ダヴィト・キルヴァリゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダヴィト・キルヴァリゼ
დავით კირვალიძე
農業・食品大臣
任期
2000年5月25日 – 2004年2月17日
大統領エドゥアルド・シェワルナゼ
ミヘイル・サアカシュヴィリ
首相ギオルギ・アルセニシヴィリ
アヴタンディル・ジョルベナゼ
ズラブ・ジワニア
前任者バクル・グルアグルジア語版
後任者ダヴィト・シェルヴァシゼグルジア語版
農業大臣
任期
2012年10月25日 – 2013年5月2日
大統領ギオルギ・マルグヴェラシヴィリ
首相ビジナ・イヴァニシヴィリ
前任者ザザ・ゴロジアグルジア語版
後任者シャルヴァ・ピピア
個人情報
生誕 (1967-06-28) 1967年6月28日(53歳)
トビリシ グルジアSSR
政党ジョージアの夢=民主ジョージア
配偶者ニノ・フマラゼ
子供3人(アナ、レジ、エレネ)
宗教グルジア正教会

ダヴィト・キルヴァリゼグルジア語: დავით კირვალიძეグルジア語ラテン翻字: Davit Kirvalidze1967年6月28日 – )は、ジョージア政治家実業家。農業・食品大臣(2002年–2004年)および農業大臣(2012年–2013年)を務めた。

生涯[編集]

1984年に第55中等学校を卒業、同年に農業研究所で研究員となった。彼は1989年からジョージア農業大学グルジア語版の土壌科学研究所に勤務し、1993年に論文を発表。彼は農業科学の准教授候補として大学で講師を務め、生態環境保護研究所にも勤めた。その後、1996年から1999年まで事業主として農場を経営[1]

キルヴァリゼは1999年10月31日から2000年5月25日まで国会議員を務め、農業委員会で委員長を務めた。そして2000年5月25日から2004年2月17日まで農業・食品大臣を務めた。2005年から2006年までアメリカのメリーランド大学で講師を務め、2006年からは開発途上国向けに農業支援を行うアメリカの非営利団体CNFA英語版で会長顧問に就任。CNFAはジョージアに対する支援も行い、ミレニアム・チャレンジ「農業省農業開発プロジェクト」や、アメリカ合衆国国際開発庁が出資した「農業省農業リスク軽減プログラム」「機械化プロジェクト」「農園農場主プログラム」にも関与した[1]

キルヴァリゼは2012年10月25日にビジナ・イヴァニシヴィリ内閣で農業大臣に就任。2013年5月1日、農業省高官および国営農業企業の複数の役人らが農業機械の調達に関連して公金250万リラを流用したとして逮捕された。これを受けて翌5月2日、キルヴァリゼは農業大臣を辞任した[2]。後任にはシャルヴァ・ピピア農業次官が指名された[3]

参考文献[編集]

  1. ^ a b მინისტრობის კანდიდატები და ბიოგრაფიები”. ინტერპრესნიუსი (2012年10月8日). 2017年1月15日閲覧。
  2. ^ グルジア政治・経済 主な出来事【2013年4月29日~2013年5月5日】 (pdf)”. 在グルジア大使館 (2013年5月8日). 2017年1月15日閲覧。
  3. ^ グルジア政治・経済 主な出来事【2013年5月20日~2013年5月26日】 (pdf)”. 在グルジア大使館 (2013年5月28日). 2017年1月15日閲覧。
公職
先代:
バクル・グルアグルジア語版
農業・食品大臣
2000年–2004年
次代:
ダヴィト・シェルヴァシゼグルジア語版
先代:
ザザ・ゴロジアグルジア語版
農業大臣
2012年–2013年
次代:
シャルヴァ・ピピア