ダーウィン山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダーウィン山脈
Darwin mountain range.jpg
ダーウィン山脈にあるStoppani氷河
所在地  チリマガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州
位置 南緯54度38分33秒 西経69度36分32秒 / 南緯54.64250度 西経69.60889度 / -54.64250; -69.60889
最高峰 ダーウィン山(2,488m
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ダーウィン山脈[1]英語: Cordillera Darwin)またはダルウィン山脈は、南アメリカ最南部のフエゴ島にある山脈。氷河に覆われている。

地理[編集]

NASAによるダーウィン山脈の画像

フエゴ島の南西部にあるダーウィン山脈は、全域がチリ領に位置し、南アメリカ大陸を縦断するアンデス山脈の南端部に当たる。ただしダーウィン山脈は東西に伸びており、その西端はMagdalena海峡英語版付近、東端はYendegaia谷英語版付近である。山々の標高は2,000 mを超え、最高峰はダーウィン山英語版で、標高は2,488 m[注釈 1]。12月の終わりから3月にかけての夏季が登山に適している。

山岳氷河が発達しており、2,300 km2以上の範囲に広がっている。マリネリ氷河英語版はこの山脈から流れているが、遅くとも1960年以降、氷河は後退を始めた[2]。山脈と氷河群はアルベルト・デ・アゴスティニ国立公園英語版の主要部を構成する[3]

探検史[編集]

イギリスの帆船ビーグル号は1831年から1836年にかけての世界一周航海英語版の途中、1832年末にティエラ・デル・フエゴに到達した。その後1834年、艦長のロバート・フィッツロイは、この航海に同行していたチャールズ・ダーウィンの25歳の誕生日を祝い、山脈の最高峰をダーウィン山と名付けた[4]。余談であるが、この付近にはダーウィンの名にちなんだ地名として他にダーウィン湾英語版も存在する。

1962年、エリック・シプトンは他3人の仲間と共にダーウィン山脈を縦走し、上述の標高2,580 mの頂上を含むダーウィン山の三つの頂上およびCerro Yagánに初登頂した。また2011年10月、フランス軍のGroupe Militaire de Haute Montagneというチームが29日間をかけて山脈を縦走した[5]

主な山頂[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ダーウィン山の北西にそびえる標高2,580 mのシプトン山であるとする説もある。John Shipton (2004). “Monte Shipton or Monte Darwin?”. Alpine Journal (London: Alpine Club): 132-142. http://www.alpinejournal.org.uk/Contents/Contents_2004_files/AJ%202004%20132-142%20Shipton%20Cord%20Darwin.pdf 2012年3月28日閲覧。. も参照。また両方を含む三つの頂上を合わせてダーウィン山と呼ぶこともあり、その場合の最高峰はダーウィンI峰(2,580 m)である。いずれにしてもシプトン山の名は非公式である。

出典[編集]

  1. ^ 『世界大百科事典 世界地図』平凡社、1969年7月20日、100頁。
  2. ^ B.L. Boyda; J.B. Andersona; J.S. Wellnerb; R.A. Fernández (2008-12-05). “The sedimentary record of glacial retreat, Marinelli Fjord, Patagonia: Regional correlations and climate ties”. Marine Geology (255): 165-178. doi:10.1016/j.margeo.2008.09.001. 
  3. ^ Parque Nacional Alberto de Agostini”. conaf.cl. CONAF. 2019年7月4日閲覧。
  4. ^ P. Schell (2013年) (英語). The Sociable Sciences: Darwin and His Contemporaries in Chile (電子書籍). Springer.. ISBN 9781137286062 
  5. ^ Jill Neate (1994) (英語). Mountaineering in the Andes: A Sourcebook for Climbers. Expedition Advisory Centre, Royal Geographical Society. p. 248. ISBN 9780907649649 

関連項目[編集]