ダリオの戴冠 (オペラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダリオの戴冠』または『ダリオスの戴冠』(L'incoronazione di DarioRV.719は、アントニオ・ヴィヴァルディが作曲したオペライタリア語で書かれている。初演は1717年1月23日、ヴェネツィア、サンタンジェロ劇場。

あらすじ[編集]

亡くなったペルシャ王チーロには二人の娘、姉のスタティーラと妹のアルジェーネがいた。王位を継ごうと名乗り出た三人、ダリオ、アルパーゴ、オロンテは、スタティーラに求婚している。実は妹のアルジェーネはダリオを愛しており、彼を得るため姉を妨害しようと思いつく。求婚者の一人、オロンテにはメディアの王女アリンダという恋人がいるのだが、ペルシャ王になるため彼女を棄ててしまっていた。神託の結果、スタティーラは三人と婚約することになり、混乱に拍車がかかるが、彼女はダリオだけを愛していると打ち明ける。アルジェーネはダリオを騙して怒りを煽り、さらにスタティーラを愛するニチェーノを利用して、スタティーラを城壁外に連れ出させてしまう。そうしてアルジェーネはダリオに愛を打ち明けるが、様子がおかしいと見抜いたダリオはスタティーラを探しに出て行ってしまう。女王に収まろうとするアルジェーネだったが、スタティーラを連れて戻ったダリオが策略を暴く。アルパーゴとオロンテはダリオに忠誠を近い、オロンテはアリンダと結ばれる。ダリオはスタティーラと結ばれ、ペルシャ王となる。

登場人物[編集]

  • スタティーラ - チーロ王の長女(カウンターテナー
  • アルジェーネ - スタティーラの妹(カウンターテナー)
  • フローラ - 女官(カウンターテナー)
  • アリンダ - メディア国の王女(ソプラノ
  • ダリオ - ペルシアの将来の王(テナー
  • アルパーゴ - ダリオのライバル(ソプラノ)
  • オロンテ - ダリオのライバル(ソプラノ)
  • ニチェーノ - スタティーラとアルジェーネの教師(バリトン