ダビッド・キリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダビット・キリア/ダビッド・キリア
基本情報
階級 70kg(GLORYライト級)
国籍 ジョージア (国)の旗 ジョージア (前国名:グルジア)
誕生日 1988年2月9日(28歳)
身長 170cm
体重 70kg
スタイル 極真空手キックボクシング
テンプレートを表示

ダビット・キリア(Davit Kiria、男性、1988年2月9日 - )は、ジョージア出身の空手家キックボクサーGLORYライト級王者。

経歴[編集]

2008年イスタンブールで開催されたRing Masters Olympia 2008において地元トルコのアイディン・トゥンカイとデビュー戦を行い勝利する。その後は勝ち負けが続くがKO負けは一度もなく、2012年頃より主戦場をGLORYに移す。

2014年3月8日、2013年のGLORYライト級トーナメント王者のアンディ・リスティと対戦。序盤は劣勢だったものの後半で巻き返してKO勝ちを収め、GLORYライト級王者となった[1]

空手に対する思いが強く、アンディ・リスティをKOしGLORYライト級王者になったときには、「今でも週二回は道場で空手を行っている。私は一生空手家であるから、この習慣は変えることができない。空手はキックボクシングと似ている。違いは首より下にしか攻撃できないのとグローブをつけることぐらいである。精神が強くないと空手はできない。」とコメントしている。

戦績[編集]

獲得タイトル[編集]

  • 極真ヨーロッパ王者
  • GLORYライト級王者

脚注[編集]

  1. ^ ボンヤスキーvs.ミルコは寂しい内容に…キリアが予想を覆してライト級王座奪取(Yahooスポーツ)

関連項目[編集]