ダーク・トランキュリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダーク・トランキュリティ
Dark Tranquillity
Dark Tranquillity – Hamburg Metal Dayz 2014 02.jpg
ドイツ・ハンブルク公演 (2014年9月)
基本情報
別名 セプティック・ブロイラー (Septic Broiler) (1989 - 1990)
出身地  スウェーデン
ハッランド県 クングスバッカ市
イェーテボリ・ブーヒュース県
イェーテボリ市
ビルダル[注釈 1][1]
ジャンル メロディックデスメタル[2]
活動期間 1989年 -
レーベル スパインファーム・レコード
オスモス・プロダクション
センチュリー・メディア・レコード
トイズファクトリー
トゥルーパー・エンタテインメント
共同作業者 フレドリック・ノルドストローム
公式サイト www.darktranquillity.com
メンバー ミカエル・スタンネ (ボーカル)
ヨハン・レインホルツ (ギター)
クリストファー・アモット (ギター)
アンダース・イワース(ベース)
マーティン・ブランドストローム (キーボード)
アンダース・ジヴァープ (ドラム)
旧メンバー アンダース・フリーデン (ボーカル)
フレドリック・ヨハンソン (ギター)
マーティン・ヘンリクソン (ギター、ベース)
ニクラス・スンディン (ギター)
マイケル・ニクラソン (ベース)
ダニエル・アントンソン (ベース)

ダーク・トランキュリティDARK TRANQUILLITY)は、スウェーデン出身のメロディックデスメタルバンド。

メロディックデスメタル黎明期に結成され、同郷[注釈 2]イン・フレイムスアット・ザ・ゲイツらと共にその音楽スタイルを確立させたバンドの1つ。日本におけるバンド名のカタカナ表記では"トランキュリティ"とされていることが多いが、実際に発音すると"トランクウィリティ"、"トランクィリティ"、"トランクリティ"に近い(英語の発音をカタカナで書くのは難しいため、厳しく言えばここに書いたどの発音もネイティブとは若干違うが、"トランキュリティ"よりはネイティブに近い発音である)。

略歴[編集]

1989年、ミカエル・スタンネ(G)を中心に、アンダース・フリーデン(Vo)、ニクラス・スンディン(G)、マーティン・ヘンリクソン(B)、アンダース・ジヴァープ(Ds)らによって結成。結成当初は、セプティック・ブロイラー (Septic Broiler)というバンド名で活動を開始する。1990年、初のデモテープ『Enfeebled Earth』を製作。その後間もなくバンド名をダーク・トランキュリティ (Dark Tranquillity)と改める。1991年、デモテープ『Trail Of Life Decayed』を製作。1992年には『A Moonclad Reflection』、『Trail Of Life Decayed』という2枚の7インチEPをリリース。これがスパインファーム・レコードの目に留まり、レコード契約獲得に至る。

2000年、5thアルバム『Haven』リリース。前作リリース後、これからはクリーンボイスを主体とした、新たな方向へ進んでいくと思われたバンドだったが、2000年に届けられた本作では、前作で聴かれた変化を残しつつも、ほぼ全篇に渡りデスボイスを使用した内容であった。2005年、7thアルバム『Character』リリース。前作の延長線上の音楽性でありながらも、よりアグレッシブに、よりテクニカルとなった内容は、各プレスから“過去最高作”との評価を得た[要出典]。2007年5月、8thアルバム『Fiction』リリース。バラエティに富んだ楽曲を含む本作は、再び各プレスより“過去最高作”との評価を得た[要出典]。また、クリーンボイスの導入や女性シンガーとのデュエットなども久しぶりに聴かれた。なお、ゲスト女性シンガーとしてシアター・オヴ・トラジディーネル・シグランドが参加している。

マーティン・ヘンリクソンの脱退後から数人のサポートメンバーがライヴに参加していたが、ニクラスがライブに参加しなくなってからは、ヨハン・レインホルツ (Lead G、ノンイグジストアンドロメダ)とクリストファー・アモット (Rhythm G、元アーチ・エネミー等)がツアーサポートメンバーを経たのち、正式加入した[3]。その後、2020年11月に4年振りとなる12thアルバム『Moment』をリリースした。

来日[編集]

  • 1999年 前座はソイルワークだった。日本滞在時に受けたインタビューの際、ミカエルが喉の不調のために、今後デスボイスは一切使用せず、クリーンボイスのみ使用することを宣言したため、国内でのバンドの人気は低迷期に入っていくかのように思われた[独自研究?]
  • 2001年 チルドレン・オブ・ボドムとのカップリング
  • 2004年5月 ほぼ完成していた新作より新曲「One Thought」を披露した。メインアクトはソイルワークであり、バンドはスペシャル・ゲストという扱いであった。
  • 2006年9月 初の単独来日。製作中の新作より新曲「Terminus (Where Death is Most Alive)」が披露された。
  • 2008年1月 ザ・ホーンテッドとのダブルヘッドライナー。この公演に合わせて、国内では長らく廃盤となっていた1st〜5thアルバムが廉価盤にて再発された。
  • 2012年3月 単独公演。
  • 2014年3月
  • 2015年10月 LOUD PARK

タイムライン[編集]

備考[編集]

  • 『The Gallery』や『The Mind's I』発表当時、ミカエルの歌声は「世界一美しいデスヴォイス」と賞賛されていたが、喉を痛めて思うように歌えなくなってしまった。『The Gallery』の代表曲「Punish My Heaven」のような疾走感に酷薄なデスヴォイスが絡まる曲は『Projector』では見られず、デスボイスクリーンボイスの併用や、キーボードやピアノによるアレンジの導入、ミドルテンポで耽美的な方向へと変化させた。これに伴う来日公演でも選曲が不評で、バンドとして低迷期に入っていくかと思わせた[注釈 3]
  • しかし『Haven』でミカエルは初期とは発声を変えることでデスヴォイスを復活させることに成功。Voの重みと迫力あるトーンとGのキャッチャーなリフが光る曲が名を連ねた。
  • 続く『Damage Done』では、『Haven』より更に市場を意識したかのようで、アップテンポかつストレートなGが目立ち、また1曲1曲の長さが3-4分の短い曲が多くなり、全曲通してパワフルさとスピード感ある編成となった。
  • 『Character』は、『Damage Done』の色を継ぎつつもKeyの耽美的旋律を組み入れ、4分超の曲も増え、初期のメランコリックな曲調と突き刺さるデスヴォイスという"ダーク・トランキュリティ的"手法をより一層昇華させ、「完全復活」を強く印象付けた。

イン・フレイムスとは親交があり、初期のイン・フレイムスのアルバムに、ダーク・トランキュリティのメンバーがサポートメンバーとしてレコーディングに参加していることからも、彼らの親交の深さが窺える。ちなみに、ハンマーフォールというバンドも元々は、親交のある彼らによって、コンテストなどに出演する際の「お遊びバンド」として結成されたものである。

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]


旧メンバー[編集]

ニクラス・スンディン(G) 2014年
  • アンダース・フリーデン (Anders Fridén) - ボーカル (1989 - 1993)
    セレモニアル・オース。現在はイン・フレイムスパッセンジャーで活動中。音楽的な意見の相違を理由に脱退。アンダースとメンバーの間にはわだかまりなどは無く、現在も友好な関係が続いている。
  • フレドリック・ヨハンソン (Fredrik Johansson) - ギター (1993 - 1999)
    4thアルバムレコーディング後脱退。経緯については、「別の仕事が多忙となったため」、「バンドへの情熱を失っていたため、クビになった」など、諸説あるようである。
  • マーティン・ヘンリクソン (Martin Henriksson) - ギター (1999 - 2016)・ベース (1989 - 1999, 2013 - 2016)
    1974年10月30日生まれ。バンドのメインソングライターの一人で、作曲の際、メンバーのアイディアをまとめる役割も担っていた。2016年3月末、脱退が発表された[5]。理由は、音楽を演奏することへの情熱を失ってしまったから[5]
  • ニクラス・スンディン (Niklas Sundin) - ギター (1989 - 2020)
    1974年8月13日生まれ。ミカエルと同じく、ハンマーフォールを立ち上げたメンバーの1人でもある。また、CGデザインアーティストという側面も持っており、キャビン・フィーバー・スタジオを立ち上げている。ダーク・トランキュリティでは4thアルバム『Projector』より、バンドのアルバムジャケット及びアートワークを手がけている。他にも、イン・フレイムスアーチ・エネミーなどのバンドから若手バンドのアルバムジャケットまで幅広く手がけている。2020年3月下旬、脱退が発表された[6]。2016年から家族との生活のためにライヴ活動に参加しておらず、『Atoma』リリース後のツアーが終了し、新アルバムのレコーディングを開始するタイミングでの脱退発表となった[6]。脱退はするもののバンドとの関係性は良いようで、次のアルバムがディスクジャケットもスンディンが手掛けるとのこと[6]
  • マイケル・ニクラソン (Michael Niklasson) - ベース (1998 - 2008)
    ダーク・トランキュリティに加入する以前からの友人関係。ダーク・トランキュリティ加入後も、ギタリストとして在籍していたルシフェリオンにてアルバムを1枚発表しているが、現在ルシフェリオンは実質的な解散状態にある。
  • ダニエル・アントンソン (Daniel Antonsson) - ベース (2008 - 2013)
    他バンドでは、ギタリストとして活動しており、ソイルワークに在籍していた時期もある。現在は、ディメンション・ゼロにも在籍している。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

ベストアルバム[編集]

コンピレーション[編集]

  • 1994年 V.A. / Metal Militia - A Tribute To Metallica
  • 1995年 V.A. / W.A.R. Compilation Vol.1
  • 2002年 V.A. / A Tribute Of The Beast
  • 2009年 イエスターワールズ - Yersterworlds

ビデオ[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ビルダルは、ハッランド県クングスバッカ市イェーテボリ・ブーヒュース県 (当時: 現在はヴェストラ・イェータランド県)イェーテボリ市に跨る自治体である。
  2. ^ ただし、ダーク・トランキュリティは正確にはビルダル出身でイェーテボリ出身ではない。
  3. ^ ただし、『Projector』は『Haven』、『Damage Done』リリース後の2003年時点で最も成功したアルバムであった

脚注[編集]

  1. ^ 前田岳彦 (2003年). "ライヴ・ダメージ" [CDライナー]. ダーク・トランキュリティ 『Live Damage』のアルバム・ノーツ 日本東京都渋谷区渋谷: トイズファクトリー (TFBR-18502).
  2. ^ Dark Tranquillity reviews, music, news - sputnikmusic・2015年7月26日閲覧。
  3. ^ A new cycle begins...”. Dark Tranquillity Official Facebook (2020年3月31日). 2020年4月1日閲覧。
  4. ^ https://www.facebook.com/dtofficial/photos/a.420686500747.191215.6841740747/10154011069355748/?type=3&theater 2016年10月16日閲覧。
  5. ^ a b Dark Tranquillity Guitarist Martin Henriksson Quits: 'I Have Lost The Passion For Playing Music'”. Blabbermouth.net (2016年3月31日). 2016年4月1日閲覧。
  6. ^ a b c Guitarist NIKLAS SUNDIN Quits DARK TRANQUILLITY: 'The Time Is Right'”. BLABBERMOUTH.NET (2020年3月20日). 2020年3月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]