ダラム・スクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Durham School
Durham School.jpg
モットー Floreat Dunelmia
(May Durham Flourish)
創設 1414
種別 インデペンデントスクール
宗教 聖公会
校長(Head Master) K. マクローリン
(K. McLaughlin)
理事長(Chairman) アラスデア・マコナヒー
(Alasdair MacConachie)
創設者 トーマス・ラングレー[1]
Thomas Langley
所在地 クワリーヘッズ・レーン
ダラム
ダラム郡
DH1 4SZ
イングランド イングランドの旗 座標: 北緯54度46分18秒 西経1度34分59秒 / 北緯54.771576度 西経1.583024度 / 54.771576; -1.583024
教育省番号 840/6000
教育省URN 114331 Tables
学生数 642 (本校 476名、予備校 166名) (2009年9月)
性別 男女共学
年齢 3–18
5
スクールカラー 緑と銀          
[2]
卒業生 オールド・ダネルミアンズ(ODs)
英文住所 Quarryheads Lane, Durham, County Durham, DH1 4SZ England
ウェブサイト www.durhamschool.co.uk

ダラム・スクール (Durham School) はイギリスの教育機関で、3歳から18歳までの生徒・学生が在籍している。1414年ダラム司教英語版 トーマス・ラングレー英語版により設立され、1541年には宗教改革に伴う修道院の解散英語版が行われる中、ヘンリー8世により再設立された。ダラム市内において最古の教育機関として知られている。

ノース・イースト・イングランドダラムにあり、1985年共学化されるまでは完全男子校であった。校長会議に参加しており、デイ・スクール英語版およびボーディング・スクールに650名の学生が在籍する。プレパラトリースクール英語版 (バウ、ダラム・スクールとして知られる) には160名ほどの生徒が在籍している。ダラム・スクールおよびバウの卒業生には政治家や宗教者、イギリス貴族も多数含まれる。卒業生はオールド・ダネルミアンズ(Old Dunelmians)と呼ばれる[3]。2014年には開校600周年を迎えた。

沿革[編集]

ダラム・スクールの歴史は、大きく3つの年代に分かれる。1414年の創立から1541年まで、1541年のヘンリー8世による再設立から1844年まで、そして1844年に現在の場所に移転してから現在までである。ダラム・スクールは、歴史やオックスフォード英国人名事典においてはしばしば「ダラム・グラマー・スクール」という名称で登場する。

1541年まで[編集]

ダラム・スクールは1414年にトマス・ラングレー英語版により創立された[1]。これは、1861年にパブリックスクールに編入される際、クラレンドン委員会により英国で18番目に古い学校として認定されたものである。しかし、その起源はリンディスファーン島にあり、ヴァイキングの略奪から逃れるため聖カスバート英語版の聖遺物がダラム大聖堂に移された時に遡るとも言われている。ラングレーが創立した際には、ダラム大聖堂の北側にあるパレス・グリーンの東側に置かれた。


1541年から1844年まで[編集]

1541年、宗教改革による修道院の解散を受けて、ヘンリー8世により再設立された。敷地は従前のままで、校長であったヘンリー・スタッフォードも留任した。1640年には古い校舎がスコットランド人らによって完全に破壊され、当時の校長リチャード・スメルトはイージングウォルドにあった自身の牧師館に引退することになった[4]。 そして、ダラム・スクールは1652年から1653年まで議会に委任されることになった[5]。 校舎は破壊されたものの、教育は市内にあった寄宿舎で続けられた。

ダラム大聖堂の「パレス・グリーン(Palace Green)」。画像左側に1661年から1844年までダラム・スクールがあった。
ダラム大聖堂の「パレス・グリーン(Palace Green)」。画像左側に1661年から1844年までダラム・スクールがあった。

1661年にダラム・スクールは現在ダラム大学音楽校がある場所(パレス・グリーンの北西側)に移転した。

18世紀のダラムには教育への熱意があった。1661年にパレス・グリーンに再建されたダラム・スクールは、その後すぐに、地方のグラマー・スクールから、北部でも確かな定評と大きな影響力を持つパブリック・スクールとなった。我々は、その復興の足跡をサルヴァン英語版、ウィルキンソン、ハッチンソン、ブラキストン、フォーセット、バウズ、カルヴァリー、コールといった馴染みのある都市の名に辿ることができる。ダラム・スクールの大きな栄達の一つは、緑の中の古い学校が紡いできた由緒に鼓吹された地元史学者や古美術家の継続的な活動である。中でも最も著名なのはジェームズ・ミクルトン英語版 (1638年–1693年)であり、彼なくして中世あるいは17世紀のダーラムの歴史を語ることはできない。地域の歴史を紐解く者は、修道院解散に際して大聖堂の蔵書を維持するため善処を尽くしたことで名高いエリアス・スミス(校長:1640年-1666年)や大聖堂の写本の目録を作成したトーマス・ラッド(校長:1691年-1699年、1709年-1711年)に非常に多くを負っている。その後、これらは地史作成のため膨大な資料蒐集を行ったトーマス・ランドール英語版(校長:1761年–1768年)まで受け継がれている。(仮訳)

William Page、The city of Durham - Introduction (3 of 3) 1928.[6]

1844年から現在[編集]

1844年、エドワード・エルダーが校長であった時に[7]、ダラム大聖堂のパレス・グリーンから現在地に移転された[8]

礼拝堂から見たダラム大聖堂。
礼拝堂から見たダラム大聖堂

そして、ダラム・スクールはその後も着実に規模を拡大していった。

1853年から1882年まで校長を務めたヘンリー・ホールデン[9]は、新たな教室や寮、食堂、病室(後に療養所となる)、鐘楼や図書館を建設した[10]
1882年から1884年まで校長を務めたウィリアム・ファロンは今日まで続く三期制を導入し、校庭の拡張と屋外プールの建設を行った[10]。また、1882年にはハットフィールドのカレッジ・ボート・ハウスからエルベット橋までの間の川辺に舗装した道を作っている[11][12]
1907年から1932年まで校長を務めたリチャード・バドワースの主導で大規模な拡張が行われた。彼の任期中、コートが5面追加され、新しい寄宿寮(現在では管理用の建屋になっている)やラングレー・ハウス、礼拝堂が建てられた。また、校庭や教室も新しくなり、プールハウス(屋内プール)[13]、教練場、射撃場、カー・アーチ(Kerr Arch)も設けられた[14]。このアーチはG. C. カー(Graham Campbell Kerr、ケンブリッジ大学ボート部員でラグビースコットランド代表、スーダンで最初の文民総督となった)[15]を記念して校舎正門の前に建てられたもので、第二級指定建築物の指定も受けている[16]
ダラム・スクールの正門。中央にカー・アーチ(Kerr Arch)が見える。
ダラム・スクールの正門。中央にカー・アーチ(Kerr Arch)が見える。
1958年から1967年まで校長を務めたジョン・ブレットはクリケット場や食堂、工房、療養所を新設した[14]
1972年から1982年まで校長を務めたマイケル・ヴァランスは11歳から13歳までの少年のためにフェレンス・ハウスと名付けられた寄宿寮(2003年に閉鎖)を設けた。しかし、最大の成果はバドワース・スポーツ・センターとルーチェ・シアターの建設である[14]
1982年に校長を務めたマイケル・ラングはシックス・フォーム英語版[訳注 1]の女子にも門戸を開いた。また、バドワース・スポーツ・センターの近くに教室棟を建設した[14]
ニール・カーンはダラム・スクールを完全共学とし、マクロード・ハウス(MacLeod House、女子寮)を設置した。また、全天候型の運動場を礼拝堂の近くに建設した[17]

ダラム・スクールは1985年から男女共学となり[18]1996年にはダラム大聖堂の分会や学監からも独立した[19]

バウ、ダラム・スクール[編集]

Bow, Durham School
創設 1885[20]
種別 インデペンデントスクール
プレパラトリースクール英語版
宗教 聖公会
校長(Head Master) R.N.ベアード
所在地 サウス・ロード
ダラム
ダラム郡
DH1 3LS
イングランド イングランドの旗
学生数 166名 (2009年9月)
性別 男女共学
年齢 3–11
ウェブサイト www.durhamschool.co.uk/prep-school.asp

バウ、ダラム・スクール(Bow, Durham School)はダラム・スクールのプレパラトリースクール英語版であり、3歳から11歳までが対象である。1885年に設立され、2006年に共学化されるまでは男子校であった[21]。キャンパスはダラム・スクールから1.5マイルほど東にあり、世界遺産にもなっているダラム大聖堂を見下ろす場所にある[21]。卒業生はオールド・バワイツ("Old Bowites")と呼ばれ、イギリスの政治家や貴族といった著名人も含まれている。例えば、初代イングルウッド男爵ウィリアム・フレッチャー=ベーン(訳注:第二次大戦ではダラム軽歩兵連隊英語版の中佐として従軍)、陸軍中将ブライアン・ホロックス英語版(訳注:エル・アラメインの戦いでイギリス第10軍団を率いて活躍)や庶民院議員ギルバート・ロングデン卿、プロスポーツ界ではラグビーイングランド代表で主将も務めたマイク・ウェストンなどが挙げられる[22]

著名な出身者: オールド・ダネルミアンズ[編集]

ダラム・スクールに在籍していた者はオールド・ダネルミアンズ(Old Dunelmians)と呼ばれ、一般社会や軍、芸術、宗教、スポーツといったあらゆる分野で活躍している。ダネルミアン("Dunelmian")はダラム("Durham")のラテン語形容詞形である"Dunelmensis"から派生して作られた語で、「ダラム(の)人」と言った意味合いである。

関連項目[編集]

訳注[編集]

  1. ^ イングランドでは学年で区切らず、キー・ステージという段階ごとに指導要領が定められている。シックス・フォームは16歳~19歳にかけての時期で、日本では高校2・3年生にあたる。詳しくはイギリスの教育を参照。

脚注[編集]

  1. ^ a b Fraser, C. M.. “Langley, Thomas (c.1360–1437)”. Oxford Dictionary of National Biography (2004). http://www.oxforddnb.com./view/article/16027?docPos=11 2009年9月9日閲覧. "...he also founded a chantry in the Galilee chapel of Durham Cathedral, his designated burial place, whose two chaplains were to teach grammar and song to poor children freely—the forerunner of Durham School." 
  2. ^ Baty, D.; Gedeye, N.G.E., eds (1991). Durham School Register (Fifth Edition to 1991 ed.). Durham City: Durham School. pp. 13. ISBN 0-9515730-0-4. "The School Sports Colours, green and silver, are incorrect for the school shield. They come from the personal coat of arms of Cardinal Langley who reorganised and endowed the School in 1414" 
  3. ^ http://www.durhamschool.co.uk/old-dunelmiansdistinguished.asp
  4. ^ Earle, Charles; Body, Lawrence, eds (1912). Durham School Register (Second ed.). Durham City: Durham School. p. 20. 
  5. ^ Earle, Charles; Body, Lawrence, eds (1912). Durham School Register (Second ed.). Durham City: Durham School. p. 21. 
  6. ^ William Page (ed.) (1928). “City of Durham”. A History of the County of Durham: volume 3. [[:en:Victoria County History|]]. pp. 29–53. http://www.british-history.ac.uk/report.asp?compid=42604 2009年8月25日閲覧。. 
  7. ^ Vian, Alsager; rev. M. C. Curthoys. “Elder, Edward (1812–1858)”. Oxford Dictionary of National Biography (2004; online edn, Oct 2005). http://www.oxforddnb.com/index/101008608/ 2010年8月7日閲覧. "Elder, Edward (1812–1858), headmaster, the son of John William Edmund Elder, was born in Barbados on 1 October 1812. ... He was a tutor at Oxford until 1839, when he became headmaster of Durham Cathedral grammar school. The school was in a sorry state, but was transformed during Elder's headmastership, ultimately acquiring the standing of a public school, helped by the move to a new site in 1844." 
  8. ^ Malden, John (1996). Let Durham Flourish. Durham City: The Friends of Durham School. p. 8. ISBN 0-9528670-0-1. "The School moved from Palace Green to its present site in 1844." 
  9. ^ Hughes, C.E.; rev. Richard Smail. “Holden, Hubert Ashton (1822–1896)”. Oxford Dictionary of National Biography (2004; online edn, Oct 2009). http://www.oxforddnb.com 2010年8月7日閲覧. "Henry Holden (1814–1909), classical scholar and headmaster, was born at Birmingham on 7 July 1814, the second son of Henry Augustus Holden (1785–1870), a clergyman, and his wife, Mary Willetts Holden. ... Holden was headmaster of Durham Cathedral school from 1853 until 1882, then vicar of South Luffenham, Rutland, from 1881 until 1898." 
  10. ^ a b Malden, John (1996). Let Durham Flourish. Durham City: The Friends of Durham School. p. 8. ISBN 0-9528670-0-1. 
  11. ^ Macfarlane-Grieve, Captain A.A., ed (1922). A History of Durham Rowing. Newcastle-upon-Tyne: Andrew Ried and Company, Limited. p. 53. "This year [1882] also was constructed a new concrete path between the Hatfield Hall boathouse and Elvet Bridge. Rowing men are indebted to the Rev. W.A. Fearon, at that time Headmaster of Durham School, for this improvement. Before this date it had been necessary for those running with the boats to cross the river at Elvet Bridge, and the proceed by way of New Elvet to the river bank at St. Oswald's Church, which made coaching from the bank a much more difficult undertaking than it is at present." 
  12. ^ Macfarlane-Grieve, Captain A.A., ed (1922). A History of Durham Rowing. Newcastle-upon-Tyne: Andrew Ried and Company, Limited. p. 189. "At a meeting held in March, 1884, the Honorary Secretary [of Durham Amateur Rowing Club] was instructed to forward a vote of thanks from the Officers and members of the Club to the Rev. W.A. Fearon, M.A., Headmaster of Durham School, for his great generosity in building the wall and constructing a footpath below Hatfield Hall and connecting Elvet Waterside with that part of the banks known as Bow Corner. Present rowing men can hardly realise what the conditions were, both for coaching and following the long course races, before this useful walk was completed. Residents, other than those interested in rowing, have certainly reaped the benefit of this convenient and pleasent walk along the river." 
  13. ^ Baty, D.; Gedeye, N.G.E., eds (1991). Durham School Register (Fifth Edition to 1991 ed.). Durham City: Durham School. p. 11. ISBN 0-9515730-0-4. 
  14. ^ a b c d Malden, John (1996). Let Durham Flourish. Durham City: The Friends of Durham School. p. 9. ISBN 0-9528670-0-1. 
  15. ^ Malden, John (1996). Let Durham Flourish. Durham City: The Friends of Durham School. p. 51. ISBN 0-9528670-0-1. "...in memory of G.C. Kerr ... Cambridge Rowing Blue & Scottish Rugger International, who was first civilian governor of the Sudan." 
  16. ^ Durham School South Building, Quarryheads Lane; Listed building (Durham City)”. 2010年8月24日閲覧。 “This is a group of school buildings at Durham School. The south building was built in 1843 by Salvin and Pickering and includes the remains of an earlier building. The frontage building, which stands on Quarry Heads Road is of slightly later date. The gateway dates to 1927 and was built as a memorial to Graham Campbell Kerr. This is a Grade II Listed Building protected by law. Listing NGR: NZ2694341965”
  17. ^ Future Development”. Durham School. 2010年8月13日閲覧。 “Recent projects include the upgrading of the existing two ICT labs (2004), the creation of a third ICT Suite (2005), the building of an all-weather sports facility (2004), the creation of a new girls' house (2005), a new build extension of the girls’ day house (2006), redevelopment of the theatre (2006), refurbishment of all houses (2005-07), ICT networking (2005-07), catering refurbishment (2005-06).”
  18. ^ Wilson, Karen (2008年1月10日). “Independent schools offer the very best start”. The Journal. http://www.nebusiness.co.uk/business-commercial-reviews/advertising-features/2008/01/10/independent-schools-offer-the-very-best-start-51140-20331945/ 2009年8月28日閲覧。  [リンク切れ]
  19. ^ Malden, John (1996). Let Durham Flourish. Durham City: The Friends of Durham School. p. 9. ISBN 0-9528670-0-1. "In 1996 the School gained its independence from the Dean and Chapter." 
  20. ^ About The Prep School”. Durham School. 2009年9月7日閲覧。
  21. ^ a b Prep School”. Durham School. 2009年8月28日閲覧。
  22. ^ http://www.durhamschool.co.uk/old-bowites.asp
  23. ^ Ditchfield, G. M.. “Sharp, Granville (1735–1813)”. Oxford Dictionary of National Biography (Sept 2004; online edn, Jan 2008). http://www.oxforddnb.com 2009年9月9日閲覧. "According to Prince Hoare, his first biographer, Granville: was at a very early age withdrawn from the public grammar-school at Durham, before he had gained more than the first rudiments of the learned languages, and was sent to a smaller school, to be instructed more particularly in writing and arithmetic." 
  24. ^ Howlett, David J.. “Hardinge, Henry, first Viscount Hardinge of Lahore (1785–1856)”. Oxford Dictionary of National Biography (Sept 2004; online edn, Jan 2008). http://www.oxforddnb.com 2009年9月9日閲覧. "Hardinge passed much of his childhood at The Grove near Sevenoaks amid a deeply religious tradition and in the care of two maiden aunts, and went to school at Durham." 
  25. ^ Holder, Richard. “Salvin, Anthony (1799–1881)”. Oxford Dictionary of National Biography (2004). http://www.oxforddnb.com 2009年9月22日閲覧. "After education at Durham School Salvin was placed as a pupil with John Paterson of Edinburgh during the latter's restoration work on Brancepeth Castle." 
  26. ^ Michael Gough”. The New York Times. 2009年11月8日閲覧。 “Education: Wye Agricultural College, England; Bristol Old Vic Theatre School, England, Major - drama; Durham School, England; Rose Hill School, Kent, England”
  27. ^ Durham School”. Guide to Independent Schools. 2009年11月1日閲覧。

外部リンク[編集]