ダマソ・アロンソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダマソ・アロンソ
Dámaso Alonso.jpg
es:Josep Pla-Narbonaによって描かれたアロンソ
誕生 Dámaso Alonso y Fernández de las Redondas
(1898-10-22) 1898年10月22日
Flag of Cross of Burgundy.svg スペイン帝国マドリード
死没 (1990-01-25) 1990年1月25日(満91歳没)
スペインの旗 スペイン
職業 文献学者詩人
言語 スペイン語
国籍 スペインの旗 スペイン
最終学歴 マドリード大学
ジャンル 文体論言語学文学史
文学活動 27年世代
代表作 怒りの子らスペイン語版』(1944年
主な受賞歴 セルバンテス賞1978年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ダマソ・アロンソ・イ・フェルナンデス・デ・ラス・レドンダススペイン語:Dámaso Alonso y Fernández de las Redondas1898年10月22日 - 1990年1月25日)は、スペイン王国(現:スペインマドリード出身の文献学者詩人

代表作は1944年に著された詩集怒りの子らスペイン語版』で[1][2]1978年セルバンテス賞を受賞した。

主な実績に1950年に著された『スペイン詩』の他に同国出身の詩人ルイス・デ・ゴンゴラカトリック教会司祭神秘思想家サン・フアン・デ・ラ・クルス研究がある。

生涯[編集]

1898年10月22日、スペイン王国(現:スペイン)のマドリードに生まれ、同国出身の歴史家言語学者ラモン・メネンデス・ピダルスペイン語版に師事した[2]。その後、オックスフォード大学バレンシア大学でスペイン語を教えた[2]

1927年ルイス・デ・ゴンゴラ『孤愁』に脚注を付けて刊行。1935年には『ゴンゴラの詩法』を著して同国出身の詩人、劇作家であるフェデリコ・ガルシーア・ロルカと共にゴンゴラ再評価における中心的役割を果たす[3]

欧米諸国で教えた後、長らくマドリード・コンプルテンセ大学教員となりロマンス諸語を教え[1]スペイン王立アカデミー会員となった。

脚注・参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 万有百科大事典 1973, p. 32.
  2. ^ a b c グランド現代百科事典 1983, p. 123.
  3. ^ アロンソとは - コトバンク、2013年4月29日閲覧。

参考文献[編集]