリー U-21 5 (1)
1998-2010 ハンガリーの旗 ハンガリー 61 (5)
監督歴
2012-2015 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン
2014-2015 ハンガリーの旗 ハンガリー
2015- ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダールダイ・パール(Dárdai Pál, 1976年3月16日 - )は、ハンガリーペーチ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはMFヘルタ・ベルリンの監督を務めている。

ハンガリー代表。現役時代にはヘルタ・ベルリンで286試合に出場し、クラブのブンデスリーガ出場記録を保持している。

選手経歴[編集]

クラブ[編集]

選手時代のダルダイ (2009年)

1997年1月、ドイツヘルタ・ベルリンと契約を結び、シーズン終了前にドイツ2部で10試合に出場して昇格に貢献。1998-99シーズンにクラブは3位でシーズンを終え21試合に出場した。

2008年11月13日ホッフェンハイム戦 (1-0) においてブンデスリーガでの250試合出場を達成した。試合後、ダルダイはチームとファンに感謝を述べた[1]

2009年頃から出場機会が減少。2010-11シーズンにはドイツ2部で1試合の出場に留まり、セカンドチームに降格させられた。シーズン終了後に35歳で現役を引退。ヘルタでは297試合のリーグ戦に出場した。

代表[編集]

1996年頃からハンガリーU-21代表でプレーし、1998年8月19日に行われたスロベニアとの親善試合でハンガリー代表デビューを果たした。同年10月10日のUEFA EURO 2000予選アゼルバイジャン戦で58分に代表初得点を記録し4-0での勝利に貢献した。

指導者経歴[編集]

2012年ヘルタ・ベルリンのU-15チームで指導者としてのキャリアを開始[2][3]

2015年2月5日、トップチームの暫定監督に就任し[4]マインツ戦 (2-0) で初めてチームを率いた[5]2015年5月29日、正式にヘルタの監督に就任した[6]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ヘルタ・ベルリン[7]

個人[編集]

  • ハンガリー年間最優秀選手賞 : 2006

脚注[編集]

外部リンク[編集]