ダークファイバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ダークファイバ (Dark fibre) は、電気通信事業者鉄道事業者などが敷設している光ファイバーで、当該事業者が使用せずに予備として扱う回線を指す。対義語は、ライトファイバ (Light Fiber) となる。

光ケーブル回線は許認可の取得も含め敷設に高額と多くの時間を要するため、回線保有事業者は長期的な需要を見込んで当座の需要よりも大きな容量を確保する場合があり、需要を超過して未使用状態にあるケーブルがダークファイバである。

他社が使用する形態に、ファイバー単位の「芯線貸し」、IPなどパケット通信系は「帯域貸し」、波長分割多重 (WDM) による「波長貸し」、などがある。

ダークファイバの歴史[編集]

1984年に、日本国有鉄道は全国の間で通信するために敷設していた鉄道電話網で日本テレコムとして市外通話に参入し、建設省高速道路沿いに敷設した光ファイバーを開放して日本高速通信が誕生した。1986年に東京通信ネットワークは「NTT公道論」を掲げ、ラストワンマイルと称される各家庭や事業者の加入者線国民全体の財産すなわち公道であるとして開放を強調した。総務省のe-Japan重点計画やe-Japan2002プログラムは余剰回線の開放が求め、NTTなど大手通信事業者は余剰芯線を開放して「ダークファイバ」と称された。

国土交通省鉄道事業者が事業用に敷設したダークファイバを開放することで異なる事業者同士が相互接続して長大なネットワークを構成したり、地方自治体が敷設した光通信ケーブルをCATVなどに貸し出して県全体で1つのネットワークを構成する県がある。e-japan計画で地域IX向けに整備する自治体も多く、芯線貸し、帯域貸し、無料で貸与や接続、などを実施している。

当時の郵政省はダークファイバについて、電気通信事業者間の貸借は問題ないが「電気通信事業者が一般の顧客に提供できるのは何らかの電気通信役務に限られるが、ダークファイバは単なる設備貸しであり電気通信役務に含まれないため認められない」として、一般顧客に貸し出しを認めていなかった。2001年NTT東日本NTT西日本に対するダークファイバの開放義務付け制度が開始したことに伴い、一般企業が電気通信事業者からダークファイバを貸借利用が可能となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]