ダブリン (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
HMS Dublin.jpg
艦歴
発注
起工 1911年4月
進水 1912年4月30日
就役 1913年3月
退役
その後 1926年7月にスクラップとして売却
除籍
性能諸元
排水量 5,400トン
全長 457 ft (139 m) Overall
全幅 50 ft (15 m)
吃水 15 ft 9 in (4.8 m)
機関 パーソンズ蒸気タービン、4軸推進、
ヤーロウ缶12基、25,000hp
最大速 25.5ノット (47 km/h)
乗員 429-440名
兵装 6インチMk XI 砲8門、
3インチ砲1門、
3ポンド砲4門、
機銃4基、
21インチ魚雷発射管2門

ダブリン (HMS Dublin) はイギリス海軍軽巡洋艦チャタム級

艦歴[編集]

第一次世界大戦時の本艦

1911年4月4日起工。1912年4月30日進水。1913年3月竣工。

第1戦艦戦隊に配属後、1913年7月に地中海の第1軽巡洋艦戦隊に転属。1913年9月から1914年終わりまでは第2軽巡洋艦戦隊に所属。

第一次世界大戦勃発前後のゲーベン追跡戦に参加。1915年2月にダーダネルスへ送られ、1915年4月25日にはXビーチで戦艦インプラカブルによる攻撃を援護。1915年5月、イタリアブリンディジに配備。同年6月9日、オーストリア=ハンガリー海軍の潜水艦U-IVに雷撃され損傷。数ヶ月にわたり戦列を離れる。

1916年から1919年まで第2軽巡洋艦戦隊に所属。ユトランド沖海戦に参加し、軽巡洋艦サウサンプトンとともに敵駆逐艦を撃沈するが、ダブリンも被弾損傷し戦死者3名負傷者27名を出した。修理には6月17日まで要した。

戦後はアフリカ艦隊や地中海に配備され、1924年に予備役となる。1916年7月にスクラップとして売却されるが、解体業者へ向かう途中で座礁。1927年7月に浮揚、同年解体。

外部リンク[編集]