ダーク (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Dark
ダーク
Dark logo.png
'The Emerald Table of Hermes'. Wellcome M0012393.jpg
ジャンル
原案
テーマ曲作者 アパラット
作曲 Ben Frost
オープニング アパラット
「Goodbye」 feat. Soap&Skin
国・地域 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
シーズン数 3
話数 26(各話リスト)
各話の長さ 45–73分
製作
製作総指揮
  • Baran bo Odar
  • Jantje Friese
  • Quirin Berg
  • Max Wiedemann
  • Justyna Müsch
撮影地 ドイツ
撮影監督 Nikolaus Summerer
製作 Wiedemann & Berg Television
放送
放送チャンネルNetflix
映像形式4K (Ultra HD)
放送期間2017年12月1日 (2017-12-01) - 2020年6月27日 (2020-6-27)
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

ダーク』(原題: Dark)は、2017年から放送されているドイツテレビドラマシリーズ[1]。ドイツの町で起こった子どもの失踪事件をきっかけに、4つの家族の秘密が暴かれるミステリードラマ。制作・脚本はバラン・ボー・オダー、ヤンチェ・フリーゼが務める[2]。2017年12月1日に第1シーズンがNetflixから全世界へ配信され、2020年6月27日に最終となる第3シーズンが配信され完結した[3][4]

あらすじ[編集]

2019年、ドイツの小さな田舎町ウィンデンで子供の連続失踪事件が起こる。似たような事件が33年前の1986年にも起こっており、町の人々は事件の真相に迫っていく。そこには4つの家族の何世代にも渡る秘密が隠されていた[5]

登場人物[編集]

カーンヴァルト家[編集]

上段からヨナス・カーンヴァルト役のルイス・ホフマン、アンドレーアス・ピーチュマン、イネス・カーンヴァルト役のアネ・ラテ=ポレ。
ヨナス・カーンヴァルト
演 - ルイス・ホフマン英語版
演 - アンドレーアス・ピーチュマン英語版
ミハエルとハンナの一人息子。2019年には黄色いレインジャケットをよく着ている。
ミハエル・カーンヴァルト
演 - セバスティアン・ルドルフドイツ語版
ヨナスの父親。イネスの養子。物語の数ヶ月前に自殺した。
ハンナ・カーンヴァルト
演 - エラ・リードイツ語版
演 - マヤ・ショーネ英語版
ヨナスの母親。セバスチャンの娘。マッサージ師として働く。
イネス・カーンヴァルト
演 - レナ・ウルゼンドフスキードイツ語版
演 - アネ・ラテ=ポレドイツ語版
演 - アンゲラ・ヴィンクラー英語版
ミハエルの養母。ダニエルの娘。町の病院の看護師として働く。
セバスチャン・クルーガー
演 - デニス・シュミット
ハンナの父。
ダニエル・カーンヴァルト
演 - フロリアン・パンズナー英語版
イネスの父。町の警察署長。

ニールセン家[編集]

上段からウルリッヒ・ニールセン役のオリヴァー・マスッチ、ヴィンフリート・グラツェダー、カタリーナ・ニールセン役のヨルディス・トリーベル、アグネス・ニールセン役のアンチュ・トラウェ
マルタ・ニールセン
演 - リサ・ヴィカリ英語版
演 - ニーナ・クロニェーガードイツ語版
演 - バーバラ・ニュースドイツ語版
ウルリッヒとカタリーナの長女。兄弟はミッケルとマグヌス。バルトシュ・ティーデマンと恋仲で、数ヶ月前にはヨナス・カーンヴァルトと関係があった。
マグヌス・ニールセン
演 - モリッツ・ヤーン英語版
演 - ヴォルフラム・コッホドイツ語版
ウルリッヒとカタリーナの長男。兄弟はミッケルとマルタ。フランツィスカ・ドップラーと仲が良い。
ミッケル・ニールセン
演 - ダーン・レナール・リーブレンツドイツ語版
ウルリッヒとカタリーナの末っ子。兄弟はマルタとマグヌス。森で姿を消す。
ウルリッヒ・ニールセン
演 - ルドルフ・ベーケルマン
演 - オリヴァー・マスッチ
演 - ヴィンフリート・グラツェダー英語版
ミッケル、マルタ、マグヌスの父親。妻はカタリーナ。父はトロンテ、母はヤーナ。町の警察官として働き、シャルロッテ・ドップラーは同僚。
カタリーナ・ニールセン
演 - ネーレ・トゥレプスドイツ語版
演 - ヨルディス・トリーベル英語版
ミッケル、マルタ、マグヌスの母親。校長として働く。
マッツ・ニールセン
演 - ヴァレンティン・オッペルマン
ウルリッヒの弟で、1986年に失踪した。
トロンテ・ニールセン
演 - ジョシオ・マーロン
演 - フェリックス・クラマードイツ語版
演 - ウォルター・クライ英語版
ウルリッヒの父親で、妻はヤーナ。母はアグネス。
ヤーナ・ニールセン
演 - ライク・シンドラー
演 - アン・レビンスキー
演 - タチア・ザイプトドイツ語版
ウルリッヒの母親で、夫はトロンテ。
アグネス・ニールセン
演 - ヘレナ・ピエスケドイツ語版
演 - アンチュ・トラウェ
トロンテの母親。1953年にトロンテと共にウィンデンの町に越してくる。エゴン・ティーデマンの家に部屋を借り、エゴンの妻ドリス・ティーデマンと深い仲になる。

ドップラー家[編集]

上段からフランツィスカ・ドップラー役のジーナ・アリス・スティービッツ、エリザネート・ドップラー役のサンドラ・ボークマン、ペーター・ドップラー役のシュテファン・カンプヴィルト。
フランツィスカ・ドップラー
演 - ジーナ・アリス・スティービッツ英語版
演 - カリーナ・ビーゼ英語版
ペーターとシャルロッテの長女。マグヌス・ニールセンと仲が良い。
エリザネート・ドップラー
演 - カルロッタ・フォン・ファルケンヘインドイツ語版
演 - サンドラ・ボークマン英語版
ペーターとシャルロッテの次女。耳が聞こえない。
ペーター・ドップラー
演 - パブロ・ストリーベック
演 - シュテファン・カンプヴィルト英語版
フランツィスカとエリザネートの父親。心理学者として働く。父はヘルゲ。
シャルロッテ・ドップラー
演 - ステファニー・アマレルドイツ語版
演 - カロリーヌ・アイヒホルン英語版
フランツィスカとエリザネートの母親。町の警察官として働き、ウルリッヒ・ニールセンは同僚。
ヘルゲ・ドップラー
演 - トム・フィリップ
演 - ペーター・シュナイダー英語版
演 - ヘルマン・バイアードイツ語版
ベルントとグレタの息子で、ペーターの父親。1986年には原子力発電所の従業員として働いてたが、2019年には精神を病んで病院にいる。
ベルント・ドップラー
演 - アナトール・トーブマン英語版
演 - ミヒャエル・メンドル
ヘルゲの父親で、妻はグレタ。1953年の原子力発電所のトップで、豪邸に住む。
グレタ・ドップラー
演 - コルデリア・ヴィーゲドイツ語版
ヘルゲの母親で、夫はベルント。ヘルゲに冷たい態度を取っている。

ティーデマン家[編集]

エゴン・ティーデマン役のゼバスティアン・フールク。
バルトシュ・ティーデマン
演 - ポール・ルクスドイツ語版
演 - ロマン・クニズカ
レジーナとアレクサンダーの一人息子。マルタ・ニールセンと恋仲にある。
レジーナ・ティーデマン
演 - リディア・マクリデス
演 - デボラ・カウフマンドイツ語版
バルトシュの母親。クラウディアの娘。森のホテルを経営する。
アレクサンダー・ティーデマン
演 - ベラ・ガボール・レンツドイツ語版
演 - ペーター・ベネディクトドイツ語版
バルトシュの父親。2019年の原子力発電所の所長。結婚前の姓はケーラー。本名はボリス・ニーヴァルト。
クラウディア・ティーデマン
演 - グウェンドリン・ゲーベル
演 - ジュリカ・ジェンキンス英語版
演 - リサ・クロイツァー
レジーナの母親。エゴンとドリスの娘。1986年の原子力発電所の所長。1953年にはヘルゲ・ドップラーの家庭教師をしていた。左右の眼の色が異なる。
エゴン・ティーデマン
演 - ゼバスティアン・フールクドイツ語版
演 - クリスティアン・ペッツォルト
クラウディアの父親。妻はドリス。町の警察官として働く。アグネスとトロンテのニールセン親子が部屋を借りている。
ドリス・ティーデマン
演 - ルイーゼ・ハイヤー英語版
クラウディアの母親。夫はエゴン。家に越してきたアグネス・ニールセンと深い仲になる。
シリヤ・ティーデマン
演 - オーロラ・デルヴィジ
演 - レア・ファン・アッケンドイツ語版
演 - リッシー・パーンタラー
ハンナとイーゴンの娘。バルトシュの妻となり、ノアとアグネスの母。

その他[編集]

ノア
演 - マックス・シンメルフェニッヒドイツ語版
演 - マルク・ヴァシュケ英語版
失踪事件で目撃された神父の格好をした男。
アダム
演 - ディートリッヒ・ホリンダーボイマー
シーク・ムンドゥスのリーダーで、事件の黒幕とされる人物。
HGタンハウス
演 - アルント・クラビッター英語版
演 - クリスチャン・シュタイアードイツ語版
時計職人で『時間の旅』の著者。シャルロッテ・ドップラーの保護者。
ベニ / バーナデッテ
演 - アントン・ルバートソフドイツ語版
トランスジェンダーの売春婦で、町の外れのトレーラーに住んでいる。トーベン・ウェラーは兄弟。
トーベン・ウェラー
演 - レオポルド・ホルヌングドイツ語版
黒い眼帯を付けている警察の捜査官。ベニは兄弟。
クラウゼン
演 - シルヴェスター・グロート
2020年に着任した警察の捜査主任。失踪事件を調べ直している。
謎の男
演 - クロード・ハインリッヒ
演 - ジェイコブ・ディール
演 - ハンス・ディール
全てのループの起源とされる人物。

家系図 / 相関図[編集]

シーズン1終了時の家系図

第1シーズン終了時点で判明しているDoppler(ドップラー家)、Nielsen(ニールセン家)、Kahnwald(カーンヴァルト家)、Tiedemann(ティーデマン家)の家計図

シーズン2終了時の家系図

第2シーズン終了時点で判明しているDoppler(ドップラー家)、Nielsen(ニールセン家)、Kahnwald(カーンヴァルト家)、Tiedemann(ティーデマン家)の家計図

物語完結時の家系図

物語完結時のヨナスの世界の家計図

家系の円環解説図

物語完結時の円環する家系のループ解説図

ヨナスの"移動"の記録

物語完結時までのヨナスの動きを追った解説図。

エピソード[編集]

シーズン話数放送期間
1102017年12月1日 (2017-12-01)
282019年6月21日 (2019-06-21)
382020年6月27日 (2020-06-27)

*各シーズン全話一斉配信

シーズン1 (2017)[編集]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本公開日
11"秘密"
"Secrets" "Geheimnisse"
バラン・ボー・オダーJantje Friese
バラン・ボー・オダー
2017年12月1日 (2017-12-01)
22"嘘"
"Lies" "Lügen"
バラン・ボー・オダーJantje Friese
Ronny Schalk
2017年12月1日 (2017-12-01)
33"過去と現在"
"Past and Present" "Gestern und Heute"
バラン・ボー・オダーJantje Friese
Marc O. Seng
2017年12月1日 (2017-12-01)
44"二重生活"
"Double Lives" "Doppelleben"
バラン・ボー・オダーMartin Behnke
Jantje Friese
2017年12月1日 (2017-12-01)
55"真実"
"Truths" "Wahrheiten"
バラン・ボー・オダーMartin Behnke
Jantje Friese
2017年12月1日 (2017-12-01)
66"世界は創られる"
"Sic Mundus Creatus Est"
バラン・ボー・オダーJantje Friese
Ronny Schalk
2017年12月1日 (2017-12-01)
77"岐路"
"Crossroads" "Kreuzwege"
バラン・ボー・オダーJantje Friese
Marc O. Seng
2017年12月1日 (2017-12-01)
88"因果律"
"As You Sow, so You Shall Reap" "Was man sät, das wird man ernten"
バラン・ボー・オダーMartin Behnke
Jantje Friese
2017年12月1日 (2017-12-01)
99"すべては今"
"Everything Is Now" "Alles ist Jetzt"
バラン・ボー・オダーJantje Friese
Marc O. Seng
2017年12月1日 (2017-12-01)
1010"アルファにしてオメガ"
"Alpha and Omega" "Alpha und Omega"
バラン・ボー・オダーJantje Friese
Ronny Schalk
2017年12月1日 (2017-12-01)

シーズン2 (2019)[編集]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本公開日
111"始まりと終わり"
"Beginnings and Endings" "Anfänge und Enden"
バラン・ボー・オダーJantje Friese
Daphne Ferraro
2019年6月21日 (2019-06-21)
122"ダークマター"
"Dark Matter" "Dunkle Materie"
バラン・ボー・オダーJantje Friese
Ronny Schalk
2019年6月21日 (2019-06-21)
133"幽霊"
"Ghosts" "Gespenster"
バラン・ボー・オダーJantje Friese
Marc O. Seng
2019年6月21日 (2019-06-21)
144"旅人たち"
"The Travellers" "Die Reisenden"
バラン・ボー・オダーJantje Friese
Martin Behnke
2019年6月21日 (2019-06-21)
155"一度失ったもの"
"Lost and Found" "Vom Suchen und Finden"
バラン・ボー・オダーJantje Friese
Ronny Schalk
2019年6月21日 (2019-06-21)
166"無限のループ"
"An Endless Cycle" "Ein unendlicher Kreis"
バラン・ボー・オダーJantje Friese
Martin Behnke
2019年6月21日 (2019-06-21)
177"白い悪魔"
"The White Devil" "Der weiße Teufel"
バラン・ボー・オダーJantje Friese
Marc O. Seng
2019年6月21日 (2019-06-21)
188"終わりと始まり"
"Endings and Beginnings" "Enden und Anfänge"
バラン・ボー・オダーJantje Friese
Daphne Ferraro
2019年6月21日 (2019-06-21)

シーズン3 (2020)[編集]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本公開日
191"既視感"
"Deja-vu"
バラン・ボー・オダーバラン・ボー・オダー
Jantje Friese
2020年6月27日 (2020-06-27)
202"生存者たち"
"The Survivors" "Die Überlebenden"
バラン・ボー・オダーバラン・ボー・オダー
Jantje Friese
2020年6月27日 (2020-06-27)
213"アダムとエヴァ"
"Adam and Eva" "Adam und Eva"
バラン・ボー・オダーバラン・ボー・オダー
Jantje Friese
2020年6月27日 (2020-06-27)
224"起源"
"The Origin" "Der Ursprung"
バラン・ボー・オダーバラン・ボー・オダー
Jantje Friese
2020年6月27日 (2020-06-27)
235"生と死"
"Life and Death" "Leben und Tod"
バラン・ボー・オダーバラン・ボー・オダー
Jantje Friese
2020年6月27日 (2020-06-27)
246"光と影"
"Light and Shadow" "Licht und Schatten"
バラン・ボー・オダーバラン・ボー・オダー
Jantje Friese
2020年6月27日 (2020-06-27)
257"時の狭間で"
"Between the Time" "Zwischen der Zeit"
バラン・ボー・オダーバラン・ボー・オダー
Jantje Friese
2020年6月27日 (2020-06-27)
268"楽園"
"The Paradise" "Das Paradies"
バラン・ボー・オダーバラン・ボー・オダー
Jantje Friese
2020年6月27日 (2020-06-27)

製作[編集]

2016年2月、Netflixは本作の制作を発注した[6]。10月18日にベルリンとその周辺で撮影が始まり、2017年3月に終了した[7][8]

本作はNetflixオリジナルシリーズとしては初のドイツ語の作品となった。

第2シーズンの撮影は2018年6月から始まり、ベルリンでロケが行われた[9]

第3シーズンの撮影は2019年5月に始まり、2019年12月に終了した[10]

評価[編集]

批評[編集]

本作は批評家から高い評価を受けている。第1シーズンは、批評集積サイトのRotten Tomatoesに44件のレビューがあり、批評家支持率は89%、平均点は10点満点で7.14点となっている[11]。また、Metacriticには14件のレビューがあり、加重平均値は67/100となっている[12]

第2シーズンは、Rotten Tomatoesに29件のレビューがあり、批評家支持率は100%、平均点は10点満点で8.07点となっている[13]。また、Metacriticには4件のレビューがあり、加重平均値は84/100となっている[14]

受賞[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ DARK, THE FIRST NETFLIX ORIGINAL SERIES PRODUCED IN GERMANY COMMENCES PRINCIPAL PHOTOGRAPHY” (英語). Netflix Media Center. 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ Netflix Drops Teaser for New German Series Dark” (英語). ComingSoon.net (2017年3月1日). 2020年6月6日閲覧。
  3. ^ Bakare, Lanre (2017年12月1日). “Dark review – a classy, knotty, time-travelling whodunnit for TV” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/tv-and-radio/2017/dec/01/dark-review-a-classy-knotty-time-travelling-whodunnit-for-tv 2020年6月6日閲覧。 
  4. ^ Gelman, Vlada (2019年5月30日). “TVLine Items: Monica Potter's New Series, Netflix's Dark to End and More” (英語). TVLine. 2020年6月6日閲覧。
  5. ^ Rogers, Thomas (2017年11月23日). “With ‘Dark,’ a German Netflix Series, Streaming Crosses a New Border” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2017/11/23/arts/television/dark-a-german-netflix-series.html 2020年6月6日閲覧。 
  6. ^ Netflix Confirms First German Series 'Dark' From Baran bo Odar” (英語). The Hollywood Reporter. 2020年6月6日閲覧。
  7. ^ Where is Netflix's new series Dark filmed? Is Winden a real place?” (英語). Radio Times. 2020年6月6日閲覧。
  8. ^ DARK, THE FIRST NETFLIX ORIGINAL SERIES PRODUCED IN GERMANY COMMENCES PRINCIPAL PHOTOGRAPHY” (英語). Netflix Media Center. 2020年6月6日閲覧。
  9. ^ NETFLIX CONTINUES TO BRING NEW AND DIVERSE STORIES FROM EUROPE, MIDDLE EAST AND AFRICA TO THE WORLD” (英語). Netflix Media Center. 2020年6月6日閲覧。
  10. ^ Nguyen, Hanh (2019年6月29日). “‘Dark’ Co-Creator Hints at Season 3 Plans and Whether or Not Every Mystery Will Be Solved” (英語). IndieWire. 2020年6月6日閲覧。
  11. ^ (英語) Dark: Season 1, https://www.rottentomatoes.com/tv/dark/s01 2020年6月6日閲覧。 
  12. ^ Dark, https://www.metacritic.com/tv/dark 2020年6月6日閲覧。 
  13. ^ (英語) Dark: Season 2, https://www.rottentomatoes.com/tv/dark/s02 2020年6月6日閲覧。 
  14. ^ Dark, https://www.metacritic.com/tv/dark/season-2 2020年6月6日閲覧。 

外部リンク[編集]