ダリオ・ツヴィタニッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ダリオ・ツヴィタニッチ Football pictogram.svg
Dario-Cvitanich.jpg
アヤックス時代 (2008年)
名前
愛称 スーパーダリオ、ツヴィタ
ラテン文字 Darío CVITANICH
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
クロアチアの旗 クロアチア
生年月日 (1984-05-16) 1984年5月16日(34歳)
出身地 バラデロ英語版
身長 174cm
選手情報
在籍チーム アルゼンチンの旗 CAバンフィエルド
ポジション FW (CF)
背番号 20
利き足 右足
ユース
アルゼンチンの旗 バンフィエルド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2008 アルゼンチンの旗 バンフィエルド 92 (37)
2008-2012 オランダの旗 アヤックス 30 (13)
2010-2011 メキシコの旗 パチューカ (loan) 32 (13)
2011-2012 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ (loan) 27 (9)
2012-2014 フランスの旗 ニース 69 (30)
2015 メキシコの旗 パチューカ 14 (2)
2016-2017 アメリカ合衆国の旗 マイアミ 26 (9)
2017- アルゼンチンの旗 バンフィエルド 24 (15)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年1月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダリオ・ツヴィタニッチDarío Cvitanich, クロアチア語: Dario Cvitanić, 1984年5月16日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス州バラデロ出身のサッカー選手CAバンフィエルド所属。ポジションはフォワード。祖父がクロアチア系のため同国のパスポートも所持[1]

ダリオ・チビタニッチとも表記される。

経歴[編集]

CAバンフィエルドの下部組織でキャリアをスタートし、2003年10月20日の1-3で敗れたクラブ・オリンポ英語版戦で19歳の時にトップチームデビューした。2007年4月27日、4-0で勝利したニューウェルズ・オールドボーイズ戦でハットトリックを決め、同年のコパ・リベルタドーレスにも出場し得点を記録している。2008年クラウスーラで13得点を決め得点王に輝いた。

2008シーズン途中にオランダアヤックス・アムステルダムに5年契約で移籍した。エースのクラース・ヤン・フンテラールの後釜として期待されており[2]、12月12日のNACブレダ戦で初ゴールを決めた。続くデ・フラーフスハップ戦で2ゴール、さらに次戦のADOデン・ハーグ戦でハットトリックを記録した。2009年9月13日、NACブレダ戦で2009-10シーズン初のハットトリックを記録した。

2010年1月1日、メキシコのCFパチューカに同年末までの期間の契約でレンタル移籍[3]すると、クラブ史上4度目となるCONCACAFチャンピオンズリーグのタイトルを獲得。11月3日、アヤックスに復帰しクラブ通算30度目のリーグ優勝を経験した。

2011年7月、アルゼンチンボカ・ジュニアーズに1年の期間でレンタル移籍。8月28日のCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロ戦で初ゴールを記録。CDゴドイ・クルス戦で1ゴール、バンフィエルド戦で2ゴールと2試合連続でゴールを決め、最終節のニューウェルズ戦でもゴールを記録した。2011年アペルトゥーラの無敗優勝と2012年コパ・リベルタドーレスSCコリンチャンス・パウリスタとの決勝戦進出に貢献。また、同大会の4月に週間最優秀選手に選出された[4]

2012年7月25日、フランスOGCニースに3年契約で移籍した[5]

2015年1月5日、パチューカに復帰[6]。11月に同クラブを退団し、翌月21日にNASLマイアミFCに加入することが発表された[7]

2017年2月、バンフィエルドへ9年ぶりに復帰した[8]

代表[編集]

クロアチア人である曽祖父の血を引き、2008年8月に同国のパスポートを取得[9]クロアチア代表でプレーすることを望んだ[10]が、2009年1月14日にFIFAは祖父母のどちらか1人がネイティブでなくてはならないという理由で認めなかった[11][12]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

パチューカ
アヤックス
ボカ・ジュニアーズ

個人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]