ダブルインバーテッドブリーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダブルインバーテッドブリーブ
͡
IPA 番号 433
IPA 表記 [͡]
Unicode U+0361
文字参照 ͡
JIS X 0213 1-11-50
X-SAMPA
Kirshenbaum

ダブルインバーテッドブリーブは、二つの文字を結ぶのに使われるための弧状の符号。タイとも呼ばれる。

国際音声記号では、破擦音二重調音を示す場合に用いる。文字の上に書いても下に書いても構わないことになっているが[1]、上に書かれる場合が多い。

Unicodeでは、2つの記号の間に置く(例:[k͡p]は、「k」と「p」の間に「 ͡ 」を置くと「k」と「p」の上をまたぐ形で表示される)

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
͜ U+035C - ͜
͜
Combining Double Breve Below
͡ U+0361 1-11-50 ͡
͡
ダブルインバーテッドブリーブ(合成可能)
破擦音又は二重調音記号

脚注[編集]

  1. ^ The International Phonetic Alphabet Keyboard(2005 revised edition), International Phonetic Alphabet, http://www.internationalphoneticalphabet.org/ipa-charts/ipa-symbols-chart-complete/ 

関連項目[編集]