ダヴィド・フセスラヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダヴィド・フセスラヴィチベラルーシ語: Давыд Усяславіч1047/57年 - 1129年以降)は、ポロツクフセスラフの息子である。ポロツク公(在位:1101年 - 1127年1128年 - 1129年)。

略歴[編集]

誕生は1047年から1057年の間と推定される。それは1067年に父のフセスラフが、(おそらく年長の)2人の子を連れて、キエフ大公との交渉に向かったという記述[1]からの推測である。なおフセスラフの子の年長順には諸説ある。V.ピチェタ(ru)によれば、ダヴィドはポロツク公国分領公国化の際に、領土を少なく配分され、全く領土を受け取っておらず、O.ラーポフ(ru)[2]はダヴィドを第三子とみなした。一方、V.ダニーロヴィチ[3]、N.バウムガルテン[4]、L.アリクレーフ[5]らは、ダヴィドを長子とみなしている。

ダヴィドはおそらく1101年に父のポロツク公位を継承し、彼をポロツクの民会(en)が追い出す1127年までポロツク公だった。1103年にポロツク軍を率いて、キエフ大公ウラジーミル・モノマフと共にポロヴェツ族に対する遠征を行い、ステニ川の戦い(現ウクライナ南部のモロチナ川)で勝利した。1104年ミンスクにおいて、モノマフ一門と共に兄弟のミンスク公グレプを包囲、1106年には兄弟と共にセムガレ人(en)(現ラトビア中部に居住していた人々)を攻めた。

1127年、キエフ大公ムスチスラフ1世はポロツクに大規模な軍勢を進めた。ポロツクの人々は自分たちでダヴィドを追放した。その2年後、ムスチスラフ1世はダヴィドにコンスタンティノープルへの流刑を課した。年代記にはこれ以降の彼に関する記述はない。ポロツク公国に戻ることなく、ビザンツ帝国で死去したと考えられる。

妻子[編集]

妻の名前は不明。以下の人物がダヴィドの子とされるが諸説あり。

出典[編集]

  1. ^ 國本哲男他訳 『ロシア原初年代記』 名古屋大学出版会、1987年。190-191頁
  2. ^ Рапов О.М. Княжеские владения на Руси в Х — первой половине XIII в. — М., 1977. — с.56
  3. ^ Данилович В.Е. Очерк истории Полоцкой земли до конца XIV столетия. -К., 1896. — с.43
  4. ^ Baumgarten N. Généalogies et mariages occidentaux des Rurikides Russes du X-e au XIII-е siècle // Orientalia Christiana. -Roma.-1927. -N 35.- p.9
  5. ^ Алексеев Л.В. Полоцкая земля // Древнерусские княжества X-XIII вв. - М., -1975. — с.56

参考文献[編集]

  • ПСРЛ, т. 2. Ипатьевская летопись. Фототип. изд. 1908 г. — М., 1962. — XVI 938 стб. — 87 с IVc.
  • Алексеев Л. В. Полоцкая земля // Древнерусские княжества X — XIII вв. — М., 1975. — С.202-239
  • Данилович В. Е. Очерк истории Полоцкой земли до конца XIV столетия. — К., 1896. — 731 с.
  • Очерки истории СССР. Период феодализма IX — XV вв. 4.2. (XIV — XV вв.). Под ред. Б. Д. Грекова, Л. В. Черепнина, В. Т. Пашуто. —М., 1953. — 811 с.
  • Рапов О. М. Княжеские владения на Руси вХ первой половине XIII в. — М., 1977. — 261 с.
  • Baumgarten N. Généalogies et mariages occidentaux des Rurikides Russes du X-e au XIII-е siècle /Orientalia Christiana. — Roma. 1927. — N35. — 95p.
  • Рыжов К. Все монархи мира. Россия. — М.: Вече, 1998. — стр.225.
  • Войтович Леонтій.Князівські династії Східної Європи (кінець IX — початок XVI ст.): склад, суспільна і політична роль. Історико-генеалогічне дослідження. — Львів: Інститут українознавства ім. І.Крип’якевича, 2000. — 649 с.