ダンナ小柳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダンナ小柳(だんなこやなぎ、本名:庭野敏和1968年10月2日 - )は、日本のパフォーマー。パフォーマンス集団「電撃ネットワーク」のメンバー。メンバーの中で一番背が高い(188cm)。芸能プロダクション株式会社電撃兄弟社」に所属。メディア関係は主に、芸能プロダクション「ビッグ・ブッキング・エンターテインメント (株式会社BBE)」に委託している。

新潟県十日町市出身。新潟県立塩沢商工高等学校中退。

略歴[編集]

  • ミュージカル養成所に入るものの、自分の才能に限界を感じ中退。その後南部虎弾と知り合い、電撃ネットワーク(以下「電撃」)を結成。芸名の由来は、当時小柳ルミ子の夫であった大澄賢也に似ている事から。
  • 後に電撃が「TOKYO SHOCK BOYS」となるきっかけを作る。TVから追放され無為の日々を送っていた時、たまたま小柳が鼻に牛乳を入れてしまい、目から出たのを見た南部が「体を張ったパフォーマンスは受けるんじゃないか?海外なら」と思いついたのが全ての始まりであった。
  • デンマークの王女の前で「割り箸一本尻割り」を披露し、王女を失神させた事がある。
  • 過去に乳首が一度芸で取れてしまったが、かさぶたが取れたら新しい乳首が出来ていたとのこと。
  • 「痛みを感じない」体質を持ち味(後述)としているが、2015年1月28日放送回の「水曜日のダウンタウン」内での企画にて、足裏マッサージによる痛みには弱いという事が判明した。

持ちネタ[編集]

「痛みを感じない」という特異体質を前面に出した危険な芸が持ち味。例えば、

  • 「ミルクマン」 - 電撃の始まりとなった、オープニングには欠かせない牛乳を鼻から入れて目から出す芸。
  • 「花火男」
  • ギュウゾウとのコンビで「宙吊り花火男」
  • 「割り箸一本赤フンドシ男」
  • ドライアイスを食べる男」オチは目・鼻・耳からの二酸化炭素噴出。

連載[編集]

  • PERTH EXPRESS(オーストラリアの現地情報誌)(連載中)
  • ここでる「来た見た勝った」(光栄)(2006年11月〜2007年7月)
  • 夕刊フジ「パチンコ情報コーナー」(2003年12月〜2004年6月)
  • パチスロ攻略マニアックスA「愛のミルクビーム」(ビッグマン社)(2003年1月〜2003年4月)
  • 週刊 新潟WEEK!「Dengeki Danna Week!」(ニューズライン)(2001年12月〜2002年12月)

関連項目[編集]