ダーク・ウォーターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダーク・ウォーターズ(原題)
Dark Waters
監督 トッド・ヘインズ
脚本 マリオ・コレア
マシュー・マイケル・カーナハン英語版
製作 マーク・ラファロ
クリスティーン・ヴェイコン英語版
パメラ・コフラー
出演者 マーク・ラファロ
アン・ハサウェイ
ティム・ロビンス
ビル・キャンプ
ヴィクター・ガーバー
メア・ウィニンガム
ビル・プルマン
音楽 マーセロ・ザーヴォス
撮影 エドワード・ラックマン
編集 アフォンソ・ゴンサウヴェス英語版
製作会社 パーティシパント・メディア
キラー・フィルムズ
配給 フォーカス・フィーチャーズ[1]
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年11月22日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ダーク・ウォーターズ』(Dark Waters)は、2019年アメリカ合衆国スリラー映画。監督はトッド・ヘインズ。主演はマーク・ラファロ。共演はアン・ハサウェイティム・ロビンスビル・キャンプヴィクター・ガーバーメア・ウィニンガムビル・プルマンら。

あらすじ[編集]

弁護士のロバート・ビロットは、1人の農夫から村で連続して起きている不審死の調査を頼まれる。ビロットは農夫に、不審死は化学企業のデュポン化学物質を川に流出させ、生活水が汚染されていることが原因であると明かされる。調査を始めたビロットは、デュポンが環境汚染を認識しながら隠蔽していることに気付き、訴訟に踏み切ることにした。だが、アメリカを代表する大企業のデュポンに戦いを挑むのはビロットにとって無謀な挑戦を意味していた。部下や上司からの支持も失ったビロットは、デュポンからの脅迫で身に危険が迫る中、真実を明らかにするため、さらに訴訟に身を投じていくのであった[2]

キャスト[編集]

製作[編集]

2018年9月21日、トッド・ヘインズマシュー・マイケル・カーナハン英語版の脚本から『Dry Run』を監督することが発表された。本作はマーク・ラファロパーティシパント・メディアによって製作された[3]。2018年11月、ラファロが主演も務めることが決定した[4]

2019年1月、アン・ハサウェイティム・ロビンスビル・キャンプヴィクター・ガーバーメア・ウィニンガムウィリアム・ジャクソン・ハーパー英語版ビル・プルマンがキャストに加わり、クリスティーン・ヴェイコン英語版とパメラ・コフラーがキラー・フィルムズの下でプロデューサーに加わった[5]

撮影[編集]

主要な撮影は、オハイオ州シンシナティで開始した[5][6]

公開[編集]

本作はアメリカで、2019年11月22日に公開された[7]

出典[編集]

外部リンク[編集]