ダニエル・チャプリンスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャプリンスキ家の紋章。

ダニエル・チャプリンスキポーランド語Daniel Czapliński, ? - 1660年以降)はポーランド・リトアニア共和国ブラーツラウ地方出身のポーランド系貴族である。1646年 - 1648年の間にチヒルィーン町の副長官ならびに、ウクライナにおけるアレクサンデル・コニェツポルスキの戦隊長と官吏を勤めた。ウクライナ・コサック首領ボフダン・フメリニツキーの宿敵として知られる。

1647年にチャプリンスキは、フメリニツキーの留守を狙ってスボーチウ村のフメリニツキーの知行地と屋敷を襲い、財産を奪って幼い子息オスタプを殺害した上、フメリニツキーの恋人であったモトローナも奪い、自分との結婚を強要した。憤慨したフメリニツキーはあらゆる裁判所とポーランド王ヴワディスワフ4世に提訴したが、チャプリンスキの主人たるアレクサンデル・コニェツポルスキによって牢屋に閉じ込められた。

しかし、フメリニツキーは牢屋からコサックの根拠地ザポロージャシーチへ逃げ出すことができ、国内統制に対して不満を募らせていたコサックを集めて大規模な反乱を起こした。1648年にコサック軍がチヒルィーン町に迫った時、チャプリンスキはモトローナを捨てて逃亡した。翌年、フメリニツキーとモトローナは結婚した。

乱中はポーランド側でコサックと戦い、1649年ズバーラジュ城の攻防戦1651年ベレステーチュコの戦いなどに参陣した。1653年にはルブリンにおけるポーランド王国裁判所への議員として選ばれた。1660年以降チャプリンスキの名前が史料に出てこないため、1660年以降に死去したと考えられている[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • (日本語) 『ポーランド・ウクライナ・バルト史 』/ 伊東孝之,井内敏夫,中井和夫. 山川出版社, 1998.12. (新版世界各国史 ; 20)
  • (ウクライナ語) Смолій , В. А., Степанков, В. С. Богдан Хмельницький, Альтернативи, 2003.