ダネル NTW-20

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダネル NTW
NTW-20 rifle.jpg
ダネル NTW
種類 軍用ライフル
製造国  南アフリカ共和国
設計・製造 アエロテクCSIRデネル・ランド・システムズ
年代 現代
仕様
種別 対物ライフル
口径 14.5mm
20mm
銃身長 1000mm(NTW-20)
1,220 mm (NTW 14.5)
使用弾薬 20mm x 82(NTW-20)
20mm x 110(NTW-20x110)
14.5mm x 114(NTW-14.5)
装弾数 3発+1(NTW-20とNTW-14.5)
NTW-20x110のみ単発
作動方式 ボルトアクション方式
全長 1795mm(NTW-20)
2015mm(NTW-14.5)
重量 26000g
銃口初速 720 m/s (20 x 82mm)
820 m/s (20 x 110mm)
1,000 m/s (14.5 x 114mm)
有効射程 1500m(NTW-20)
2300m(NTW-14.5)
歴史
設計年 1995年
製造期間 1998年~
配備先 南アフリカ国防軍
テンプレートを表示

ダネル NTW-20: Denel NTW-20)とは、南アフリカ共和国のアエロテクCSIR社が開発したボルトアクション式アンチマテリアルライフル(対物ライフル)である。

概要[編集]

見晴らしがよく広大な南アフリカの草原では、戦闘での対峙距離が長くなる傾向があり、長射程の火器が求められていた。これを受け、アエロテクCSIR社は同銃を開発、南アフリカの自由化後はダネル社により海外に輸出された。そのため、開発元がアエロテクCSIR社であるにも関わらず、ダネル社の名前で呼ばれることが多い。

開発当初はARMと呼ばれていたが、14.5mmx114弾用のコンバージョンキット開発と共に改称された。口径によってNTW-20とNTW-20/14.5に分類される。

特徴[編集]

個人武装用ライフルとしては最大級の弾薬を使用するという点である。20mmx82弾薬は、第二次世界大戦においてドイツモーゼル社が開発した航空機関砲MG 151/20」用の弾薬として開発され、大戦後もフランスのマニューリン社が生産を継続している。同じく使用弾薬である14.5mmx114弾も旧ワルシャワ条約機構で対空・対軽装甲車用重機関銃として開発されたKPV 重機関銃用の弾薬として採用されていたものである。また、DShK38重機関銃用の弾薬である12.7mmx108(M33)弾を使用可能とするコンバージョンキットも存在する。これらの弾薬を目的別に使用することで、対物(20mm)、長距離狙撃(14.5mm)、訓練用(12.7mm)に対応した射撃が可能となる。

構造はボルトアクション方式を採用しており、右側面のボルト・ハンドルを手動で回転させ、ロックおよび解除を行うことができる。箱型弾倉を採用し、弾倉内には3発の弾薬を収めることができる。弾倉は、暴発を防ぐため反動で弾丸がずれないよう弾丸のリムで支えるための切り込みが設置され、また3発分装填してもバネの余裕ができる構造で、機関部の左側面に水平に装着する。

ストックは内部にスプリングと2つの大型油圧式サスペンションからなるショック・アブソーバーを組み込んである。これらの銃構造により、上述の弾薬から発生する強烈な反動を軽減することができる。

運用国[編集]

登場作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]