ダン・レアリー=ラスダウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダン・レアリー=ラスダウン

Dún Laoghaire–Ráth an Dúin
Dún Laoghaire–Rathdown
カウンティ(市)
ダン・レアリー=ラスダウンの紋章
紋章
標語: 
: Ó Chuan go Sliabh
: From Harbour to Mountain
港湾から山へ
Island of Ireland location map Dun Laoghaire–Rathdown.svg
北緯53度18分0秒 西経6度8分24秒 / 北緯53.30000度 西経6.14000度 / 53.30000; -6.14000座標: 北緯53度18分0秒 西経6度8分24秒 / 北緯53.30000度 西経6.14000度 / 53.30000; -6.14000
アイルランドの旗 アイルランド
地方 レンスター
ダブリン県
国民議会下院 ダン・レアリー
ダブリン・ラスダウン
欧州議会 ダブリン
設立 1994年
中心街 ダン・レアリー
行政
 • 種別 市議会
面積
 • 合計 127.31km2
標高
536m
人口
(2016年)[1]
 • 合計 218,018人
等時帯 UTC+1 (WET)
 • 夏時間 UTC±0 (IST)
ナンバープレート D
ウェブサイト dlrcoco.ie

ダン・レアリー=ラスダウン: Dún Laoghaire–Ráth an Dúin: Dún Laoghaire–Rathdown)は、アイルランドレンスター地方ダブリン県に位置する地方行政区画のひとつ[2]

概要[編集]

ダン・レアリー=ラスダウン市は、ダブリン県を構成する4つの市のひとつであり、中心街はダン・レアリーである。かつてのダン・レアリー自治区とラスダウン男爵領にちなんで名付けられた。 人口は2016年国勢調査の時点で218,018人だった。

地理および政治的区分[編集]

ダン・レアリー=ラスダウンは、東にアイリッシュ海、北にダブリン市議会の地方自治区、西に南ダブリン市、南はウィックロー県に接している。高等教育機関は主にユニバーシティ・カレッジ・ダブリン(アイルランド国立大学ダブリン校、UCD)とダン・レアリー芸術技術学院(IADT)がある。

1994年にダブリン県議会が廃止され、ダブリン市とともに分割された4つの市のひとつである。これによりダブリン県はダブリン地域(Dublin Region)とも呼ばれるようになった。ダブリン県は、伝統的な32県のひとつとして現在も住所などで使われている。2015年以降、ダン・レアリー=ラスダウン市は東部および中部地方自治体内にある。

町・村・郊外一覧[編集]

以下はダン・レアリー=ラスダウン市における街・村・郊外の一覧である。

地名 アイルランド語 英語
キャビンティーリー Cábán tSíle Cabinteely
キャリックマインズ Carraig Mhaighin Carrickmines
キライニー Cill Iníon Léinín Killiney
キルターナン Cill Tiarnáin Kilternan
キルマクッド Cill Mhic Oda Kilmacud
グラスツール Glas Tuathail Glasthule
グレナギャリー Gleann na gCaorach Glenageary
グレンカレン Gleann Cuilinn Glencullen
クロンスキー Cluain Sceach Clonskeagh
ゴーツタウン Baile na nGabhar Goatstown
サリノギン An Naigín Sallynoggin
サンディコーヴ Cuas an Ghainimh Sandycove
サンディフォード Áth an Ghainimh Sandyford
シャンキル Seanchill Shankill
ジョンズタウン Baile Eoin Jobstown
スティローガン Stigh Lorgan Stillorgan
ステッパサイド An Chéim Stepaside
ダン・レアリー Dún Laoghaire Dún Laoghaire
ダンドラム Dún Droma Dundrum
チェリーウッド Coill na Silíní Cherrywood
チャーチタウン Baile an Teampaill Churchtown
ディーンズグレンジ Gráinseach an Déin Deansgrange
ティックノック Tigh an Chnoic Ticknock
ドーキー Deilginis Dalkey
バリーオーガン Baile Uí Ógáin Ballyogan
バリンティア Baile an tSaoir Ballinteer
ブータズタウン Baile an Bhóthair Booterstown
フォックスロック Carraig an tSionnaigh Foxrock
ブラックロック An Charraig Dhubh Blackrock
ベルフィールド Belfield Belfield
マウント・メリオン Cnoc Mhuirfean Mount Merrion
モンクスタウン Baile na Manach Monkstown
ラスファーナム Ráth Fearnáin Rathfarnham
ラクランズタウン Baile Uí Lachnáin Loughlinstown
レパーズタウン Baile na Lobhar Leopardstown

名称[編集]

ダン・レアリー(Dún Laoghaire[注釈 1])の海岸沿いの町は、1930年に県の自治区(County Borough)とほぼ同等の権限を持つ、より大きなダン・レアリー自治区(Borough of Dún Laoghaire)という名称が与えられた。ラスダウンは、ダブリン県の南東端に位置する男爵領で、ラスダウン城にちなんで名付けられた。1606年にダブリン県の南にウィックロー県ができ、現在は廃墟となっているラスダウン城を含め、ラスダウンの半分がウィックロー県に移された。1840年代から、ラスダウンの救貧法組合(PLU)はウィックロー男爵領のすべてとダブリン男爵領の大部分を担当し、アッパークロスの一部を担当した。PLUのダブリン区域とウィックロー区域から、1898年の地方自治法(アイルランド)法により、それぞれ1930年1925年に廃止されたラスダウン1号とラスダウン2号という農村地区が設立された。ラスダウンPLUは、ラスダウン公共支援地区として1960年まで存続した[3]

ダン・レアリーおよびラスダウンは、1947年の選挙法(修正)によって、かつてのラスダウン1号の農村地区と隣接しているドイル・エアラン(国民議会下院)の選挙区だった[4]。「ダン・レアリー=ラスダウン」という名称は、1985年に地方政府(再編)法によって作成された「選挙区」に付けられた[5]1991年の地方自治法に基づき、ダブリン県議会内に選挙区の「地域委員会」が設置され、「ダン・レアリー=ラスダウン」を保持することを決定する前に、代替的な名称の可能性について議論された[6][7]1993年の地方自治体(ダブリン)法により、1898年の法律によって作成されたものと同じ基準で「行政上の県/市」となった。 1993年の法律では、アイルランド語で「Dún Laoghaire-Ráth an Dúin」と名付けられ、英語では、「Dun Laoghaire-Rathdown」と、「Dun」の「u」のアキュート・アクセントを省略した[8]。ダン・レアリー=ラスダウン市議会(DLRCC)は改称を申請する権限を与えられたが、発動しなかった[9][注釈 2]。1993年の綴り字2001年の地方自治法と2014年の地方自治法によって維持されている[10][11]。それにもかかわらず、DLRCCとアイルランドの地名データベースは英語でも「Dún Laoghaire–Rathdown」(アキュート・アクセント付き)の綴りを使用している[2]

英語では、「County Dublin(ダブリン県)」、「County Clare(クレア県)」など1898年以前に設立されたカウンティの名称の前に「County」という単語をつけるのが一般的だが、後に設立された行政区画はそうではなく「County Dún Laoghaire–Rathdown」とい呼ぶのは、稀である[注釈 3]。また、日本語ではその際「県」ではなく、「市」を用いている[12]

地方政府と政治[編集]

市庁舎(2007年4月 ダン・レアリー

ダン・レアリー=ラスダウン市議会が地方自治体である。6つの地方選挙区(LEA)がある。

  • キルケニー=シャンキル(6議席)
  • ブラックロック(6議席)
  • ダンドラム(7議席)
  • ダン・レアリー(8議席)
  • グレンカレン/サンディフォード(7議席)
  • スティローガン(6議席)

1986年にダブリンの「行政区」は、ダン・レアリー=ラスダウン、ダブリン=フィンガル、およびダブリン=ベルガードの3つの「選挙区」に分割された[13]1994年にダブリン県議会とダン・レアリー・コーポレーションが廃止され、3つの選挙区がそれぞれ「ダン・レアリー=ラスダウン」、「フィンガル」、「南ダブリン」という「行政区」になった[14]2001年に、「行政区」は単に「市」として再指定された。ダブリン市とともに3つの市がダブリン地域を構成している。「ダブリン県」という名は、非公式に使用されており、住所でも引き続き使用されている(市は1548年以降、ダブリン県とは別に管理されている)。

ドイル・エアランへの選挙では、ダン・レアリー(4名の代表者)とダブリン・ラスダウン(3名の代表者)の選挙区に分かれており、一般的に国道N11号に沿って選挙区が設けられている。これらの選挙区には現在、4名の統一アイルランド党国会議員(TD)、1名の緑の党TD、1名の連帯-利益の前に人民党TD、1名の無所属TDが在席している。

ダブリン地域は、欧州議会議員選挙でダブリン選挙区を形成している。

紋章に示されている「Ó Chuan go Sliabh」はモットーであり、「港から山へ」を意味している。王冠は、伝説的な5世紀のアイルランド上王の「Dún Laoghaire」の代名詞であるロガー・マック・ニール(Lóegaire mac Néill)のものである。

人口統計[編集]

主な移民(2016年)[15]
国籍 人口
イギリスの旗 イギリス 11,927
ポーランドの旗 ポーランド 3,120
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2,181
インドの旗 インド 1,919
フィリピンの旗 フィリピン 1,325
中華人民共和国の旗 中華人民共和国 1,223
フランスの旗 フランス 1,178
スペインの旗 スペイン 1,024
ルーマニアの旗 ルーマニア 953
ドイツの旗 ドイツ 926
日本の旗 日本 164

交通[編集]

アイルランド国鉄ダブリン高速輸送(DART)はダン・レアリー=ラスダウン市の東海岸を走り、ダブリンの市内中心部から北に接続している。さらにインターシティとコミューターの路線の北と南に接続し、都市間列車を運行している。また、路面電車ライトレール)のルアスのグリーンラインが走っている。

ダン・レアリーの町には中規模の港湾があり、かつてはイギリスの北ウェールズホリーヘッドへフェリーが運航していたが、2014年9月に無期限に停止された。

姉妹都市・提携都市[編集]

ダン・レアリー=ラスダウン市は、以下の都市との姉妹提携を結んでいる[16]

姉妹都市[編集]

連携都市[編集]

了解覚書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1821年までダン・レアリー(綴りがDunleary)、その後1920年までキングスタウン(Kingstown)と呼ばれていた。
  2. ^ 1993年の法律の第9部は、召喚されることなく2001年の法律によって廃止された。それ以来、地名の変更に関する規定が適用され、州議員の決議ではなく、有権者の国民投票が要求される<ref>Local Government (Dublin) Act 1993 [Commencement, Amendments, SIs made under the Act]”. Irish Statute Book (2019年5月15日). 2019年5月30日閲覧。
  3. ^ 2003年の行政委任立法に示されているように、古い州の場合は「County」なしと「County」がついた形式の両方がリストされるが、新たな行政区画の場合は名称のみがリストされる<ref>I.R. Uimh. 519/2003 -An tOrdú Logainmneacha (Contaetha agus Cúigí) 2003” (ga, en). electronic Irish Statute Book (eISB). 2019年5月30日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ Sapmap Area - County - Dún Laoghaire-Rathdown”. Census 2016. 中央統計局 (2016年). 2018年1月17日閲覧。
  2. ^ a b Dún Laoghaire-Ráth an Dúin/Dún Laoghaire-Rathdown” (英語). Logainm.ie. 2020年6月7日閲覧。
  3. ^ Book (eISB), electronic Irish Statute. “electronic Irish Statute Book (eISB)” (英語). www.legislation.ie. 2020年6月7日閲覧。
  4. ^ Oireachtas, Houses of the (1947年11月19日). “Electoral (Amendment) Bill, 1947—Second Stage. – Seanad Éireann (5th Seanad) – Wednesday, 19 Nov 1947 – Houses of the Oireachtas” (英語). www.oireachtas.ie. 2020年6月7日閲覧。
  5. ^ Book (eISB), electronic Irish Statute. “electronic Irish Statute Book (eISB)” (英語). www.legislation.ie. 2020年6月7日閲覧。
  6. ^ Book (eISB), electronic Irish Statute. “electronic Irish Statute Book (eISB)” (英語). www.irishstatutebook.ie. 2020年6月7日閲覧。
  7. ^ Oireachtas, Houses of the (1993年12月7日). “Private Members' Business. - Local Government (Dublin) Bill, 1993; Report Stage: (Resumed). – Dáil Éireann (27th Dáil) – Tuesday, 7 Dec 1993 – Houses of the Oireachtas” (英語). www.oireachtas.ie. 2020年6月7日閲覧。
  8. ^ Book (eISB), electronic Irish Statute. “electronic Irish Statute Book (eISB)” (英語). www.irishstatutebook.ie. 2020年6月7日閲覧。
  9. ^ Book (eISB), electronic Irish Statute. “electronic Irish Statute Book (eISB)” (英語). www.irishstatutebook.ie. 2020年6月7日閲覧。
  10. ^ Book (eISB), electronic Irish Statute. “electronic Irish Statute Book (eISB)” (英語). www.irishstatutebook.ie. 2020年6月7日閲覧。
  11. ^ Revised Acts”. revisedacts.lawreform.ie. 2020年6月7日閲覧。
  12. ^ 外務省: 「がんばれ日本! 世界は日本と共にある」(世界各地でのエピソード集): 欧州(西欧その1)”. www.mofa.go.jp. 2020年8月31日閲覧。
  13. ^ Book (eISB), electronic Irish Statute. “electronic Irish Statute Book (eISB)” (英語). www.irishstatutebook.ie. 2020年6月7日閲覧。
  14. ^ Book (eISB), electronic Irish Statute. “electronic Irish Statute Book (eISB)” (英語). www.irishstatutebook.ie. 2020年6月7日閲覧。
  15. ^ Population Usually Resident and Present in the State 2011 to 2016 by Sex, Aggregate Town or Rural Area, Birthplace, County of Usual Residence and CensusYear - StatBank - data and statistics”. statbank.cso.ie. 2020年6月7日閲覧。
  16. ^ dlr Framework for Twinning” (英語). Dún Laoghaire-Rathdown County Council (2018年3月23日). 2020年6月7日閲覧。
  17. ^ 友好交流都市ダンレアリー・ラスダウン市” (日本語). www.city.izumo.shimane.jp. 2020年7月11日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]