ダニー・サンタナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダニー・サンタナ
Danny Santana
アトランタ・ブレーブス #23
20160404-0460 Danny Santana.jpg
ツインズ時代(2016年4月4日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 モンテ・プラタ州モンテ・プラタ英語版
生年月日 (1990-11-07) 1990年11月7日(26歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 遊撃手中堅手
プロ入り 2007年 アマチュア・フリーエージェントとしてミネソタ・ツインズと契約
初出場 2014年5月5日 クリーブランド・インディアンス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダニー・エルネスト・サンタナDanny Ernesto Santana, 1990年11月7日 - )は、ドミニカ共和国モンテ・プラタ州モンテ・プラタ英語版出身のプロ野球選手内野手外野手)。右投両打。MLBアトランタ・ブレーブス所属。

経歴[編集]

プロ入りとツインズ時代[編集]

2007年12月にミネソタ・ツインズと契約。

2008年、ルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・ツインズでプロデビュー。51試合に出場して打率.274・1本塁打・27打点・15盗塁の成績を残した。

2009年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ツインズでプレーし、44試合に出場して打率.265・3本塁打・25打点・12盗塁の成績を残した。

2010年はA級ベロイト・スナッパーズ英語版アパラチアンリーグのルーキー級エリザベストン・ツインズ英語版でプレー。A級ベロイトでは40試合に出場して打率.238・11打点・10盗塁の成績を残した。

2011年はA級ベロイトでプレーし、104試合に出場して打率.247・7本塁打・41打点・24盗塁の成績を残した。

2012年はA+級フォートマイヤーズ・ミラクルでプレーし、121試合に出場して打率.329・8本塁打・60打点・17盗塁の成績を残した。同年のフロリダ・ステートリーグ・オールスターチームにも選出された。オフの11月20日にツインズとメジャー契約を結び、40人枠入りを果たした[1]。同日にツインズのマイナー所属選手から選ばれるオールスターチームに選出された[2]

2013年3月11日にAA級ニューブリテン・ロックキャッツへ異動した[3]。この年はAA級ニューブリテンで131試合に出場し、2本塁打45打点30盗塁、打率.297の成績を残した。7月10日にはイースタンリーグのオールスターチームに、8月29日には同リーグのポストシーズン・オールスターチームに選出された[4]。オフにツインズのマイナー・オールスターチームに2年連続で選出された[5]

2014年3月16日にAAA級ロチェスター・レッドウイングスへ異動し[6]、そのまま開幕を迎えた。5月3日にメジャーへ昇格し[7]、5日のクリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビュー。7回表にホスミル・ピントの代走として出場。そのまま指名打者に就き、9回表の初打席ではコディ・アレンから遊撃への内野安打を記録した[8]。最終的には中堅手遊撃手を守り分け、101試合に出場。打率.319・7本塁打・40打点・20盗塁という見事な成績を収め、シーズンオフのルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票では7位にランクインした[9]。守備面では前述の通り中堅手と遊撃手を守り、中堅手では69試合でDRS±0、ショートでは34試合で - 1と、平均をわずかに下回るレベルに留めた。

前年は大活躍したが、2015年は一転して不振に陥り、2年目のジンクスに阻まれた格好となった。91試合に出場したが、打率は約.100下がって.215となり、ホームランはなかった。また、盗塁も半減以下となる8個に留まった。守備面では遊撃手がメインだったが、66試合で16失策を犯してDRSは - 15まで落ち込み、打撃と同様に急落した。

2016年はレギュラーの座をキープ出来ず、ユーティリティの役割を担った。75試合に出場して打率.240・2本塁打・14打点・12盗塁という成績を残し、前年よりは復調したが、盗塁は失敗も9個と多かった。守備では中堅手をメインで守ったが、40試合で1失策・守備率.991・DRS - 7と不安定な内容だった。左翼手の17試合でも2失策・守備率.926・DRS - 1、右翼手6試合でDRS - 1と全体的に拙守気味だった。ほか、二塁手・遊撃手・三塁手を各3試合以下で守った。

2017年5月5日にDFAとなった[10]

ブレーブス時代[編集]

2017年5月8日ケビン・チャップマン、金銭とのトレードで、アトランタ・ブレーブスへ移籍した[11]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 MIN 101 430 405 70 129 27 7 7 191 40 20 4 2 1 19 0 3 98 3 .319 .353 .472 .824
2015 91 277 261 30 56 10 5 0 76 21 8 4 7 0 6 1 3 68 7 .215 .241 .291 .532
2016 75 248 233 29 56 10 2 2 76 14 12 9 1 1 12 0 1 55 1 .240 .279 .326 .606
通算:3年 267 955 899 129 241 47 14 9 343 75 40 17 10 2 37 1 7 221 11 .268 .302 .382 .683
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 39(2014年 - 2017年途中)
  • 23(2017年途中 - )

脚注[編集]

  1. ^ Twins add eight players to Major League roster”. MLB.com Twins Press Release (2012年11月20日). 2014年5月6日閲覧。
  2. ^ Jonathan Raymond (2012年11月20日). “Arcia, Hicks rose to challenge in '12”. MiLB.com. 2014年5月6日閲覧。
  3. ^ Twins Option Six Players”. MLB.com Twins Press Release (2013年3月11日). 2014年5月6日閲覧。
  4. ^ Eastern League names 2013 All-Stars”. MiLB.com (2013年8月29日). 2014年5月6日閲覧。
  5. ^ Jake Seiner (2013年11月20日). “Buxton, Sano lead rich Twins crop”. MiLB.com. 2014年5月6日閲覧。
  6. ^ Twins option three players; reassign five to minor league camp”. MLB.com Twins Press Release (2014年3月16日). 2014年5月6日閲覧。
  7. ^ Twins Place Right-Handed Pitcher Mike Pelfrey on 15-Day Disabled List”. MLB.com Twins Press Release (2014年5月3日). 2014年5月6日閲覧。
  8. ^ Scores for May 5, 2014”. ESPN MLB (2014年5月5日). 2014年5月6日閲覧。
  9. ^ 2014 Awards Voting - AL Rookie of the Year Voting - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年1月17日閲覧。
  10. ^ http://www.foxsports.com/north/story/minnesota-twins-danny-santana-ehire-adrianza-drew-rucinski-050517
  11. ^ Mark Bowman (2017年5月8日). “Braves acquire Santana for Chapman, cash”. MLB.com. http://m.braves.mlb.com/news/article/229092490/braves-acquire-danny-santana-from-twins/?topicId=27118140 2017年5月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]